日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
ゴールドジムのトレーナー「ナルシス山本」さんに誘われて筋肉系の飲み会に。

山本さんのクライアントと、トレーニング繋がりの方が集まる会で、
素人は自分くらいかな(汗
あとはプロスポーツ選手ないしセミプロ。
格闘家の魔裟斗選手、今はボディビルに打ち込んでる角田師範、元K1選手の柳沢さん、
競輪S1の松谷選手、ミノワマン、中山きんにくん、などなど…。

ステーキハウスだったんで、みんなで肉をつまみながら、
昔のK-1はこうだったとか、あの怪我をしたときは大変だったとか、
そんな裏話的なことで盛り上がりました。

角田師範はFBで有料サロンを開くということで、DMMと組んだようです。
DMMで会員登録&課金→FBのサロンに招待という形。
FBの承認制グループは課金システムがないので、DMMで代理集金すると。
なるほどなと。
FBもシステムは落ち着いてきたので会員制…なんてのはそこでやると良いのかも。

自分は、なんつっ亭の古谷社長が隣だったので、
商売について色々話を聞くことができました。
まあ面白い話持ってるんですわw
(彼もゴールドジムでトレーニングしてます)
海外進出も積極的で、シンガポールは大変だとか、
台湾はフランチャイズで2店舗出来るんだとか、
なかなか元気がいいんですよね~。
クルマ好きなので楽しい会話ができました。

自分はしょぼーいトレーニーと言うのもおこがましいレベルですが、
こういう集まりに呼ばれる機会に恵まれて嬉しい限り。

魔裟斗選手が、主催ではないんだけど仕切っていて。
会費の回収も担当していましたが、価格もざっくり過ぎて大物感出てましたw

トレーニーとしては超上級者ばかりだったのですが、
刺激を受けて自分も頑張らなきゃ!と思った次第です。


おしまい



スポンサーサイト

【2016/02/22 11:06】 | トレーニング
|
みなさーん!
トレーニングしてますかー?笑

今年に入って、一向にモチベーションが上がらない、はりぼーです。

こんばんは。

2月から気合い入れます(ホントかよw


トレーニングというかベンチプレスが佳境です。
身体のどの場所であっても、鍛えれば筋力や筋量がアップして、
成果が見えるので、楽しくなっていきます。
もちろん汗をかけばそれだけで気持いいですし、
ジムでスタッフや会員さんとの交流も楽しみのひとつかも。

ただ、伸びが見られなくなってくるとモチベーションがね。
トレーニングしない人が、始めたら伸び代が大きいので、
どんどん目に見えて成長するので心の肥料になるんですが、
ある程度の域に達すると伸びが鈍化してきます。
そこで、あの手この手でトレーニング方法や頻度、
摂取するプロテインほかサプリなどを変えて、試すのですが、
煮詰まったら、どうしても進度が遅くなる。

この辺で、どうやって気持をキープするのか…これが難しい。
大会などに出るという目標がある人は、比較的キープできてるみたいですが、
自分みたいに健康トレーニングの延長で、
ボディビルにせよ、ベンチプレスにせよ大会というレベルまでは…
という人にとっては、素人の上の方まで来ると停滞しちゃう。

一定の域に達すると、トレーニング頻度も高くないと
伸びなくなるし、むしろ落ちるのも早かったりするので、
伸びないのに毎日のようにトレーニングしなきゃならない…
「もういや!」笑 となってしまうわけですよ。

さらに重量が増えてきていますので、
マシンではなくバーベルやダンベルなどのフリーウエイトだと、
少なからず危険も伴ってきますのでね、
なぜ危険なことをしてまで鍛え上げなきゃならないんだ?w
とも思わないわけでもないんです。
ベンチプレスで首に落とすとか、生死に関わるリスクは
確実に避けることが出来ますが、
アップして、いつも通りに慎重にトレーニングしてるのに、
筋肉や関節、骨などを壊す可能性は無いわけではないです。

補助を頼むにも、ジムのスタッフですら、選ばなければならなくなります。
100キロゆうに超えてきて、潰れかけている人に対して、
適度な負荷を残しつつ補助するというのは、中々に難しいことです。
(仮に完全に潰れてから、ただ引き揚げるのを助けるというのなら、
そこそこのパワーがある人なら出来ますけどね)

こういった、言い訳をする箇所が増えてくるので、
モチベーションが保てなくなるんですね(自爆



結論:グダグダ言ってねえで、やれ!以上






【2016/01/25 20:30】 | トレーニング
|
110kgで完全に停滞していたベンチプレス。

ちょっとした天井に当たっていた感じですが、風邪引いたり、旅に出たり、
自分の弱さだったりで、トレーニングの間が空いたのもあって、
伸びが完全にストップしていました。
当然、面白くない…
これが、おっさん週一トレーニーの限界なのかもな…
(週3回ジムに行ったとしても、ベンチプレスなど胸を中心としたトレーニングは1回程度)
伸び盛りの頃は必死こいて飲んでいたプロテインやBCAA、
クレアチンにプレワークサプリも湿って固まり始めてましたw

一旦、種目を替えてデッドリフトかスクワットの重量でも増やそうかな…なんて気持も。

と、そこに救世主が現れたのです!!!!(^o^)
ベンチプレスのジュニアチャンピオンであるトレーナーの加入です!
自分が今までやってきたベンチプレスは、挙げられる重量を増やす…という方向ではなく、
胸を中心とした筋量や筋力のアップを目指すものでした。
それと、挙上重量を増やす競技ベンチプレスとは、また違うものなのです。
伸び悩みを機に、そのトレーナーに教えを請い、競技用フォームと練習方に切り替えようかと思ったわけです。

自分のフォームを見て貰うと、これまた全然違うわけですよ…
目からウロコとはこのことかとw
たかがバーベルを挙げるだけのベンチプレスですけどね、
グリップの位置から降ろす位置、挙げる軌道まで色々あるわけです。
ここを修正していきつつ、練習方も変更。
筋量アップを狙う場合は10回限界程度でセットを組みますが、
挙上重量アップを狙う場合は高負荷低回数に振るとのこと。
神経系の発達に、よりウエイトを置いたトレーニングが効果的らしいです。
チートも使えませんので、フォーム改造により挙上重量は一旦下がりますが、
こちらの方が最終的に大きな重量が挙がるようになる…はずです(笑

KL6A0158.jpg

自分は競技に参加しているわけではないので、これといった目標なくトレーニングしています。
すると、サボったって何が困るわけではないし、楽しいからヤルってことなんですね。
長年トレーニングしているとマンネリ化してくるし、モチベーションも保てません。
そこで、自分なりに手を替え品を替えして、気持を入れ替えています。

バドミントンにしろ、トレーニングにしろ、仕事を終えてから、さらに体力を使う。
そんなこと、普通に考えたら過労になりますw
でも、仕事で疲れたからこそ、スポーツで一汗かいておくか!となるのが不思議。



今年もスポーツがんばります!(落ちなしw















【2015/02/01 11:40】 | トレーニング
|