日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
色々と言い損ねたことや総括を。

●旅の荷物
11月初頭に行くって初めてだったんだけれど、
現地知人からのレポートをいただいているにもかかわらずw
衣類を持って行きすぎたかな。
Tシャツ一枚で暑いくらいで、パーカーとか一切着ないのね。
寝るとき寒かったら…とか思ってヒートテックとか持って行ってたし。
これが追々、荷物入らない問題へと繋がるのです。
ちょーっとベガスの暑さを見くびっていたかな。
現地には短パンTシャツって人も多かったし、実際それでいけたと思う。
アウトレットで短パン買っちゃったもんね。

で、荷物問題ですが。
スーツケースはゼロハリのゼロエア70Lを使っていまして、
これがサイズに対して容量が最も大きく、重量が最も軽かったので決めたのですが、
どれくらい入れたら23kg(預け入れ荷物が無料の範囲)を超えるのが、
未だにちょっとわからない。
今回はシューズを3足も買ってしまったのでw結構スペースが厳しかった。
帰りの際に詰めるとギュウギュウで、手持ちのハンドルがちぎれそう!笑
これは20kgは行ってるな…万が一オーバーした際のことを考えて、
空港である程度の重量を抜けるよう、荷物を小バッグに入れて詰めてました。

結果として、チェックイン時に計ってみたら18kgだったという肩すかし(笑
20も行ってないやん!!!
これ23kgって相当だぞ…。
ワインとか瓶&液体でも入れないと70Lでは難しいかも。
以前、TUMIの40Lで20kgくらい行ったことあったんだけれど、
そのときは何を入れてたんだろうな…w
あれはスーツケース自体が重いからなあ。

●旅のお金
今回はいいタイミングで行けました。
1ドル101円くらい。
両替&カードの引き落としのレートで105円くらい。
何せトランプ当選の前日に引き上げてくる日程でしたから(笑
それでちょっとお買い物が過ぎた気がするけど…
久々に円が高かったので、気持ちが大きくなったかな。
でも、日頃から、ここで買うならベガス行ったときに…と
自分に言い聞かせて、買い物しないようにしてたのでね。

お得だったなと思ったのは米国製のニューバランス
チャイナ、インドネシアなどアジア製と米国&UK製はラインが違って、
NBの中でも上位モデルなんだけど、これが安かった。
日本正規2万5000円の990が165ドル、
3万円の997が220ドルでした。
今どき、日米でこんなに価格差があるものってそうそうないよ。
アメリカのメーカーで米国製ってんで、かなり米国に利があるんだろうけど。
あとは日本のアウトレットだと大して安くなってないBALLYのレザー製品をいくつか。
これも半額近くになってるから、ありがたい。
この辺は、何度かベガスのアウトレットに通ってるうちに判ってきました。
どのメーカーの何が、日本のアウトレットと比べて安いのか?ってことが。

ほかに、クレジットカードが通らないってことが一度ありました。
旅では大抵一度はあるんだけれど、VISAが二枚通らなくて、
JCBが通って一安心。
「このカード使えないわよ」って言われるのでドキッとする。 
で、次の店に行ったら問題なくVISAが使えるって感じ。
その店の端末の問題にしてもJCBは通るって何だったんだろ。
こういうことがちょいちょいあるので、何枚か持って行きましょうね。



●ロスの交通事情
年々酷くなる渋滞…
必死に鉄道を敷いているみたいだけれど、現状渋滞は悪化し続けてるのかな。
ベガスからロスへ向かう際もロス近辺はかなりの渋滞。
さらにロス市街から空港、そしてトーランス方面もベタベタ。
それも夕方の帰宅ラッシュとかじゃなかったのに…。
某知人が飛行機乗り遅れたってのもうなずける。
これは生活に支障出るレベルだと思う。
特に毎日通勤してる人にとっては。
ロスベガス間はエア乗り継いでる暇があったらレンタカーでしょ!
っていう感じだったけど、今回はちょっと考え直しちゃったかな。
それこそ新幹線を走らせて欲しいよ。


●旅の飛行機
今回も早々に予約したので、安定の非常口席をゲットしていたのですが、
ここが正解なのかな…と、こっちも考え直し中(笑
非常口席は前にシートがないので、いつでも席を立てるし、
圧迫感がないというメリットがあるのですが、
最近のエコノミーのシートは背もたれが倒れない!
座面が前にスライドするタイプが多くなってきてるんだよね。
したがって、圧迫感はさほど感じないし、
はりぼーは足が長いわけでもないので、膝が前席に当たることもない。
だから、通常の席でも前後に関してはさほどデメリットないかな…と思った次第。
通路側を取ればトイレなどに立つタイミングは自由だし。
非常口席のデメリットは、以外とあるのよ。
まずはテーブル&モニターが肘掛け内にあるために、
肘掛け自体の幅が広く、シートの幅を狭くしている。
さらに、隣の人に肘を上げてもらわないと、テーブルの出し入れができない。
そして、もっとも不自由を感じるのが、前席背もたれのポケットがないこと。
非常口席は荷物を置く場所がないんですよ。
前席の下とかポケットがないので、ペットボトルひとつ取っても、
ずーっと持っていないといけない。だからペン一つ取るにしても、
いちいち上部の荷物から出してこなきゃならないわけよ。
マスク、タブレットやスマホ、飴やガム、ティッシュなどなど、
ちょっと手元に置いておきたいものが置けない。
これはどーなのかなーって思いました。


ってんで、楽しかった旅の思い出に浸りながら、しばらく節制しますw


おしまい


スポンサーサイト

【2016/12/01 01:10】 | ラスベガス
|

Re: 23キロって微妙だよね
はりぼ~
> JALでステータスがあると、国際線は32キロまでなのであまり気にする必要はないのですが、ANAはステータスがあってもエコノミーだと23キロまでなのよね。
> なので、今年の夏は旅行用に小さな電子秤を買って持っていきましたよ。
> 空港でドキドキせずに済みます。

気づくの遅れました~ごめん!
自分は完全に青組なので23kg。でも23kg超えるって実質無理かな…笑 
多分23kgだと、階段とかスーツケース持って上がれるか分からんw取っ手がもげるw

23キロって微妙だよね
良ぱぱ
JALでステータスがあると、国際線は32キロまでなのであまり気にする必要はないのですが、ANAはステータスがあってもエコノミーだと23キロまでなのよね。
なので、今年の夏は旅行用に小さな電子秤を買って持っていきましたよ。
空港でドキドキせずに済みます。

コメントを閉じる▲
関東でも雪が降ったっていうのに、
Tシャツ1枚で回れた11月初頭のベガスレポの続きです。

ベガスに行ったら、やることが多いです(笑
メインストリートに並ぶホテルや店舗を巡るだけでも忙しいのに、
昼間、郊外にも行こうってんだから、アクティブです。
夜はショーを見て、ディナー&カジノに行くのでいっぱいいっぱいだしw

時系列は前後しますが、最終日にロスに戻る途中で、
バグダッドカフェに寄ってみました。
あまり時間もないので、駆け足だったのですが、ネオンが懐かしかったです。
って映画見ただけの場所なんですが。
 
ベガス~ロス間の高速から少しそれるだけなので、
時間的には1時間くらいの寄り道かな。
DSC_2276.jpg

まずはこのネオンが見えて感動!
DSC_2274.jpg

建物ってこんな感じだったっけ?笑
DSC_2270.jpg

映画のシーンだとガソリンポンプがあったみたいですが、
これは無かったです。あと水のタンクもなかった。
2012-05-20_155536.jpg

エアストリームはありましたが、中は空っぽでした。
DSC_2262.jpg

店内は覗いたけどスタッフ出てこないし、薄暗いしですぐ出てきましたw



そして今回は久々にエリア51エイリインを訪問しました。
映画インデペンデンスデイの2作目も出ましたんでねw
宇宙人やUFOの研究をしている米国の機密情報の塊みたいな場所です。
その近くにレイチェルという町があり、そこのドライブインである
リトルエイリインで、エイリアンバーガーを食べるという観光コースw
エイリアンソースが美味です!

完全にエイリアン押しです。
DSC_2245_20161125121826d03.jpg
トラックで回収される不時着したUFO。だいぶ錆が進行してました。
DSC_2243.jpg

店内はこんな感じでカウンターとテーブルが並びます。
ここでの楽しみはエイリアングッズを購入すること。
DSC_2251.jpg
エイリアンをベースにしたソースが美味しかったエイリアンバーガー。
DSC_2246.jpg


2時間半くらいで着くはずが、道を間違えて小一時間ロスしました(汗
前回は何年前か覚えていないんですが、
キャトルミューティレーションされたとみられる牛の死骸が
ぽつんぽつんと見られたのですが、今回は全くありませんでした。

名所でもあったエイリアン宛のポストが見るも無惨な姿に…
DSC_2242.jpg

これが自分が最初に行ったときの写真です。こんなキレイなポストがあったんですよ…
P9250359.jpg

こちらは再訪するほどではなかったかな…笑

こんな郊外にも観光スポット色々あるのでベガスの旅は面白い!


あとは、食事ほか総括です!
つづく


【2016/11/25 12:50】 | ラスベガス
|
ベガスに10回以上行っていると言うと、
「ギャンブル好きなんだねえ」と言われることが多い。
でも、実際ギャンブルってのはベガスの魅力の1割にも満たないと思っています。
これが、まあベガスの誤解っていうのかな、ベガス=ギャンブルじゃなくて、
100も200もある楽しみのウチのひとつって感じなのよ。
で、自分の中で一番のウエイトを占めているのがショーです。
各ホテルが2~3個ホールを持っていて、集客を狙っています。

自分はシルクドソレイユのショーが大好きなんだけれど、
それゆえ「O」や「KA」などは何度も見ています。
今回は、マイナーともいえるレビューを中心に回しました。

ルクソールでやってるFANTASY。
比較的広めの会場でシートは階段状になっているので、後方でも見やすいかなと。
ここは発券段階でシート番号が決まっており、前が空いていても移動できません。
DSC_2187.jpg
中休みでMCがあり、おじさんコメディアンが歌ったり客をいじったりするんだけど、
これが結構面白くてびっくりw 客いじりすぎだけどw
DSC_2189.jpg
センターの歌手(踊らない脱がない)が居て、そのバックダンサー的に
女性ダンサーが踊る…という形と、ダンサーのみでのユニット曲っていう構成。
キャストのレベルは以前より高く、厳選されている印象。
昔と比べてシリコンバレー率がぐっと下がって、ひとりふたり居る程度で、
ほとんどナチュラルでした。
今はシリコン入れた巨乳ってのはもう流行ってないんだろうね。
ショーの構成、ダンスのクオリティともまずまずでした。



以前リビエラで行われていたクレイジーガールズがプラネットハリウッドに移転。
その歴史あるレビューが存続しました~みたいな。
これはリビエラ時代に観たけど、あまり印象にないw
DSC_2256.jpg
で、ショーガールが登場してまず思ったことが…
「BBAかよ!金返せ!」です(笑
平均年齢が相当高いです。薄暗い中で濃いメイクを見た感じ30代なので、実年齢40も居るのかも…
おいおいおい…歴史あるレビューってダンサーの歴史も…なんて思っていたのですが、
いやいやどうして、ショーが始まってみると、
ダンスのキレや表現力はピカ一!
やはり、亀の甲より年の劫とは言ったものでw
シンクロしてるし、指先まできちんと表現しています。
スタイル維持も完璧で、いつ若い者と入れ替えられるか分からない?
というプレッシャーを感じます。
確かにBBAがだらしないダンスしてるんじゃ客は入りませんわな。
ショーとしては素晴らしい。これでダンサーの質を上げたら、相当なことになりまっせ。
中休みのマジックはなかなかしょぼかったw
シートはフラットだけどステージが高い位置にあるので見やすい方かな。
でも前方を取るべき。
ここはシート番号が振られておらず、セクションのみ印字されています。
案内スタッフのさじ加減で案内されるので、早めにチップを渡すといいかもよ。
ショーの後で、ショーガールと写真が撮れるんだけど、
「写真40ドルでーす」というダンサーの声もむなしく、ほぼゼロ…
パフォーマンスはいいんだけどビジュアルがね…。



個人的に一番気に入ったのは、このXカントリー。
ステージは小さくてこぢんまりなんだけれど、その距離感がいい。
チケットを買うときにスタッフの感じが非常に悪くてなんだかな…と思ったけど、
案内人のおじいちゃんがイイ人で、前の方に座らせてくれた。
というのも、満席になっておらず後方はガラガラ、
前方もぽつぽつ空いていたのだよ。
ダンサーのレベル、パフォーマンスともにかなり高いのに、
運営がそれをアピールして客を呼べてない感じ。
ホテルハラスという古い箱からPHに行くべきはこっちじゃないか?
もっと売れるべき。
中休憩で出てきたコメディアンがしょぼかったなw
DSC_2218.jpg
最後にダンサーと写真撮れるんだけど、こっちは15ドルで、
まあまあ並んでたよ。

これらのレビューはアダルトオンリーですが、女性客も多く4割くらい居ます。
シルクドソレイユみたいなスタンダードなショーは7時の回と9時の回で1日2公演。
レビューはたいてい9時か10時スタートの1公演のみです。
スタンダードなショーの7時の回とレビュー10時の回なんかだと、梯子も無理では…ありません。



さて、
ベガスに来て、シルクを見ない手はないってんで、今回はKAを。
maxresdefault_2016111414141819e.jpg
まあ外さないよね。5回は観てるのに感動しました!
いや、今までで一番感動できたんじゃないかな…どうしてだろ。
日本人ダンサーのノリコさんも可愛かったしw

ベガスの夜と言ったらショーです。
一晩に1つと考えると4泊でたった4つだけしか見られません。
何十もあるショーの中から、たった4つですよ!
あれも観たかった、これも観たかった…が自分のベガスリピートの理由のひとつです。
スタンダードなショーを見終わって、やっとレビューにまで手が回っている状態ですw
それでも新しいショーがどんどん出来て…汗


今回の旅は、何となくマンネリ化してたベガスのはずが、
「ベガスたのしー!」って思い直すことが出来ました。
このKAを観て、今までより凄いと感じることができたのは、
なぜなんでしょうか?自分でもよくわかりません。
同じショーでもマイナーチェンジしてるからかな…。
それとも自分が歳を取り、何かが変化しているからでしょうか。


おしまい


【2016/11/14 15:03】 | ラスベガス
|
羽田ロス間がキツくなってきたなあと思っていたけど、
行きの9時間は結構余裕だった。

往復の機内で観た映画は
レジェンドオブターザン、君の名は、ザ、インフィルトレイター、
ダーティコップ、グランドイリュージョン、レインツリーの国、

の計6本かな。

例により映画はネタバレのみでレビューです。


バラエティ番組とか面白そうなのもあったんだけれど、
これはこれで集中力が持たなくて、ずーっとビデオを見てるって訳にも行かないのよね。
とはいえ片道6時間くらいは映画で潰せたわけで、
かつてはなかった、ひとり1モニターで、オンデマンド放送ってのは有り難い限り。
昔はひとつの大きなモニターをみんなで見てたのにねえ…今や昔。
遅いしデータ量めちゃ少ないけどWi-Fiも有料で使えるんやでw

●レジェンドオブターザン
人間界に戻って貴族階級として生きる元ターザン。
ダイヤモンドを採掘したい企業がアフリカの奥地で
開発許可を原住民に求めたところ、ターザンを連れて来いと言われる。
原住民とターザンには遺恨があり、復讐したかったのだ。
何やかんや理由をつけ、現地に連れてこられてしまうターザン…
ターザン系ではお決まりの、自然と人間の共存がテーマ。
自然の一部である動物族として育ったターザンと、
今や人間社会の一員であるターザンの葛藤などが描かれています。
CGも綺麗で迫力あります。
まあまあ面白かったです。

●君の名は
話題になってたんでね~観てみたかった。
アニメだし学生の恋愛ものだし…と躊躇してましたが、観てよかった。
なるほど騒がれるのもわかるなと。
ストーリーはなかなか練られていて、徐々に引き込まれていく感じ。
男女が入れ替わるというシチュエーションが、
昔の映画転校生的と言われたりしてるけど、
そんなにアレに近くはないかなあ…。
君の名はっていうタイトルだけあって、
心の中で名前を叫ぶシーンにじーんと来た。
アニメなので大画面で見る必要はないかもしれませんが、
ぜひとも見てほしい映画の1本ですね。


●ザインフィルトレイター
麻薬組織に潜入して、麻薬王と取引するところまで漕ぎ着け、
結婚式に呼び出して一斉に逮捕するという実話に基づいた話。
潜入だから、自分もワルになるわけで、麻薬王にたどり着くまでに、
色々なほかのワルに狙われたり、殺されかけたりする。
そして、悪の組織の中の人と家族ぐるみで付き合い、
情が沸いてしまい、逃げるようサインを出すシーンも…。
主人公の妻役を演じるダイアンクルーガーが若く美しい。
それを心配する妙齢の本妻。
ハラハラするシーン満載で魅せる。
キャストもいい。
いかにも悪そうなヤツ、エロそうな顔した女、
企んでそうなヤツ、チャラチャラしたヤツ…。
今の映画だけど、古き良きアメリカも感じられます。
おすすめ。

●ダーティコップ
ニコラスケイジとイライジャウッドという意外な組み合わせ。
刑事二人が悪者の金庫を破って中身をいただこうと計画するが、
トラブルが色々と発生して、仲間割れもして…ってな感じ。
すっきりしないラストに、何かもう一本観たくなるw

●グランドイリュージョン
二作目みたいね。
映画ラスベガスをぶっつぶせ!みたいな感じ。
若いマジシャン数名がどでかいことを仕出かす。
痛快でありながら、人間関係とか色々混ぜて…
うーん、まあまあかな。

●レインツリーの国
若い男女の恋愛ストーリー。
おじさんキュンキュンしちゃった(笑
女の子の運営するサイトに来た男の子がメッセージを送ったことをきっかけに、
仲良くなり、オフって関係が深くなっていくまで。
会ってみたら、「この子なんか変な女の子だな?」と思う主人公。
問いただすと、難聴であることを告白する。
難聴であることを理解しようと努める主人公だが、
女の子がまたなかなかの我がままっ子で(笑
ああして欲しい、こうして欲しいがあって難しい。
もちろん障害に対してのコンプレックスも。
切れやすい性格の主人公だが、これをじっくりと紐解き、
お互いに理解し合って、きょりが縮まっていく。
女の子がかなり面倒くさい感じなのでw
男に対して若い子なのに辛抱強いなあ…と思った。
自分なら無理だわ~と。
でも、女の子が西内まりやなので、まあなんでもありだなw

default_1d5babc55454ee4dbc01e6cd0e75b8d7.jpg


って感じで、個人的には
君の名は、レインツリーの国なんかも見てみるもんだなあと。


おしまい


【2016/11/14 14:06】 | ラスベガス
|
ベガス初日は、一番の目的(建て前w)である仕事のセマショー取材です。
SEMAショーってのは、自動車関連企業の集まるイベントで、
ベガスのコンベンションセンターを使う最も大きな催しです。
だから、ホテル、パーキング、レストラン、カジノ、道路、すべてが混みます!
DSC_2173.jpg

とはいえ自分たちはセマショーの最終日に行ったので、
初日なんかよりずっと人が少なかったみたいですね。
実際、ホテルの相場も落ち着いてきていました。
それでも通常よりずっと高かったけど。

朝はシャトルバスかモノレールか…迷いました。
以前、CESというSEMAに次ぐビッグイベントの際は、
数ブロック前から渋滞で車が動かなかったので(汗
モノレールが満タンで乗れないんじゃないかとか、
シャトルバスが現地までスムースに行けるのかとか、
かなり心配したんですが、モノレール大して混んでませんでした(笑

DSC_2233.jpg


クルマのカスタムやメンテナンス、
補修などの関連企業のブースが出ていて、プロ向けですね。


DSC_2169.jpg
DSC_2168_20161114113006ef7.jpg
DSC_2165.jpg

何か新しい技術などがあったかというと…NOかな。
いつか、どこかで見たことがあるようなものでした。
でも、車で楽しもう!って姿勢はさすがアメリカだなと。


後日、ロスでも自動車の博物館に行きまして…
ほんとクルマ好きだなw 
ピーターソン自動車博物館。
DSC_2279.jpg

あちこちで見る気がする(笑 デロリアン。
DSC_2295.jpg

映画ミスサンシャインで使われたVWバス。
DSC_2296.jpg
こちらはテルマ&ルイーズで使われたオープンカー。
DSC_2292.jpg
洗車道具、ワックスなんかも古いのが展示されてたよ…。
DSC_2289.jpg

カーカスタムの歴史。
BOSOZOKU、VIPがジャンルとして確立されていた!w
DSC_2300.jpg

ベストオブはりぼ~はこのブガッティ。
某国のプリンスの結婚式に献上された一台だそうです。
DSC_2306.jpg

という感じで、クルマ関係はこんな感じ~

なかなか面白かったです!

続いては映画とショーでーす。

おしまい

【2016/11/14 12:03】 | ラスベガス
|
今年二回目となるベガス
DSC_2245.jpg
そろそろひと段落して、ベガス以外にも行ってみようかな…なんて思ってた矢先。
SEMAショーに行くということで、同行者が出てきて、11月に訪問。

ぶっちゃけ少しテンションは下がっていたんですよ。
ショーは一通り見たし、初訪問の人の案内も疲れるし…
ホテルはテーマパークから、ただの綺麗な箱がスタンダードに。
…と、自分の好きなベガスがなくなりつつあったんでね。

今回の旅程としては、
羽田からロス、ロスからレンタカーでベガス。
マンダレイベイに二泊、ミラージュに三泊。
最終日にロスへ向かい、泊まらずに23時の飛行機で羽田へ。

飛行機は完全に羽田になりましたね。
初日が16時着で、移動&寝るだけになりますが、
帰りは丸一日使えて、日本に朝5時着なので、その日が使える。

成田便だと午後出て、昼着だったので、初日が使えるんですが、
それでも、羽田の近さが有り難くて。

初日は渋滞が酷くて24時ベガス着。疲れた…。
ロングフライトが辛い年齢になってきました。


さて、まずはホテルから。

こちらマンダレイベイ
ベガスの中でもそこそこ高級なホテルです。
南国リゾートをイメージしてます。
5d1b4a69_z.jpg
2Qベッドの部屋で、ストリップビューです。
DSC_2155.jpg
シンク2か所、大きなバスタブと、シャワーブースが別になっています。トイレも別で個室。
DSC_2152.jpg
ストリップが案外遠くに見える。
ルクソールとも距離があるね。
DSC_2158.jpg

以前、車いすの人がパンクしたとき、
宿泊者じゃない我々に快く、ホテルの車いすを貸すと言ってくれたマンダレイベイ。
普段は高いし立地もよくないので…と敬遠していましたが、
SEMAショーのお陰でホテルを選べる立場ではないw
コンベンションセンターから一番離れているこのホテルが一番安くて、
初めて選んだってのが、ここに泊まった理由。
でも、設備も雰囲気もすごくよかったです。
また泊まりたいなあ。MGM系列なのでパーキングが有料になって空いています。
自分はMライフのメンバーなので、無料でしたが、
翌朝出るときに20ドルって出るので、これメンバーじゃなかったらキツイよなあと。
メンバーだと逆にありがたいシステム変更ですよね。

一方で、この後で場所がいいミラージュに引っ越して気づいたことは、
徒歩で出かけるのが結構大変。ファストフードとリカーショップがあるにはあるけど…。
クルマで出かけるのが前提になりますな。
夏場などホテル&プールでまったり…に最適かなと。


で、もう一か所泊まったミラージュ。
love.jpg
今回で1泊100ドル中盤くらい。(土日含む)
部屋はごくスタンダードで、シャワーとトイレが一緒のバスルーム。
シャワーブース別じゃない場合、バスタブがあっても実質シャワーだけって感じだよね。
個人的にはこれでも十分で不満ありません。
DSC_2197.jpg
フロントの後ろが水族館になってます。
たまに映画などで使われています。
DSC_2195.jpg

ここはベガスだと中の中くらいかな?
ビュッフェも悪くないけど、流行りの高級ホテルのビュッフェほどではない…。
それでも立地が良く、リビエラやフラミンゴ、リンクなどTリワーズグループの
ご近所よりは明らかに上。
悪くないチョイスかなと思いますよw
この地区はフラミンゴ以来だけど、新フォーコーナーのMGM、
一方のウインも歩いていけない距離ではないので、長居するにもいいのかな。

リビエラ、リンクも安いので、次はありかなと思うのですが、
MGMグループじゃないので、パーキングが混みそう。
このMGMによるパーキング10ドルって制度は、諸刃の剣ではありますが、
自分はMライフメンバー(パール以上)なので、
パーキング無料の恩恵を得られます。
すると、パーキング自体が空いていて泊めやすい。
一方でシーザースグループは、他所が有料になったので混雑がひどくなってるはず。
となると、有料にしたMGMグループに、むしろ泊まりたくなるというわけ。

さて、旅の疲れが癒える前に、ホテル編をさらっとお送りしましたが、
簡単に旅の感想なぞ。


10数回通い、ややダレてきたベガス旅行だったのですが、
今回は、なぜか新鮮な気持ちで訪れることができて、
今までにないくらいにエキサイトできました!(^◇^)
なぜなんだろ?
新しく進化していくベガスに、自分の年齢とか、
経験とかがマッチしてきたのかな…なんて思ったり。
主だったショーを見終わったお陰で、レビューを見ることが出来たり、
カジノでゲームを楽しむ余裕も出てきました。
いつもは、見なきゃならないショーがあって、それに縛られてたのかもw

さらに、KAなんて何度も見ているのに、今回また強く感動できたことに驚きました。
なぜだろうか?自分が何か変わったのかなと思いました。

食事に関しては、ビュッフェメインで、変わったところなかったのが、ちょっと心残り。

でも総じて、ここ数回よりも今回は楽しめたなと思います。
トラブルの類も、少なかったしw
「また行きたい!」と強く思えたのは久々です。




この後、観光やショーなど本編に続きます。


【2016/11/12 12:27】 | ラスベガス
|
遅くなりました、旅行のレポート最終章。
食べ物を順不同でアップして、想い出キャプション付けていきますね。


これはサンタモニカピアのガンプでの海老料理ですね。
白身魚のなんちゃらと。
日本にもあるけど、無難なので米国で行くことが多いです。
プリプリ感はアメリカの方がいい気がするけど、気のせいかなw
DSC_1305.jpg

前回のロス旅行でも行った、サンペドロのエッグ&ワッフル。
今回はオムレツじゃなくて、ワッフルに挑戦。
ベースのワッフルに何を入れるか、上に何を乗せるか、
沢山のメニューの中から選ぶことが出来ます。
ナッツ入りにホイップとバナナにしたんだけど、
ナッツがクルミで、しょっぱかったのでイマイチw 
ココナッツとかにしておけば良かった!次回リベンジする!
DSC_1287.jpg

これは「多分」w シーザースパレスのビュッフェ。
プライムリブはやや火が通っている感じ。
その横は骨髄。これはコスモポリタンにもあった。
最近流行なのかな?いいステーキハウスに行くと輪切りで出てきたりするよね。
トロッとしてて1口だったら美味しいかな。
この手はホースラディッシュでさっぱりさせつつ頂きましょう。
DSC_1280.jpg

「ここのデザート!格が違いますよ!」と友人がゼエゼエ言いながら伝えてくれました(笑
大の男がデザートが美味しいっていうんだから、あたしも試さなきゃ!ってんで、
お腹一杯なのに、試したのがこれ。
焼いた感じ強めのプリンが濃厚で美味い!
バジルシード入ってるマンゴームースは普通w
手前はチョコのケーキでシュガーレスっていうんだけど、
結構甘くて美味しかったです~ここのデザートコーナーは
見るだけで目を楽しませてくれるので、ぜひ訪問して欲しいです。
DSC_1281.jpg

これはコスモポリタンかな。
プライムリブの焼き加減がパーフェクト!
余熱がどんどん通っていくので、
塊が出てきてからカットして貰うまでのタイミングも重要よw
皮付きの角煮もまいうー
DSC_1255.jpg

変なフォーもビュッフェにあって。
ちょっと軽めのものが食べたいな…ってときに試したよ。
唐辛子で辛めにすると美味しい。出汁が染みる~(^^)/
奥はニョッキ。美味しいけど重かった。
総じてイタリアンはイマイチかな…寿司よりマシだろうけど。
DSC_1256.jpg

ミラージュの朝食ビュッフェ。
ブリトーが立っていて、手前はコンビーフ。
このコンビーフがまた美味しいんだ。
缶詰みたいに塩気は強くなくて丁度良いの。
これも塊からカットしてくれたよ。
DSC_1262.jpg
どこのビュッフェもオムレツはシェフが目の前で焼いてくれる。
ほうれん草とベーコン入れて貰いました。
ただ、卵3個分くらい使うので、食べきれないよね~
DSC_1263.jpg

話題のロブスターミー。
ホットドッグのロブスター版。
2000円以上するけど、美味しいんだよん~
マカロニチーズにロブスター載せてるのもオススメ。
ビスクはロブスター感弱かったな…粉とバターみたいな。
DSC_1188.jpg
DSC_1190_20160125210636143.jpg

ウインのビュッフェ。
プライムリブは絶対です(笑
まあまあ火が通っちゃってるよね。
西瓜ジュースとフルーツで食物繊維補給しましたw
DSC_1136_20160125210906fa8.jpg
DSC_1139_201601252109075a1.jpg

ジョニーロケッツがフラミンゴのフードコートに入ってたので、
抑えておいた。まあ外さないよね。
DSC_1130.jpg

プライムリブ(ローストビーフ)祭り状態だから、
焼いてるステーキはこれ唯一でした。
アメリカの方は外をカリカリに焦がすくらい焼くよね。
中はきっちりレアで残してあって、
さすが焼き方上手いなあと関心。
塩加減も間違いない。
DSC_1128.jpg


ってんで、グルメ編でした(^^)/


今回は、色々思った事は書きましたが、
総じて楽しかったし、久々にベガスって面白いなあと思い直した旅でもありました。

おしまい

【2016/01/25 21:15】 | ラスベガス
|
雪ですね~

道産子なので慣れっこですが、
たまにしか雪を見られない人にとって、
犬は喜び庭駆け回る!って感じですかね?
通勤に差し支えあると困りますが…


さて、おっさんはりぼーですが、
最近はショッピングにも時間を費やすようになりました。
かつては、友人達を放流して、自分は待つ時間が長い…
という感じだったんですけどね。

●その理由は…
アメリカにしかない物がある。
日本にあっても高いものがある→
アウトレットは日本より遙かに割引率が高い
荷物を減らすため現地で衣類を買う。
予め買うべきものを日本でチェックしてある。
ということで、段々買うようになってきちゃった。
最近は70リッターのスーツケース満タンだもんね(汗

ハワイをワースト観光地NO1にランクインさせてる私ですがw
あそこのアウトレットも酷いw 小さくて、めぼしいブランドもない。
あれを見ちゃうと、ベガスのアウトレットってのは、
歩いて回るだけでへとへとになるくらい広大で果てしないw
大抵「2時間後に集合ね」なんて感じにしてますが、
まあ、物足りないんですよね。
時間内に買い物を終える術は身につけましたが、
どうにも、毎度物足りなさを感じたままw

まず地図でチェックしたいショップを見つけ、
それぞれを軽く見て回り、欲しいモノをメモ。
その後、買いに回り、また1から店を回って、
実際に買うものを抱えつつ、終了。
というのが大体のやり方。
最初から、買って回ると荷物が増えて、
二軒目、三軒目で手が一杯になっちゃう。
だから、買うべきものを一通りチェックしてから、
最後に、だだだーっと買って回る。
結局2周することになって、せわしないけど、
これが一番効率的なのかな…
あと、最初に欲しいと思ったものが、
何軒か回ってるウチに、もっといいものが見つかったりw
やっぱり要らないかな…と塾考する時間にもなったりして。

で、物足りなさですが、
やっぱり、もう少しゆっくり見たい、熟考したいということなんですね。
恐らくは、店舗数を絞って、そこのアイテムを隅から隅まで見比べて、
試着もして、SNSで「これ似合う」なんて聞いたりしてw
完全に納得した上で購入したいってことだと思います。
海外のアウトレットとなると、もう次来られるのはいつかわからない!
買うしかない!ってなプレッシャーとハイテンションになりw
間違いないから!って自分に言い聞かせてる部分あるんですよね。

だから、コートならコート、大きめバッグなら大きめバッグと、
ターゲットを絞り、それを扱ってる店やブランドをピックアップ。
ラインアップをしっかりと把握した上で、ひとつを選択。
しっかり納得して購入してみたいなと思う次第。

そろそろ、買っておこうというリストもクリアしかけてるので、
次は、ゆっくりと的を絞った買い物ができるかな…笑



おしまい





【2016/01/18 13:19】 | ラスベガス
|
今回泊まったのはフラミンゴ。
ラスベガスの発祥はこのバグジーが建てたフラミンゴであり、
歴史的なホテルでもあるので、一度は泊まっておきたかった。
ストリップビューを取るも、向いはシーザースパレス。
落ちついた雰囲気で夜景が綺麗…って感じじゃなくてちょっと残念。
やはりバリーズ、パリスからベラージオを見るってのがいいのかな。
スタッフの対応もイマイチで、リピートする必要はないかな…ってのが正直なところ。
部屋の内装はリニューアル直後で綺麗だけれど、水回りはそれなり。
廊下や共用部分はヤレを感じる。
またエレベーターが故障してる上にエスカレーターも止まっているなど、
車椅子の人が詰んでしまうシチュエーションもあった。
ストリップの中央に位置するロケーションとリンクとの近さ、
これくらいがメリットかな。
個人的には旧インペリアルパレスの方が良かったかも。
カジノのレートは1ドルチップ、10ドルミニマムで敷居低いかな。


ま、泊まってみると普通なんだけどね。
庭にはフラミンゴが居てプールも充実してるので、
夏に泊まるべきかもw 
価格的には元日が200ドル、ほかが150ドル程度だったから、
まあ、この場所にしてはリーズナブル。
これより安いビューのない小さい部屋を取るのがベターかな。
DSC_1110.jpg

どのホテルもそうなってるのかも知れないけれど、
フラミンゴもパーキングがキャパシティ不足になりつつある。
夕方以降は満車で、裏通りの遠いパーキングに行かされる。
これはスーツケース転がしてると結構きつい。
DSC_1143.jpg
これがストリップビュー。25階。

庭と裏側がこちら。
DSC_1133.jpg
DSC_1131.jpg



動画のテスト兼ねてベラージオの噴水を。


ベラージオの湖側からのパリス。
夜景は期待に応えてくれるよねえ。
DSC_1179.jpg

超久々にベネチアン。
やっぱり、ここはあっと言わせるだけのものがあるね。
運河の写真撮り忘れたw 
DSC_1249.jpg
DSC_1252.jpg
DSC_1254.jpg

こちらも久々にミラージュ。
鳥が飛んでたりして、いいね。なごむね~。
朝ビュッフェもなかなかよかったよ。
DSC_1261.jpg

プリムバレーのウイスキーピーツを初訪問。
俺たちに明日はない、だっけ。
ボニー&クライドの最後となったクルマが展示されています。
二人はこのクルマに乗ったまま蜂の巣にされた。
その実車だからね、ちょっと生々しいよね。
DSC_1284.jpg


久々に行ったところ、初めて行ったところ、
今回も楽しませてくれますベガス。


つづく

【2016/01/16 06:45】 | ラスベガス
|


はりぼ~
変わらないホテルだから、いっぺんは泊まっておいた方が…とは思うけど、さすがに古いね。今もフラミンゴの系列だけど、タイムシェア対象は別の建物になってます。


良ぱぱ
20年前かな?大学の卒業旅行でいったツアーでここのホテルに泊まったよ。
あの時でも、けっこう疲れた感じのホテルだったような。名前もフラミンゴヒルトンだったような・・・・
あれから、ラスベガスも変わったと思うけど、ここのホテルは変わっていなさそうだねw

コメントを閉じる▲
さて、ベガスから戻って、まだ夢うつつという感じのはりぼ~です。

寝て起きたら、今どこなのか?何時なのか?全然わかりませんw

DSC_1155.jpg


今回の旅行のレポートの前に、雑感をざっと。

車椅子だとメリットデメリットが
4人のウチ1人が車椅子の人で、大概のことは1人で出来ますが、
階段の昇降が出来ないなど不自由ももちろんあります。
飛行機の乗り降りなどはスタッフがしてくれるので、
こちらは全く不自由を感じませんでした。
クルマへの乗り降りは、
今回使ったのはSUVゆえ難しく、サポートが必要。
車椅子を後部に積み卸しする作業も伴います。
とはいえ、男手があればこれは大したことじゃ無かったかな。
荷物として車椅子が増えるので、スペースの確保が必要。
これがSUVを使った理由でもあるのですが、
逆に乗り降りができなくなるということにもなりました。

メリットとしては、障害者専用パーキングが使えること。
これは建物やエレベーターに近いところで、
混んでいても、空いていることがありますので助かります。
パーキング探しが少し楽になりますし、
一部は専用箇所だけがゲートの外にあり、無料で使えました。
意外なのは、数カ所ある優先パーキングが満車ということが、
多いので、使えないシーンも多いということ。

観光は大概の場所が車椅子で行けますが、
しゃれおつなブティックなど一部では階段があり、
入れない店もありました。
一応、米国は法律で入れるようにしなきゃならないらしいですが、
そうなってないところが「確実にある」のですよ。
これは米国の人に、バリアフリーだよと自慢されるけど、
実際にはそうなってないところあるよ!w

話し逸れますが、
ベガス、ロスで大雨に降られまして…
最近は雨に当たることが少なくないんですわ。
だからロスやベガスは雨なんて降らないよ!とか
冬も温暖で暖房が要らないとか、言わせないよ!
100%バリアフリーだよとも言わせたくない…というところですが、
これは日本よりはずっと進んでるので、許すw


4人でドライブ旅するというのは中々難しいことである。
(女と旅をするというのは中々難しいことである。を含むw)
今回は、四人で行ったので、レンタカーの費用は4分割できました。
部屋は2人部屋なので2人でも4人でも一緒ですが、
これも2ベッドルームのスイートとか取れば面白かったなと今さらながら。

ロス→ベガス→ロスという旅路なので、
レンタカーが必須だったのですが、
各スーツケースが、70リッター3個、
100リッター1個、さらに1人が50リッター1個を追加購入。
それぞれがサブバッグを1個ずつという感じ。

ま、70リッター程度4個はまあ普通ですね。
これが、セダンだと大型でもギリギリ…という容量なんですね。
さらに今回は車椅子あり、
帰りはスーツケース1個増えるなんてこともありw
セダンでは、かなり厳しい量となってしまいました。
普通に大4個、小4個でも余裕はないと思います。
だからSUVを借りて、荷室に高さが出来たので、
一応余裕を持って収められたのですが…。

トノカバーがない車種だったし、
あっても隠せない量の荷物だったんだけれど…
荷物を車両に残して観光などをしにくい。
特にショッピングには向かないわけですよ。
トランクなら中が見えないし、ガラスを割るような
簡単には空けられないんですが、
SUVの後部はガラスで丸見え(スモークとはいえ)、
破ろうと思えばハードルが低いので、
ブランドのロゴが入った紙袋とか置いて出られないんですよ。

スーツケースくらいは問題ないという人も居ますが、
やられてからでは遅いのでね…。

あとは価格ですかね。
2人だとスーツケース3つでも、エコノミーサイズのセダンで収まります。
エコノミーといっても2リッター以上のサイズですので、
日本だとミドルクラスになるのかな。
さらに、2人なら後部座席も使えるので、
スーツケースはトランクで、バッグは後部座席に、
なんて使い方も可能なわけですよ。
で、これが価格はSUVの半分以下ですので、
SUVを1台借りるなら、セダン2台の方が使い勝手がいいんですね。
一時期、6人で行く…という案もあって、大型バンも検討したのですが、
価格的にはコンパクト3台の方が安いようです。
恐らく3台のガソリン代の方がバン1台より安いかとw 

今回は、運転できるのが1人半(笑)くらいだったのと、
車椅子の人が居たので分けられませんでしたが。

一般的に1週間の旅行でしたら、冬場で衣類が嵩むとして、
70リッター前後のスーツケースが丁度いいですかね。
行きは半分くらいの荷物で、お土産を入れて8割~満タンで23kgギリ。
女性だと多めに衣類盛っていく人、ショッピングが好きな人によっては、
100リッターが必要になってくるかも。
もしくは、今は2個まで無料なので、50~70の2個組み合わせか。
これは空港までの宅配や運ぶ男が必要になってきますが(笑

ただ、100リッター程度のものは満タンにすると無料の23kgを超えますので、
軽いモノを積めて、重いモノは手荷物の方に入れるなど工夫も必要。
ANAは超過スーツケース1個60ドルだったかな。

ってんで、レンタカーのことを考えると…3人がベスト。
これまた、宿泊の際にエキストラベッド…ということになるので面倒だけどw
トータルでは2人旅ってのが一番楽なのかなあ?


人に頼りすぎないで欲しいw
初心者を連れて行くのはいいのですが、
頼られすぎて、最後には疲れてしまいますw
旅程の調整、エアやホテル、レンタカーの予約、精算を行い、
現地ではドライバーを担当することが多いです。
もちろん、予備知識がありますので、
予約などの手配や運転も慣れていますが、
自分だけ負担があることを理解して欲しい…です。
有料で請け負っているツアーガイドではないのでね。
自分が慣れてるから担当する部分があるのは構わないのですが、
例えば次の目的地の住所を調べてナビに入れるとか、
ガソリンを入れるとか、途中で水など買い出しに行くとか、
そういう部分は各自分担して欲しいのですが、
結局、しゃべれないから、しゃべる部分は全てお任せ…
みたいな感じになって、何から何までやらされるんですよね。

また、自分が担当する事は何度もやるので、
自分だけどんどん知識も経験も蓄積されて行きます。
これは次回に活かせますが、
逆にお任せした人は、2回目も経験値がほぼゼロのままですから、
もったいないと思うんですよね。
海外での運転も自分だって最初は素人で難しかった。
英語で話すのだって、食事を注文することだって…。

それでも、最後に色々やらせたから夕食ご馳走するよ、とか、
アメリカ式にチップでも貰えれば、気持ち的にも嬉しいんですが、
大抵、何とも思ってないのか、
ありがとうも何も言われることもないんですよ…
ちょっと寂しいですね。


時差ボケ解消は積極的にやれ!

自分は西海岸はリピーターなので、時差はすぐ取れますが…。
「夜全然眠れなかった」という人が多く、
ベガスなら、その時間カジノで過ごすのもいいのですが、
翌日の昼間うつらうつらしてて、観光もままならず、
2万も3万もするショーを見てる間に寝てしまう…ってパターンになるよね。
基本的には、猛烈に眠い昼間を頑張って活動して、
夜は早めに深い眠りに落ちる。時差もあって、早朝目が覚めて…という
超朝型にしてしまうのが一番早いかな。

さらに昼間に眠気が来たときに1時間半だけ寝る。
これでリセットできる事が多いです。
睡眠は3時間単位…なんていうんで、その半分の1時間半が
なんとなく仮眠や疲れを取るのに丁度いいのかも…なんて思っています。

なにせね、自分はドライバーやらされるので、
昼間居眠りぶっこく訳にいかないんですよ!
その横で「昨夜一睡も出来ませんでしたわ…」と爆睡されるんですw
知らんがな!w 運転代わってよ!w
そこで寝てたら、また夜眠れないぜ…


●旅するなら一刻も早くしておけ!
なぜなら日本は沈没するからw
というのも、物価がどんどん上がっているから。
それは日本の物価と比較してという意味で。
かつで、100円だったのもが120円、150円ならまだしも
200円になっているものだって結構ある。
ビュッフェも20ドル、30ドルだったのが40、50ドル台に。
ベガスのショーもかつて100ドルだったのが、
今は180~200ドルになっているものがほとんど。
それに円安が加われば2倍以上ということに。
人気のあるものは、お金を持っている人の需要で埋まってしまう。
だから、どんどん値上がりしていくんですね。
人気のホテルも、価格上げたって平気な人が増えて、
日本人には厳しい価格まで行ってしまう。
かつて最も物価が高い国だった日本。
何処に行っても物価が安く、お得な買い物ができた時代もありました。
いまや日本は没落してしまいましたから、後進国だと思っていた人達が
我々の手の届かないスイートルームに泊まり
リムジンで移動してるわけです。
今後、日本の物価や円が強くなることは長らくないでしょう。
早めに旅しておかないと、旅自体が手の届かない存在になってしまうかも。


●プリペイドSIMは結構使えるで!

これは今回初めて使ったプリペイドSIM。
前に記事にしたけれど、ポケットWi-Fiとキャリアのローミングと、
どれにするか考えた結果、今回はこれをチョイス。

ポケットWi-Fiの3時間程度しか持たないバッテリーと、
熱暴走なのかよく落ちる、飛ばないという現象に辟易したんだよね。
で、このSIMは500Gで通話データ通信両方対応2500円。
自分は通話をLINEに頼ることにして、1Gデータ通信のみ3500円を選択。
現地でのアクティベートはタイムラグがあって、
少し放置しておかないと繋がらないんだけれど、
それ以外は別に設定もしなくてOKだった。
マイクロSIMなので、交換の際に無くしたりしないよう注意。
通信してみた感じは、日本のLTEよりは遅いけど、実用レベルには達してると思う。
グーグルマップも少し待つけどばっちり表示してくれる。
イングレスも出来ましたよw
これはTモバイル使ってるらしいので、電波の通じる通じないは
このキャリアのアンテナ次第ってところだけれど、
通じる場所では、遅い3Gくらいのイメージ。
日本で通信規制くらって遅くなるときあるでしょ、
あれよりマシ程度かなw それでも大概のことは出来る。
ただ、日本からの電話には出られないので、留守電チェックは必要。

今後はこのSIMが使える地域ならリピートしようと思う。
なにしろ価格が安い。
1Gのうち、一体どれくらい使ったか確かめられないのだが、とりあえず足りた。
これで1週間2500円ならリーズナブル。
2~3人でポケットWi-Fi借りて使うより安く、充電の手間も
モバイルバッテリーを繋ぐ必要もない。
1日3000円かかるキャリアのローミングは論外かも。

自由行動の後の待ち合わせなどあるので、
現地での連絡手段は必須だし、グーグルマップも便利。
このSIMで思う存分使って欲しい!


●クレジットカードは複数枚
米国はどこでもクレカ使えるので、現金は必要ない。
だけど、案外とクレカが弾かれることが少なくない。
もちろんカードは生きているし、何度かスワイプすれば通ると思うんだけど、
店員に「このカード使えないわ」と言われることがある。
何度か試してよ、と言えば通るんだろうけど、
別のカードを渡した方が早い。
ってんで、2~3枚は持って行くことをお勧めします。


=========================================


と、愚痴が多くなってしまいましたが(笑
面白かったことが大半で、小さなことがひっかかっただけ。

追って、楽しかったベガスの旅をレポートしますね。



おしまい





【2016/01/11 10:39】 | ラスベガス
|


良ぱぱ
昨年のロス旅行の時に使ったよ。
事前にアメリカ在住の人からネット購入して、入国審査待ち中にアクティベートしていました。
今年の夏もこれを利用しようと画策中~


はりぼ~
レディーSIM使ってた?
そう、この手のSIMは研究したいな。色々あるだろうし、現地で売ってるモノの方が安そうだから。空港で売ってるもんね。
120円台は、かつてを知るものとしては厳しいよねえ。
100円台一桁だと計算も楽だし助かるなあ。



良ぱぱ
ツアーガイド、お疲れ様でしたヽ(^。^)ノ
READYSIMは便利だよね。
日本で購入しておけば、現地でSIM買わなくちゃ!とか考えなくてよいしさ。
為替も少し円高に戻ったけど、もうひと踏ん張りってとこだね。

コメントを閉じる▲
間違えて、追記の方に書いちゃったので、
下の、追記のところをクリックしてください(笑 

次回のラスベガスは4人組で行きます。
久々に大人数。

その中に一人車椅子の人が居るんです。
自分で買い物から自動車運転までする人なので、
特に心配はしていないのですが、
障害者用パーキングに停められるのか?という疑問が。
大概のことは一人で出来るのですが、
やはり車椅子に乗り込むにはドアを開放しなくてはならないので、
駐車場のクルマとクルマの間に停めるとなかなか厳しい。

だから、障害者用パーキングに停めたいのだが…
調べてみると、米国は違反すると罰金がすごく高く厳しい。
米国内の医師の診断書に基づく障害証明書が必要だと。
現地に住んでる人も、無理だ無理だと言うんですわ。
確かに米国の税金収めてないかも知れないけれど、
障害者がかなり優遇されていて、優しい国である米国が、
車椅子の外国人が観光に来て、専用パーキングに停めたら、
「ダメ!罰金!」って言うかな…?という疑問が。

で、さらにググラーはりぼーが調べを進めてみると…
障害者のための特別待遇を共通化しようという協会がありまして、
それに日本や米国は加盟しているというんですわ。
米国は州ごとらしいけど。
それによると、自国で使う証明書と、協会が提供する
共用する協会に加盟していますという証明書
(ネットでダウンロードできるPDF)
を併用すれば、滞在国での待遇を受けられるということらしいのです。

1.png

実際、現場の担当者がこれを知っているのか?という事もあるし、
使えるか有効であるか、分かりませんが、試してみたいと思います。

他には、ショーのチケットは車椅子専用シートが最前列にあるとか、
広いパーキングでエレベーター近くに停められるとか、
いくつか、お得なことがあると思うので、少し楽しみですw
不謹慎かな?

最初はね、車椅子を仕舞うスペースがクルマに必要なので、
大型のセダンのトランクで大丈夫かな…とか、
いろいろと心配事はあったんですが、
今となっては、享受できるメリットについての楽しみの方が大きいですw

おしまい 


追記を閉じる▲

【2015/11/01 03:20】 | ラスベガス
|
食べたものを色々と紹介します。
和食は絶対食べません。
一週間ぽっちで日本食が恋しくなんてならないし、日本の方が美味しいし…。
アメリカの和食ってイマイチだよね、違うよね?って言うビギナーのやりがちなのは、もう卒業してます(笑
最近は美味しい和食もあるようですが、現地でしか食べられないようなモノを食べる機会を優先します。

メキシカンのファヒータ。日本だとメキシカンってマイナーだよね。
結構美味しい「ものも」あります。マメの煮たのとか苦手だけどw
これはソフトシェル(コーンで出来た薄い生地)で肉やエビなどを巻いてチーズやアボカドソースと一緒に食べるやつ。
DSC_0124.jpg

これはビュッフェの一例。どこのホテルだったかな(汗
肉メインで構成しますw
DSC_0138.jpg

これ!
ルクソールのテンダーというレストランにて、特大のリブアイ!
2人でシェアして食べました。この手の大きくて分厚い肉を焼かせたらアメリカ人には適わないね。
DSC_0139.jpg

人気のあるホテルパリスのビュッフェ。ビレッジカフェだったかな?
街の中みたいなインテリアです。料理は今思うと普通かなw
カニやエビ、牡蠣などのシーフードもあります。食べないけどw
シーフード人気あるけど、それこそロスやサンディエゴ、サンフランで食べたら?って話でさ…
DSC_0100.jpg

ステーキサンド。薄切り肉とタマネギを炒めてチーズと一緒に挟んだようなの。
これ定番でファストフードのモールによくあるんだけれど、日本じゃ観ないんだよなあ。
DSC_0112.jpg

アービーズのローストビーフサンド。
ハンバーガーチェーンは沢山あるんだけれど、その中で異色なのがアービーズ。
ハンバーグではなくローストビーフなのだ!
んでホースラディッシュソースがあるのだ!これ美味いよ~(^o^)
DSC_0081.jpg

そういえば、ローストビーフ。
これもビュッフェにて。
あー!そういえばプライムリブ(ローストビーフ)専門店に行かなかった~涙
DSC_0109.jpg

これマクドナルドの朝マック。
日本でなじみの店に行って、日本に無いメニューを頼むってのも面白い。
これは細巻きブリトーだよ。まあ美味いモノではないw
DSC_0110.jpg

今回はダウンタウンも満喫。
こっちのカジノの方が客もディーラーも若くて面白いかも知れないなと思った。
だらだらと長く遊べそうだし。
次回はダウンタウンの比率上げようかなと思います。
高級路線は飽きた…というか、みんな同じなんだもんw
DSC_0156.jpg

おしまい

続いてロス観光もお送りしたいな

【2015/01/12 21:02】 | ラスベガス
|
以前体験したことがあるのですが、楽しかったので再挑戦!

これは日本人ガイドがシューティングレンジまで連れて行ってくれて、
手取り足取り教えてくれるツアーに参加しています。
ツアーといっても我々だけですが。

色々とルールを説明されてからレンジに入り、5種類のハンドガンとライフルを撃たせて貰います。

22口径のS&Wに始まり
SW_CatList_Rimfire.jpg

38口径レボルバーS&W
38mod64-3-027944.jpg

9㎜ベレッタ
この辺りまで音もそこそこで反動もそんなに大きくありません。
title.jpg

ダーティーハリーの44マグナム
この辺りから音はすごいし、反動も結構強くなってきます。
個人的にはこれが一番好きで、もっと撃ちたいと思いました。
初めての時は、これが怖くてもう撃ちたくないと思いましたが(笑
今回はこの先にデザートイーグルがあったのでね…
A746_Z1.jpg

さて、真打ちのデザートイーグルです。
これはリボルバーではないんですが、反動がもの凄いです!
しっかり固定することを意識していないとブレッブレになります。
自分の場合はどうしてもトリガーを引く際にブレが出て、
ターゲットから少しずれてしまい、なかなか思ったところに当てることができませんでした…
Desert-Eagle-p1030134.jpg

あとゴルゴ13のライフルも撃ちましたが、まあ大したことないですw
照準が合わせにくかったかな。

シューティングレンジの様子
DSC_0131.jpg
小さい銃だとこれくらいは狙えます。
KL6A0121.jpg



参考までに44マグナムとデザートイーグルの動画をどうぞ。



これは送迎付きで200ドルくらい。
自分としては納得の価格かな。
本当は小さい銃はなしで大きいのだけ撃ちたいとは思いますが。

おしまい

【2015/01/11 14:02】 | ラスベガス
|
今回はホテルルクソールに宿泊しました。
完成当時はピラミッド型のホテル!ってんで話題になった名所ですよ。
今や完全に飽きられてますがw初めての人には十分なインパクトがあるし、
巨大な吹き抜けエリアも見応えあると思うよ。
何せ絵になるよね。
DSC_0091.jpg
上に写真は相当ワイドで撮っていまして、ホテルは巨大です。
本当のピラミッド(観たこと無いけど)くらいのサイズなのかな?w
使い勝手としては、パーキングが裏手にあって止めに行きやすいかな。ストリップ裏から入れるので。
全体的に老朽化(というほどじゃないけど)は感じますが、ボロいということでもない。
ピラミッドなのでエレベーターは四隅まで行かないといけないんですが、
どこの巨大ホテルでも客室まで歩く距離がある…ってのは共通かな。
24時間のマックほかレストランも沢山あります。
DSC_0085.jpg

ベッドルームはこんな感じ。ふつーw
KL6A0107.jpg

リビングルーム。
天井が斜めなので奥はデッドスペース的に広い。
それゆえ手前にテレビやテーブル、ソファが狭い感じで配置されてます。
ミニバーなしで空の冷蔵庫があるってのは有り難い。
Wi-Fiは一旦ブラウザで認証してから使う。
KL6A0118.jpg

斜めの窓に面したところにジャグジーがあるでよ。
部屋の乾燥防止にも一役買います。
KL6A0114.jpg

ルクソールはストリップ通りの端にあるのですが、エクスカリバーまでモノレールがあって、
さらにMGMまで行ってしまえば長いモノレールがあるし
車で裏通り経由で他のホテルに行けるのでさほど不便は感じません。
価格はMライフ系列では最もリーズナブルで、ピラミッドのツインスイートでも150ドル程度。
スイート使っても一切扱いが丁寧にならないですがw

カジノは1ドルミニマムからあって初心者でも楽しめますね。
価格的にも若い世代が多く、雰囲気はカジュアルで過ごしやすいです。
高級ホテルもいいのですが、リーズナブルなホテルのスイートを選ぶってのもありかなと思いますよ。

他のホテルも写真撮ったモノを…

エクスカリバーもリーズナブル。
DSC_0092.jpg
ニューヨークニューヨークも外観面白いです。
中は、まあ普通かなw
DSC_0093.jpg
MGMはとにかく広い。高級レストランも沢山あって、ホテル内ですべて完結させるならここかな。
IMG_0269.jpg
トレジャーアイランド。無料のショーがなくなって少しリーズナブルになってるみたい。
DSC_0107.jpg
ウインとアンコール。
何の変哲も無い箱ですが、ロビーなどは趣向を凝らしていたり、周辺の庭園も凝ってる。
高級路線で無難なのがここかな。ビュッフェも美味しい。
DSC_0102.jpg

そういえばベラージオの噴水ショー観なかったな…


【2015/01/11 11:23】 | ラスベガス
|
フラミンゴの横がモールみたいになって、その突き当たりに世界一大きい観覧車「ハイローラー」が出来たんです!
デカすぎで全景が撮れないがなw
IMG_0214.jpg

部屋はこんな感じで…
価格はいくらだったかな?観覧車にしては高額でしたw
IMG_0224.jpg

中は広いんです。最近のってカップルで乗るとかいう規模じゃ無くて団体用になってるよね。
結構長いこと乗ってるのでトイレは済ませておきましょうw
DSC_0120.jpg

中には電光掲示板で情報が。アナウンスというかMCがずっと何か言ってます。
乗り込むとテンション高めなので、最初に写真パシャパシャ撮っちゃうんですが、
ゆっくり回っているので、トップ近くまで待って視界がよくなってから撮る方がいいでしょう。
IMG_0226.jpg

マンダレイベイまで見渡せるようになります。
ビューは色々撮りましたが、ネタバレというか、景色は乗って楽しみましょうということでw
IMG_0244.jpg

これでベガスの展望スポットは、ストラトスフィア、エッフェル塔、ハイローラーと3つになりましたね。
未体験の人はぜひ乗るべき。
この後、夜にストラトスに登り、アトラクションに…と思ってチケットも買ったのですが、
登ってみたら強風でアトラクション中止!(゜◇゜)ガーン



【2015/01/11 11:00】 | ラスベガス
|