日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
ほんでもって、食事です。
何が違うって、メニューも食器などのカテラリーから違うんですが、
テーブルが広いってのが一番有り難いかなあ。

まずはアミューズってんで、本来はシャンパンと一緒にいただくんでしょうか。
料理は総じて、日本発の方が美味しいです。
食材の仕入れや給食会社の問題でしょう。
DSC_0007.jpg

エコノミーの食事でもこれくらい広かったらね…w
DSC_0013.jpg

ロブスターにキャビア添え。
添えてるっていうかひと瓶付いてきます。
和食だとキャビア無いしな…って洋食選んだところありますが、
多分、キャビアだけ単品でちょうだいと言ったら出してくれる。
DSC_0014.jpg
DSC_0015.jpg

メインで牛を選んだのに「注文が多くて牛が…」ってマジかよw8席しかないんだぜ?
それぞれ何皿くらい用意してるのかね…。困らせても何なのでラムに変更。
つか、ジジババしか乗ってないのに洋食、しかもビーフ選ぶってどんだけーw
火を使わないのに美味しく出来てたけど。
DSC_0019.jpg
サラダはふつー。機内なのにシャキシャキなの出すだけ偉い。
DSC_0016_201706291139257cd.jpg
デザートも外で食べたら普通w
DSC_0022.jpg
よくよく考えると300万のシートで出てくる外食としては、むしろ点数低いくらいだけど、
外食じゃなくて機内食だから、ハードル下がってる感はありますw
機内でこんな美味しいんだから有り難い~って。


んで帰り。
我慢できず和食を選ぶあたり弱いよねw
日本以外で食べる和食は美味しくないから食べない!って頑なに拒否してきたのに…

アミューズ。
DSC_0046.jpg

クラゲの前菜。
DSC_0050.jpg

ほおずきなんて初めて食べたw
中央奥はフォアグラのゼリー寄せ。
こういった冷製で頑張るしかないんだよね機内は。
DSC_0049.jpg

お吸い物。ふつーに美味しかった。
これが一番しみたかなあ。
が!!!!
中に入ってるロブスターが、火が通ってるのに生臭くて閉口w
こんなのありかよー
DSC_0051.jpg

寿司風なんだけどシャリの部分がホタテ。
頑張ってるのは分かるけど、漬けマグロ、昆布締め、スモークサーモンと生では無いわけ。
しなしなの紫蘇の葉も含め、決して美味しいものではない。
ここは寿司とか刺身を出すという無理をしない方が…って気がしないでもなかったかな。
自分は舌が肥えているワケでは無いし、ドイツで和食に飢えていたけれど、
それでも旨い!とは思えないひと品でした。
行きの洋食と比べると一層そう感じました。
DSC_0052.jpg

メインはカマスぽい白身の揚げ出し。ホタテとエビもあるよ。
タコと里芋の煮付け。酢の物。
揚げ出しが厳しいw パサパサだから冷凍してるんかな。
ゼリー状の出汁に付けて冷凍か冷蔵してあって、温めた感じ。
凝った感、和の中に油モノでメインを入れた努力、色々認めたいんですが、美味しくは無かった。
煮付けは普通に美味しかった。
酢の物に鰻が入ってるんだけど固いし味がしない。冷凍か。
その下の山芋はシャキシャキしてた。
お吸い物に対して、味噌汁も味わいがない。
ご飯は東横インの朝食よりいい。
DSC_0055.jpg

デザートはフルーツにしました。
ドイツで毎日のようにカットフルーツのパックを買ってたんだけど、
日本のフルーツと海外のフルーツを比べたら可哀想になる。
総じて糖度が半分くらいで固い。
さすがにスイカの歯ごたえは同じだったけどw
それでもアメリカのウリみたいなメロンよりは甘かったよ。
DSC_0056_20170629114951ce7.jpg

ってんで、文句ばっかりになってすいません。
機内でこれだけの食事が出来るだけでも有り難いです。
このほかに、いつでも食べられるメニューってのがあって、
到着前に行きは海鮮丼、帰りはカレーを食べました。
これが美味しいの!笑

で、前後しましたが、帰りのフランクフルト空港のラウンジです。
スターアライアンス系列のルフトハンザのセネターラウンジが使えます。
これは、ルフトハンザのビジネスクラス、他社系列のファーストクラスと上級会員が利用できます。
この上にルフトハンザのファーストのみっていう天空ラウンジがあるらしいですw
フランクフルト空港では、当たり前だけどルフトハンザが幅を聞かせていて、
空港の半分はルフトハンザ専用エリアみたいな感じになっていました。


さてラウンジはこんな感じ。
上級会員も入れるので、そこそこ混んでます。
(個人的には上級会員をファーストと一緒にすべきではないと思うな…
回数は乗ってるとはいえ基本貧民(あたしもですがw)だから)
アジア人のマナーが悪いですw食器をカチャカチャ鳴らすし、
ビュッフェなのに取り合うような感じで…落ち着けよw
それでも席数は多く、シートの取り合いはないです。
(羽田成田の通常ラウンジなんて、外のベンチより混んでるから逆に窮屈だったりするよね、意味ない)
ここでは、カバンを席に置きっぱなしでビュッフェ取りに行ったりしてるぽい。治安がいいw
20170626_190445103.jpg

何が有り難いってシャワーですな。
21時前の便だったので、昼間に歩き回って汗をかいていたモノで。
ここでシャワってシャツを着替えました。
広めの着替え室とシャワールーム(トイレ付き)で助かりました。
セネターラウンジにはシャワーが10室あります。
ヘッドスパなどもありました。
DSC_3095.jpg

フードメニューは期待ほどではなかったのですが、
キノコの煮込みが凄く美味しくて、お代わりしちゃった。
このほかにチキンのチリ、ビーフコンソメスープ、サラダ&前菜バー、パン、ライス、ソーセージくらいかな。
機内ではコースもあるし、副メニューも食べ放題なので、ここでがっつく必要もないかな。
DSC_3101.jpg

帰りは、どっかで見たことあるな…って日本人が乗ってましたが、思い出せませんでしたw
基本的にファーストクラスは老夫婦の一般客と、海外企業のお偉いさんらしき人って感じかな。
2列目の席に一人で来てるのは自分と同じマイル特典組だと思うw
お偉いさんは会社の経費だろうけど、
老夫婦なんて二人で600万、変更不可の早割でも300万だからな…。
お金落としていただいて有り難いですw

行きは2K、帰りは1Kだったんですが、前の方が断然騒音が少ないのに驚き。
CAさんは、そこそこベテランが担当していて、
いろいろと気を遣ってくれるので、お母さんみたいな感じw
眠そうにしてると「ベッドお作りしますか?」と来て、
シートをフラットにして、東京西川のマット&羽毛布団を敷いてくれます。
機内、新幹線などで眠れないたちですが、それでも2~3時間眠れました。

行きは映画3本くらい観てたら着いちゃいました。
日本時間23時着で、現地16時くらいなので、機内で寝ない方がいい。
到着後、ちょーっと頑張って晩ご飯でも食べれば、深い眠りについて朝すっきり。
映画はローガン、グレートウォール、夜に生きるを観ました。
お陰で帰りに観るモノがなかったので、水曜どうでしょうを観たw
ソニーのヘッドホンが用意されていて、これのノイズキャンセリング機能が秀逸。
飛行機のゴーって音がほぼしない。
et_photo.jpg

帰りは21時発で、日本に15時着なので、乗ったらすぐ晩ご飯。
すぐに消灯で寝る感じ。戻りは10時間半なんだね。
完全に熟睡できる人なら6時間とか寝て、朝かな…と思ったら、
午後の良い時間に着くって感じかな。
寝起きで寝癖とかついてるのをCAさんに
「お目覚めですか?」とかのぞき込まれるの恥ずかしいねw

トイレは8席で2カ所。1カ所は個室が広くて着替えられる。
2カ所ともウォッシュレット付き。エコノミーはこれなかった気がする。
トイレが埋まってるってこともないし、いつでも行けるってのは助かる。

シート的には横幅はジャスト、縦は173センチの自分がまっすぐ寝られる感じ。
仕切りがきっちりしていて、テーブルなどモノを置くスペースが広いものの、
ビジネスクラスのシートでも十分かな…とは思いました。
足が伸ばせれば、それで全然違うから。
食事も、ファーストだからといって、美味しいかというと
地上の5000円のコースの方が美味しい。
ある程度出発地ないし空港で美味しいモノを食べて、
機内食は軽くつまむ程度ってのがいいのかも。

機内では、はりぼー様!って扱っていただけますが、
それはビジネスクラスでもそこそこ目は行き届いてるし、
地上だと、ファーストレーンが空いてるとビジネス客も受け入れたりしてて、
ファーストなのに待たされるなんてこともあって、
さほど差が感じられない。
ラウンジも、良いお酒があるみたいだけど下戸の自分は関係ないしw
上級会員というエコノミー席の貧民もいるので、さほど落ち着いた快適空間でもない。
預けの荷物が、コンベアーで一番最初に出てくるかと思いきや、
そうでもなくて中盤で出てきたりするので、
これも、まあ最後の方じゃないよ程度。


結論としては、
マイルならビジネス2回が一番いいのかな~
今回も、ビジネスかファーストでかなり迷ったのですが、
一度ファーストクラスを体験しておきたいという気持ちが勝りました(笑

追って、フランクフルトでの旅をレポートしまーす。




おしまい


スポンサーサイト

【2017/06/29 13:06】 | 旅行
|
今回の旅は、ファーストクラスに乗りました。
というか、ファーストクラスに乗るための旅行だったと言っても良いのかな。

マイル貯まりすぎ問題が発生しましてw
欧米エコノミーで3回、ビジネスなら2回、ファーストでも1回飛べるくらいになりまして。
マイル換算で一番お得なのがファーストなんですな。
マイル的にも、それぞれ1.5倍くらいの数字でグレードアップできるので、
通常定価300万の欧米ファーストに、早割7~8万のエコノミー3回分で乗れるってのは、
どう考えてもお得すぎる特典なのです。

ファーストクラスに乗るのに京急線を使い、
ファーストクラスを降りてDB(ドイツ鉄道)に乗り、
東横インという格安ビジネスホテルに泊まりました(笑
タクシー使って高級ホテルに直行だろうが!って突っ込みはなしでw

成田だとファーストクラスは専用チェックインエリアがありますが、
羽田はファーストレーンがあるだけです。
それでも行列がないのでラクっちゃーラク。
ファーストクラスのタグが付けられます。一生付けっぱなしにします(笑
DSC_3103.jpg

荷物を預けたら、ANAのスイートラウンジに向かいます。
シャワー浴びたり、無料のご飯を食べたり、お酒飲んだりできるみたいですが、
自分は下戸だし、時間も小一時間しかなかったんで、
飲み物頼んだくらいかな。
羽田はANA専用のラウンジなので時間になったら案内してくれます。
搭乗口はファースト、優先、エコノミーと別れてるので、ちょっと優越感的なものはありますかね。
タラップ?も途中でファーストはこちら、的な方へ入っていきます。
個人的にはラウンジはスタンダードだろうがスイートだろうが、さほど価値を感じませんでした。
お酒が2~3杯飲めたからなんだとw 無料のウドンがなんだとw
優先搭乗も、長いこと機内に滞在させられるだけなので、
最後に入って最初に出るのがいいかなと思いますし。
嫌みな人のブログを読むとwファイナルコールがされてから乗るって人も、
結構居るみたいですね。

チケットに「F」の文字!
DSC_2896.jpg
機内でチケット見せて席に案内されると、名前で呼ばれます。
今回は、往復ともファーストが満席でした。
帰りはシートを自由に選べたので空いてるかなと思ったんだけれど。
ウエルカムシャンパンが貰えるけど自分は下戸ゆえジュースw
アルコールはモエだろうがクリュッグだろうが、何でもあります。
グラスでも良い値段するんでしょうから、飲んべえにはたまらないのかも。

足下が広いので、座ったらバッグに手が届きません。
フラットにした際に中段に足が乗っかる感じになります。
上段の下にシルバーのテーブルが収納されてます。
スリッパを出して貰ってすぐ履き替えます。
DSC_0002.jpg

シートのさらに外の窓際が広いw
こういった空間の広さも気持ち的にラクなのかも。
青いサイドテーブルがあるだけで、こんなに便利とは。
スマホだったり本だったり、エコノミーの前シートポケットってキツいからね。
DSC_0004_1.jpg
DSC_0001_1.jpg

DSC_0006.jpg

この機材がスターウォーズ号だったらしく、ヨーダがうろついていました。
DSC_0058.jpg
あとは公式写真でw

完全なフラットになります。横幅はどうかなエコノミー1.5個分くらい?
設計的にはもっと広くしたり収納増やせるだろ…と思いました。
Honeyview_3377-lang-multi.jpg
壁にモニターのコントローラーとか色々あります。
Honeyview_multi.jpg

アメニティはサムソナイトの小型スーツケースに入ってます。
往復で貰って二個ありますw
パジャマに着替えられるんだけど面倒だから着替えなかった。
貰って帰れるみたいだから、一着貰えばよかったかな。
そうしたら、旅先での衣類やアメニティの荷物を減らせるよね。
20150719130211.png
このほかに足スッキリシート(湿布)やリップクリーム、
マスクやアイマスク、歯ブラシなどが貰えます。


つづく




【2017/06/29 11:34】 | 旅行
|
ドイツに行ってきました。

マイルの消費期限が迫ってきたので、どうしようかなと思案して、
なんとなーくフランクフルトにしました。
マイルでシートを確保するとなると半年前に決定しなきゃなので、
大都市で比較的大きな機材の飛ぶ場所にした方が取りやすいのと、
フランクフルトなら乗り換えて別の国にも行きやすいかなと考えたのです。

結局のところフランクフルトから動かずにwずっと滞在してました。
近距離電車と徒歩のみで、街ブラを楽しみました。

詳細は追ってレポートしますが、全体の旅程は…
ANAにて羽田→フランクフルト
東横イン7泊→ヴィラフロレンティーナ3泊
フランクフルト周辺一週間電車乗り放題チケット購入
博物館&美術館巡りチケット購入
ANAにてフランクフルト→羽田
ざっとこんな感じw

宿の移動も一回だけで10日ほど、のんびり過ごしました。
午前中街ブラして、ランチ食べたらホテルで休憩、
午後も街に繰り出して、夕食とったらホテルに戻って、
夜は部屋でごろごろしてましたw
DSC_3010-EFFECTS.jpg

10日もあれば他の国や都市も行けるんですけどね、
同じ場所を掘り下げるのが好きなんです。
こらくらい滞在してると土地勘も生まれるし、
電車の使い方も慣れてきます。
初見の場所をたどっていくより、
気持ち的にも緊張が取れてリラックス出来るので、
その方がいいかなと。

詳細は次号を待て!w

【2017/06/28 11:37】 | 旅行
|

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲
ロフト系のイベントスペースって、何かアングラ感あっていいよねw

ロフトプラスワンは比較的大きい方?なのかな。
初めて行ってきました。
歌舞伎町はゴジラの近く、I♥歌舞伎町のビルの地下にあります。

ステージがあって、40人くらいのパイプ椅子&テーブルに加え、
カウンター席や小上がりなどがあって、居酒屋とイベントスペースの中間ぽい感じ。
飲んで食べながら楽しみましょうってスタイル。

ステージに対して死角もあるんだけど、モニターでカバーして見られるようになってる。
自分は、横の後ろのソファでくつろぎつつ、死角はモニターで鑑賞しましたw

出演者も、お店から飲み物とか買うんだけど、
それを観覧者にねだって、買わせるっていうスタイルが面白かったw

席が少なくなってから、間の席に「すいませーん」って入っていくのは、
ちょーっと気まずいので、早めに行くことをお勧めします。
about01.jpg

でも、この手の地下のイベントスペースにしては、
空間がゆったりしていて、比較的入りやすいんじゃないかな?



おしまい


【2017/05/31 00:54】 | 未分類
|
結構暑い日だったので、涼しいところへ…というわけで、
龍河洞という鍾乳洞に行ってみました。
これがまた、想像以上にでかくて、逆に汗かいたw

足下は鉄板で整備されているけど、滑るw
DSC_2787.jpg

あちこちに、見所っぽい鍾乳石があって、休憩ポイントにもなってる。
DSC_2802.jpg
高低差があって、中で相当登らされるから覚悟していけ!w
麓に、お土産屋、休憩所、観光センターなどが、かなり沢山あって驚き。
このとき、すれ違ったの店員含め10人くらいだけど、
ここに大量の観光客が押し寄せていた時期があったのだろうか…。

モネの庭ってとこへ。
池に綺麗に蓮が配置されていたり、バラのアーチが作られていたり、
モネが絵の題材として作った庭を模して造られた…のかなw
DSC_2805.jpg

モネの絵と比べると、日差しの強さと初夏の緑が強くて、全体的に色が濃かったかな?w
DSC_2824.jpg








初めて星野リゾートを利用しました。
継ぎ目のない大きなガラス。
DSC_2845.jpg

15室だけで全室オーシャンビュー。
DSC_2842.jpg

部屋の広さも申し分ない感じで良かったです。
DSC_2860-EFFECTS.jpg

食事も高知に拘った内容でした。
同時刻にレストランに集められるので、ちょっと騒々しかったけど。
DSC_2851.jpg

朝食の時はこんな感じ。
DSC_2864.jpg

室戸岬の先端近くで辺鄙なところなので、
星野リゾートにしてはリーズナブル。
客室以外にはプールくらいしか設備はないんだけれど、
部屋でのんびりするのもいいんじゃないかなと思える感じの居心地の良さでした。



おしまい

【2017/05/30 01:47】 | 旅行
|