日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
テレビに続いて、カメラどーすんだ問題です(笑

カメラは、別に4Kでもないし、買い換えの必要はないっちゃーないんです。
ですが、ですよw
物欲なのかな…これは。
いや、いい作品を撮りたいという、意欲ではないでしょうか?w

現在使っているのがキャノンの60Dで、2モデル落ち。
「つかえねー!」ってポイントは全然ないんですが、
無い物ねだりってのは出てくるモノで…

●まず高感度でのノイズを減らしたい。
実質ISO400までってのは室内で厳しい。
手ぶれ補正でシャッタースピードはイケるとしても、
撮ったところでノイズが酷い…。
また、日陰になった部分の色が悪いなど。
これも今や1200とか2400常用ってレベルじゃないんでね。
5400とか12800が常用ってところまで技術は来ているので、
あまりにも羨ましすぎるというか(笑

●ピントの正確さと速さ。
縦位置でポートレートを撮るのがメインなので、
右側のピントが正確に取れるようにしたい。
60Dくらいの入門機だと真ん中以外のピントが非常に甘い&遅い。

ストロボを駆使すれば明かりは足りるんだろうし、
ピントは合わないワケじゃない。
でも、確率を上げたい。
たったこれだけのことなんですけどね…

で、こっからどうすっかっていうと、上位機種への乗り換えということになってきます。
60Dを5万円台という破格wで手に入れたので、もう同価格帯ではキスデジしか買えません。
60Dだと、そのまま80Dに移行という道もあるんですが、
80Dが10万円、7D2が11万円という辺りなので、どうしたって7D2になってくる。
キスデジみたいにペンタ廃止版も軽量で魅力的ですが、だったらミラーレスでもいいんじゃないかと。
で、後述する「ノイズまみれのキャノンである必要もない」ってことで却下かな。

キャノン80D

16年3月の発売時14万で現在9万だから、寝落ちはそこそこ。

キャノン7Dマーク2

14年10月発売時20万で現在11万なので、ほぼ半値。
それでいて65点クロスは、未だに後発のモデルより上。
マーク3が出るのも近いでしょうけど、そんなのは気にしないw

で、7D2で固まってきたところに、きら星のごとく現れたのがMC-11です(笑
というか、SONYのミラーレスいいなあと思っていたところに、かな?

SONYはセンサーの性能がとにかく良くて、真っ暗でも撮れるってくらいw
でも、キャノンからソニーに乗り換えると、レンズもごっそり変えなくてはならない。
キャノンなら、買い増しすれば本体の予備が出来るんだけど、SONYだとそうもいかない。

でも、このMC-11があれば、キャノン用シグマレンズはもちろん、
キャノン純正やキャノン用サードパーティー製レンズも使えちゃうという、
神のようなマウントなのです…

今のところファームウェアにより、使えた使えないなど色々あるみたいなんですが…。

これを使えば、
SONYのミラーレスを買い増しして、
現在使ってるレンズをそのまま活かせる。

するとこの辺りがターゲットになってきます。
(一応APS縛り)

α6500


α6300


10万円超で、色んな選択肢が出てきました。
MC-11&キャノン純正レンズの動作がどうなるか次第ではあるんですが、
心はSONYに揺れています。

これは、もう少し様子見かな…


スポンサーサイト

【2017/10/10 18:31】 | カメラ
|
最近はツイッターのTLを追った後で、
Instagramも追っています。

写真系で使っているのは、
フリッカー
インスタグラム
500PX
パシャデリック
こんなところかな。

あとは完全にストック場所または共有場所としてだけど
グーグル(PICASA)
アマゾン
ヤフー

500PXとパシャデリックは、良い写真の見せっこ場所なんだけどw
このレベルが高すぎて、正直引きました…
プロが写真売りたいって言っても、こうもレベルの高い写真が
巷にあふれていたら、そうそう売れないよな~と思った次第。
500PXは評価が厳しいというか、なかなか精度が高いので、
プロも、この写真どうかな?って評価したいときにアップしてる模様。
ここは写真を売ることも出来る。
オフィシャルのプリントは質がいまいちらしいけどw
パシャデリックは日本発で風景限定なので、敷居が低いかな…と思ったら、
全然そんなことなくて、世界中の風景写真が集まっていて、
コンテストでトップ取る写真なんて、ひえー!って感じ。
実力というか、その風景に出会う、見つける、そこまで行くだけでも
大変だろうという絵が沢山あります。

この2つを見ていると、写真というのは、
被写体があって撮るという段階は、
写真というモノの中でもパーセンテージをさほど占めておらず、
何を撮るかというアイデア、撮るに至る行程、
(ロケだったりモノを手に入れる事だったり、タイミングだったり、
シチュエーションだったり)の方が大きいのかなと。
そして、さらにデータの加工も比率がそこそこ大きい。

つまり、風景だとしたら、
そこに行けば似た写真(のベース)は誰でも撮れるだろうけど、
そこに行こうと思いついたことがセンスであって、自分にはなかったり。
また、その絵を撮ったら、こう加工しようというセンスでもあるんだなと。

当たり前なんだけど、デジタルの時代ですから、
被写体を前に、撮れてるか撮れてないか、というのが技術ではなくなりつつあり、
被写体に至るまで、と、撮ってから、が要求される時代
になったんですね。



じゃあ素人が写真で遊ぶにはどうしたらいいのよ?
っていうのがフリッカーなのかな。
スマホで撮った今!みたいな写真から、
スタジオで頑張ったよ!ってな写真まで。
いいねボタンみたいなのもあって、タグもわかりやすい。
スナップ写真も多くて、
何だろ何気ない日常を普通に撮った絵がアートしてるんだ、みたいなの。
ヘタウマじゃないんだけど、
写真としては下手(というか上手くはないというか格好つけてない)w
タイミングや被写体がいい、ってのが比較的多い。
もちろん、普通の観光写真とかもあって、気張ってない。
1T無料だから適当にストックしてるだけって人も居るしね。
ほとんど日本語対応してないのがネックだけど。
(意外や500PXは全部じゃないけど日本語対応してるんだよ)



インスタグラムは写真をアップするSNSだけど、
文字を書いた紙(絵)を上げればツイッター的にもなるし、
タグやキャプションで何かを伝えることもできる。
綺麗な絵を上げるには小さいし正方形って制約もあるので、
純粋な写真批評SNSじゃないところが面白い。
自分のマイブームはロシアのアカウントフォロー(笑
自撮りとか、町の風景とかなかなか見られないから。
あとツイッターでロシアのアカウントフォローしても
文字が読めないので、意味がわからないでしょ?
でも写真ならなんとなく分かるんだよね。
あとはファッション系かな。参考になる絵が沢山。
そして木村文乃の料理写真に圧倒されてる。
手料理を作るまででも、中々のもんだと思うんだけれど、
それを人様に見せられるような食器に盛りつけて、
写真にするというのは、結構な手間暇でもあり、
センスも要求される。
これを毎日淡々とこなされるとですね、
食べても居ないのに胃袋を掴まれたような気分(笑
女子力を感じてるのかな…惚れるよね。

そしてインスタグラムおばさんの件、と言われるように、
インスタはもう今から始めよう!てもん(時期)でもなくて、
終わりかけているから、年寄り含め一般人が入ってきてる段階。
自分流の楽しみ方を見つけて工夫する必要があるかもね。
ツイッターほど拡散能力もないから、
フォロワーを増やすのも簡単ではない。
使い方は色々だけど、旬は過ぎ、ワクワク感は衰えてるかな…。



ってんでオチはないけど、おしまい




【2016/02/12 03:42】 | カメラ
|
寒くなってきた~
風邪気味で背筋がぞくぞくしてるのか、
気温が低いから寒いだけなのか分からない。
そんなはりぼーです。


さて、ちょっとだけ久々のカメラねた。
フォーカシングスクリーンというのがありまして。
一眼レフの場合、ファインダーを覗いて構図を決めるんだけれど、
そのファインダーの中に、方眼紙みたいに線を敷いて、
縦横の傾きを意識させようってのがあるんですわ。
APS用だと小さいねえ、やっぱり。



2000円しないくらいなので、試してみるといいよ。
取付の時にちょっと戸惑ったけど、何とかなったw

実際に撮影してみると、案外と方眼が気にならないw
本当に細い線なので、絵の邪魔をする感じはないですね。
自分はポートレートメインなので、
あえて画角斜めにしたりもします。
そういうときは全く意味が無いんですが、邪魔でもない。
だけど、窓際にモデルが立っているときなんかは、
この方眼を参考に垂直を正したりしています。

これは風景写真、特に建物とかを入れる場合に役立ちます。
対象物が画角に入っているか、に気を取られすぎて、
傾きに気を配れないときって結構あるんですよ。
それも、ほんの少しなんだけれど、PCモニターで見ると気になる。
そういう水平垂直を意識させてくれるのが、方眼のフォーカシングスクリーンです。

m.jpg

コスパの高いカスタムだったかな。


おしまい


【2015/12/24 01:48】 | カメラ
|
最近、ホームオフィスに籠もりっきり。
風邪を引きかけて…治りかけて…引きかけて…って感じなので、
ジムやバドミントンも休んでしまって、
人恋しい、そんな気持のはりぼ~です。

さて、カメラですよw
こないだ、チーム8の写真を撮って、
凄く楽しかったなあ…しみじみw

狙って、ピント合わせて、
シャッターチャンスを伺って、
シャッターを切って…

PCで上がりを見たら、全然ダメやん!
(゜◇゜)ガーン!みたいなw

一眼レフってのは、一旦持ち出したら、
それはそれは楽しいモノなんですよ。
セッティングも自在ですから、
自分で思った通りに試せば良い。
教科書通り?ちゃうちゃう!
オレはこうやりたいんじゃー!ってんでもいいしw

こうやって楽しんでいると、
やはり沸いてくるのが欲ですよ。
108つの煩悩のひとつですかね(笑
良い写真が欲しいという欲。

ひとつは、テクニックというかセッティングや
取り方が上達したいということだよね。
努力次第というか経験を積めば…ということ。

そして、もうひとつ、それはいい機材を使うということ。
いい機材に替えるだけで絵が綺麗になったり、
綺麗な絵が撮りやすかったりするわけですよ。
ようは、物欲ですねw


この物欲をどう満たすか…
というか、どうしたら理想型なのか?
なんていう事は始終考えていまして。
いわゆる妄想ってやつですね。

レンズに関しては、今のところほぼ理想のラインアップになってるので、
本体をどうするかということがメイン。
今のところ、15万円を切ってきた7DⅡが狙い。
APSの最上級機種を使うことで、
●ピントが速く正確になる
●高感度が強くなってシャッタースピードが稼げる
●同じく暗いところでの画質が格段に上がる
などの向上が見込める。
ただ、今の60Dが6万円だったのに、3倍近い価格出して、
絵が3倍綺麗になるかと言われると、そうでもないと思うw
物欲を満たすって部分が大きいんだよね。
あとは、60Dを手放すとしたら、値段が付くウチがいい。
(本体は古いと、まあ使い物にならんのだけれど、
これは父親に最後に買って貰ったものなんだ…
いい年になって、もうモノを買って貰うなんてなかったのに、
急に「買ってやるよ」なんて言ってきてね。
だからちょっと手放しにくい)

それは置いておいて、
ピントに関しては、シグマのF1.4 を使っていると、
開放付近での被写界深度が極端に浅くて、
狙った位置を逃すことがあるので、
ここはマシンの性能に頼りたいというのがある。

そしてスタジオによってはライティングが酷くて、
暗いところしかない…なんてこともある。
暗かったら暗いで、そういう雰囲気の写真も
ありなんだけれど、60Dだとノイズが乗るので、
あまり感度を上げられなくて、シャッターS稼げない
だからブレる…みたいな。
そういう問題もあって、向上させたい気持はあるんです。

自分としても、60Dを使い切ってるとは言わないけれど、
不満が出てくるレベルまで使い倒してるってことなのかな。
このカメラに関しては価格分ペイしてる自信があるね。

ってんで、自分は今のところAPSで行こうと。
だから7DⅡじゃないかと思っているんです。


仮にフルサイズで最上の絵を求めようということになると、
焦点距離の問題もあってね。300㎜が必要になってくるし…。
本体が1DXで55万円と、とんでもないことになってくるんですわ。
もちろんプロ向け機種なんだけど、上があると欲しくなるでしょ。
だから、はりぼ~はAPSで行こうと、言い聞かせてるんですw



ってんで、オチも何も無いけど、おしまい!





【2015/12/12 03:10】 | カメラ
|
寒くなってくると、寝てる間に喉がカラカラになって、
どこかのタイミングで風邪引いちゃうんですよね…
加湿器やら加湿暖房エアコンやら色々使ってるんだけど、
これは何なんだろう?

さて、カメラ好き、撮影好きのはりぼ~ですが、
大手アイドルグループなんかは撮影禁止。
最近は米国で歌手のライブは撮影OKだったりするみたいだけど。
確かに、ノリノリで楽しんで欲しいってのはあると思う。
みんながスマホを掲げてる風景はちょっと興ざめ。
でも、いつまでも思い出したいから、撮影したいし、
アーティストも拡散して、魅力を伝えて欲しいというのもあるはず。
今後、撮影OKってのは広まるのかも知れないね。

で、AKB48グループは基本的に撮影出来ませんが、
トヨタがスポンサードしてるチーム8だけは撮影OKなんです。
劇場ライブは撮影OKの曲があるのかな?
ほんで、屋外ライブやイベントは基本的に撮影自由なんです。

とはいえですね、劇場公演はそうそう当たりませんし、
イベントはトヨタがサーキットなどでやるので、遠い。
なかなか機会がなかったんですが、
今回、横浜県庁舎でイベント中にライブやる!ってんで、
突入してきました!

10:30のイベントで9時締切で抽選。
600人近くが行列してまして…当選は150人とのこと。
一番新しくてマイナーなチーム8ですらこれか…と。
当たる気がしなかったけど、87番をゲット!
オールスタンディングなのですが、人垣3列目くらいかな。
自分は30分くらい待ったかな。
(2~3時間待つ人も居るんだけど、これは場外最前を確保するため…
この先は難しいからまた次の機会にw)

IMG_6501.jpg

IMG_6582.jpg

こんな感じで小栗有以ちゃんが撮れました!
でも、かなり撮るのが難しかったですわ。
フレーミングとか露出なんかは、普段撮影し慣れててよかった…と思ったけど、
動きが激しいのでピントを合わせるタイミングが難しい。
それと、最前ではないので前の人の後頭部などが入るwww

IMG_6204_20151206150317799.jpg
こーなっちゃうのよね。
このキメポーズ欲しかったんだけれどw
みんな欲しがるから、スマホとか上に掲げちゃう人が居る。

場慣れしたので、次はもっと良いのが
高確率で撮れるかな…。

現場は撮影しない人が6割、撮影組が4割くらいのイメージかな。
撮影組も大半はコンデジや入門レンズという感じ。
撮影するぞ!って本格派やごく少数でした。
その方がちょっと気が楽なんだけど、
一方で、後方の人のことを気遣えずに
動いたりカメラを上方に構えちゃう人が居たりするんだけど。

今回、横浜の市街地でアクセス良かったので、
抽選厳しかったみたいだけれど、
富士スピードウェイくらいだったら遠征してみようかな。
チーム8のイベントは無料なので、
交通費かけてもOKってところあるのよね。

機材ネタをひとつだけ。
望遠買うなら、この一本!

この70-200はF4もあるけど、絶対にコレを買ってください。
旧モデルもあるけど、絶対にコレを買ってください。
後悔はさせません!
300㎜欲しかったら、300㎜買うんじゃ無くてこれにテレコン付けてください。
このレンズは神です。

IMG_6397.jpg




ってんで、無料で結構楽しめたイベントでした!

おしまい

【2015/12/06 15:07】 | カメラ
|
ここんところ、どうにも睡眠が浅いのか、すっきりしない。
肩が凝る…なんなんでしょ。


こんにちは、はりぼ~です!(^^)/


ここのところ、カメラについて考えていました。
旅先での写真をもっと撮りたい、撮っておきたい…と。

撮ればいいじゃん!カメラ持ってるじゃん!
と言うことなんですがね…。
一眼レフを旅に持って行ってたのですが、
これがまた、案外とバッグから出てこないんですわ。
さっと出して、さっと撮る、そういう感じじゃないんでね。
友達なんかと町歩きしてるときに「ちょっと待って」
と言って、撮るなんてたいそうな事じゃないですか。
だったら、まいっか。もしくはスマホで押さえるか…と。

もちろん旅に持って行くには重いですし、場所も取る。
そして、扱いも慎重にしなくてはならないし、
盗難にも気を付けなくてはならない。
…というデメリットが出てくるわけです。

一方のスマホは、携帯することや重さ場所は気になりません。
簡単起動で、サッと撮れます。
が、絵はね、いくらスマホのカメラが良くなったと言っても、
限られた絵しか撮れないんですよね。

ってんで、コンデジをもう一度試してみようかと。
一時期はね、ガラケーのカメラコンデジ一眼
という位置づけでしたから、コンデジの存在感って大きかった。
今はスマホのカメラに完全に駆逐された形だよね。


で、物欲満たしも兼ねたいということで、
キングオブデジカメ GRデジタルを。
DSC_1310.jpg

GRデジタルの最終版であるⅣ、しかも限定の白w 
単焦点なので、どうかな…というところありますが、
レンズ性能がよくなかったら、所詮スマホカメラでしょ!
ってんで、こちらをゲットした次第。
スマホは基本的に絞り切った絵オンリーなので、
こちらでは絞り開放のボケボケ写真を狙ってます。

届いたばかりで、今はセッティングと周辺を整えてるところ。
予備バッテリー、SDカード、Wi-Fiで飛ばせるSDカードも挑戦予定。


…で、いい絵が撮れなかったら、売り飛ばします!笑


おしまい


【2015/11/16 14:35】 | カメラ
|


はりぼー
雪山で一眼って難しいもんねえ。
サイズや重量、そしてグローブ外さないとならない…などなど。
コンデジが活躍しそう!

シチュエーションによってはコンデジ、まだまだ使えるよね。



良ぱぱ
GRいいね~
Ricohのカメラは地味だけど、悪くはないと思うよ。
我が家も先日、WG-5を導入したよ。
この冬、雪山で活躍してもらう予定!

コメントを閉じる▲
最近、マンフロットの大型カメラバッグを買ったんだけれど、
そちらは、カメラ機材と宿泊用具も入れるためのバッグなので、
正直出番は少ないです。

撮影すると決めて日帰りで出るときは、
Amazonベーシックのバッグを多用してます。
それまでは、ショルダーバッグにハクバのインナーを入れていました。


本体&レンズをくっつけたまま運ぶなら、
これで十分…ではあるのですが、
レンズ2本、3本となると不足してくる。
さらに、重くなるとショルダーは肩が痛くなるので、
リュックタイプにしたかったんですよね。

で、まあ色々あるんですよデイバックタイプも。
メーカーからサイズから、用途から。
もう分からないので一番安いのを買って使って、
不平不満が出たら、買い直そうと思ったんです。

小さいデイパックみたいな感じ。
自分が買ったときは2400円!笑
まあ、失敗してもいいかなって価格でしょ?


上面がジッパーでパカッとフルに開くのがいい。
棚などに置いて、機材を選んだり出し入れしたりが
しやすいし、一目で内容が確認できる。
これで本体&縦グリップ、単焦点2本、
70-200、ストロボ、小物、
これくらいは余裕で入ってしまう。
A4サイズのPCなども用意されている。
横にペットボトル刺したいとか、
ポケットが沢山あるとか、
気の利いた機能はありませんが、
案外とこれで足りちゃうな…という感じ。
専門メーカーの製品は、リュックを降ろさずに、
カメラを出し入れしやすいって売りの製品が多い。
山や川で、動物を見つけたらサッとカメラ出したい、
なんて人にはそちらがいいのかも。
自分みたいに、どっこいしょと腰を据えて、
ゆっくりカメラの準備して…という感じならコレだと思う。

今は3500円くらいになっちゃいましたが、
それでもカメラメーカーや、
カメラグッズメーカー様の製品より、かなり安い。
このバッグに一式入れて保存するというのもあり。
お試しで買って、後悔しない商品だと思いますよ。




おしまい



【2015/08/27 13:43】 | カメラ
|
さて、久々に撮影会に参加してきましたよと。

個々に撮影して、自分の立ち位置が変更できるのであれば、
もうシグマの35㎜一本でいいんじゃないかなと思い始めています。
距離が離れているとか、条件が限られないのであれば、十分ですね。

そして、ここにきてレンズの魅力というか、使い方も考え始めました。

このシグマの35㎜F1.4というのは非常に明るくて、
ファインダーを覗いていても、被写体の様子がよく分かります。
絞り開放から、カチッと来るので、ボケも綺麗。
とはいってもF2.8くらい絞らないとピンが来づらいけど…。
被写界深度が浅いと、目で見た感じとは違い、
いかにも写真!って感じだし、
高性能レンズならではの絵だとは思うんですが…。

こちらの写真ですと、目にピンがカッチリ来てるんです。
これで十分なのですが、みなさんご注目の谷間は
「ボケちゃってるやんか!」と言われるんですわw
まあ、確かに顔が手前にありますので、
胸はボケちゃうんですよね、これでF2.8 です。
後ろの壁もボケてますよね。
IMG_7960.jpg

で、こちらがF5.6まで絞ってる絵。
浴衣の柄がボケずに綺麗に描写されています。
ポートレートだけど、
これくらいでもいいのかな…と思い始めてます。
幸いにもグリーンが離れていたのでボケてますし。
樹の肌はもちっとボカしたいところですけど。
次回はF3~F4.5 あたりでも試したいなと思います。
IMG_7703.jpg

この辺の微妙なボケ加減なんかは、
カメラの液晶だとイマイチ分かりにくくて、
帰ってきてPCモニターで見て初めて気づく。
勉強になりますね。

そして、ぼちぼち画像処理の方も勉強し始めてます。
現場で撮っていて、暗かったり、色味が変だったり…というのがあるので、
これらもワンタッチで直せるってんで、
ちょーっと頼ろうかなと思ってる次第。
こちらも追ってレポートします!


おしまい








【2015/08/25 18:37】 | カメラ
|
話題のw シグマの35㎜。
何でもかんでもカッチリ撮れる。
にじみやボケがない、という見たまんまの絵が出てくるレンズ。
もちろん、ピンが来てるところの話で、背景のボケ具合もステキ。


で、下のバストアップから、目を切り出して拡大すると、こんな感じ。
睫毛の一本一本がはっきり描写されて、カラーコンタクトの柄も見える。
目の下の細かなシワの感じも出てる。
瞳でピンを取っているんだけど、睫毛の先はもうボケ始めてるから、
被写界深度は非常に浅くて、それでいてカッチリしてる。
IMG_6662.jpg
IMG_66621.jpg

等倍以上に拡大しても、画素数的にモザイクになる手前まで、綺麗に全て描写されています。
コンタクトレンズによっては、フチに印刷された文字が読めたりしますよ。
まあ、そこまで描写したから何だって話なんですけどね、
スペックオタクってことでしょうw
一般的にポートレートはソフトフォーカスだったり、
ふんわりと仕上げた方が可愛らしく、綺麗に見えるって言われてるけどね。

このレンズはF1.4からカチッと撮れるっていうのが特徴なんだけど、
やっぱり被写界深度が浅いもんで、目以外はふわっとなる。
F2.8 がやっぱりベストなのかな…なんて思っていますが、
せっかく1.4からカチッとなので、ここを追求したいと考えています。



おしまい


追記を閉じる▲

【2015/06/30 13:14】 | カメラ
|
神レンズと呼ばれるシグマの35をラインアップに加えてしまいました…
これは遅かれ早かれ手に入れなくてはならないだろうし、
自分の手持ちに35㎜近辺はなかったのでベストバイかなと。
ヤフオクを辛抱強く監視していて、ようやく出てきた一本をゲット。


スタジオでの撮影などはコレ一本で行けちゃうかも。
このレンズの性能については、過去に散々書いたんで省略。
今月、来月と撮影の機会が増えるので、
その前にと思いまして…
このレンズも、やっと最近になって価格が動くようになって、
価格ドットコムでも相場が上下してたんだけど、
むしろ値上がりしちゃってw
で、良いレンズってのは誰も手放さないから中古が出ない…
ヤフオクを辛抱強く見張って、一月1本とか、それも新品と同じ価格だったり。
ってんで、今回は珍しく安く落とせそうだったんで、
思い切ってゲットしました。



一眼レフのレンズってのは「沼」と言われています(笑
ズブズブはまって抜けられないって意味ですね。
一眼レフってのは、
セット売りのズームレンズを最初に使うと思うんだけれど、
ちょっと写真に慣れたくらいで、
別売りのちょっと高いズームとか、
単焦点とか買ってみると、
絵が全然違うことに驚くんです!
コンデジ→一眼レフで驚いたのに、
今度はレンズでも違うのか!?と驚くw
え?このレンズでこれだけ違うってことは…
こっちのレンズだと…え?え?どーなっちゃうの?
もっと欲しい、もっと欲しい…
と求め続けて、果てしない沼の底へ沈んでいくという(笑

自分はそんなに遠回りせずに、底に着けたのかな…と。
セットズーム

ワイドレンジズーム

ワイドレンジズームのブレンビー付き

単焦点安いの

単焦点ミドルクラス

ズームハイクラス

単焦点ハイクラス
という、近道wを通ってきました。
これでも遠回りじゃないんかいっ!って突っ込まれそうwww
ズームはF4辺りのミドルクラスを飛ばしてきたし、
単焦点も古い純正とか飛ばしてきました。

デジタルになって感度が上がってきたので、
手ぶれの心配がないからブレンビー無しでも…とか、
感度で稼ぐから明るさは…とか、
重くなるから軽いF4で…とか、
そういう、自分を無理に納得させるための言い訳をしませんでしたw
一番性能が高いモノを、重くても高くても買ってしまう。
これが一番の近道ですわ。
重くて明るいレンズを使い始めると、
もう、軽くて暗い方向へは行きませんし、行けません。
でも、真ん中くらいの軽くもなく明るくもないレンズだと、
自分で理由付けしたにもかかわらず、
やはり不満が募ってきて、ステップアップしてしまうんですよ。
そういうもの(笑

自分はクルマのチューニングでもそういったステップアップを見て来ました。
280馬力から350馬力、450馬力、そして600馬力と。
パワーなんて、これくらいあれば十分、どこで必要?
なんて思っていても、すぐに飽きて「もっと!もっと!」となるのです。
それが人間なんです。
小さくステップアップしていたら、それに伴い
周辺パーツも交換の必要が出てくるし、
その度に工賃も掛かる。
280から一気に600馬力に行けばいいんですよ。
びびっちゃいけない。

レンズの場合は、撮るモノやジャンルで必要なものが限られますので、
ここは絶対!という焦点距離は一番明るいものを最初にゲットすべきです。
大三元とか小三元と呼ばれるレンズを、
コレクションのように揃えるのは馬鹿だと思いますがw
使う領域のレンズは買って後悔しません。
また、ズームレンズからワンランク上の絵が欲しくなったら、
絶対に単焦点へ。
明るいズームもいいんですが、
ハイクラスのズームでもミドルクラスの単焦点には適いません。
ズーム出来ないことなんて吹っ飛ぶくらい綺麗な絵が撮れます。
キャノンの旧モデルの50㎜F1.8 、これを買うだけでOKです。
ヤフオクで5000円ですw 世界変わります。
沼にハマりますwww

自分が沼で「もがいた」のは、唯一24-70㎜F2.8。
このレンジを一番使うんですが、F1.4、F1.8 辺りの単焦点に適わない。
ズームだし暗いんだから当たり前なんだけど、
このズームをなかなか見切れなかった理由が、
キャノンの70-200㎜F2.8 の2。
このズームだけ、単焦点並の描写力を持っているんです。
だから他のズームも使い方次第で…と思ってしまったんですね。
でも、ズームは単焦点と比べて明らかにワンランク、
もしくはそれ以上に下の絵しか撮れません。
自分は色々試して、やっと気づいて
24-70㎜ズームを35と50の単焦点に置き換えようと思い切ったワケです。

ほんで、レンズを買ったら保護フィルターも必要やね。


写真撮るときは外したって構わないんです。
持ち運んだり、取付取り外しの際には付けて置いた方がいいと思います。

追って、作例もレポートしますね~


おしまい



追記
レンズが届きました。
中古だったんですが1年保証内。
どうして手放したのか…気にはなりますが聞きませんでした。
どうしたって理由はネガティブなことだろうし。
で、レンズの状態は非常によくて新品と同じ。
ただ、外装にカスタムが施されていました。
ロゴや文字をすべて黒い反射防止テープで覆っています。
物撮りとかする人が、被写体にカメラの反射した光が飛ぶのを嫌って
つや消しにすることがよくあります。
そういった理由だったのでしょうか。テープが綺麗に文字サイズに切り取ってあり、
それを丁寧に貼ってあるので、几帳面な人だな…と思いました。
そんな、前オーナーへの思いをはせたりw



【2015/05/16 13:40】 | カメラ
|
レンズの特性がやっとわかってきたかな(笑

F1.4クラスのレンズは室内で暗くても当たりがでる。
F2,8のタムロン28-70は悪くないけど、当たりが減る領域(明るさ)がF1.4と比べると大分手前。
ということなんだなw

16874814626_5059d1c120_z.jpg

24-70がダメだダメだと思っていたんだけれど、明るければ当たりは出るし、ストロボも上手く使えばそれを補える。
それどころか18-270だって光があれば当たるし、屋外なら問題ないこともある。
とはいえ室内で動くものを撮るのであればF1.4クラスの単焦点の方が、当たりやすいしキレが抜群にいい。

単焦点をポートレートで使う場合は、明るさでシャッタースピードを稼ぐという意味合いもありますが、
絵がカチッとして綺麗であることと、開放(に近いところ)からカチッとすること、
さらに開放近くでのボケが強く、ピンを強調することが出来るという魅力がありますね。

この写真はシグマの35㎜F1.4 アートラインを借りて撮ったモノ。
キャノンの60Dでも十分カチッと綺麗な絵が撮れるんですねえw

24-70がダメレンズなのかな…と思いかけていたんですが、
確かに単焦点と18-270みたいなオールマイティの中間にはありますし、
ズームで便利だし手ぶれ補正機能もあるしで、この程度の絵で十分だなと
思い直してきました。

シグマの35借りたらすごくよかったな…思ったよりサイズも大きくないし軽かった。
そして何よりカチッとしたピンとボケ具合の差が大きくていい。
買うしかないか…?w


おしまい

【2015/03/31 12:48】 | カメラ
|
絵がカチッと来る…という喜びw
これを求めて、ひたすら撮影を続けています。
こんばんは、はりぼ~です。

ちょっと目のアップで怖いんですがw クリックで拡大すると思いますのでよく見てください。
顔全体を撮った写真から目を切り出しています。
原寸より大きく拡大しているんですが、カラーコンタクトの網目が見えるかと思います。
もちろん睫毛の一本一本、目の毛細血管までクッキリです。
自分はピンが合った箇所がこういう風に正確無比に、目で見た以上に解像して欲しいんです。
IMG_0695.jpg

もはや、こういった要求ってのは絵としての写真以上のものであって、
スペックヲタクの自己満足に過ぎません。
でも、もっともっとと写真のクオリティを求めていった結果、そういうところに辿り着いてしまうのです(笑
これは写真沼なのか、レンズ沼なのか。

んで試行錯誤していて、色々と気づいてきたんです。
同じレンズでも、カチッと来るときと来ないときがあるな。
明るいレンズの方が「当たる」確率が高いな。
屋外で撮ると、やっぱり綺麗だな。

そんなことから、色々と足りない頭で考えまして統合しましたところ…
光が多いことが一番大切な要素。
その次にレンズの性能なんだなということに気づきました。

絵が綺麗に上がらないと、自分の腕のせいではなくモノのせいにしたがります(笑
タムロンの18-270㎜を使っていたときは、暗いレンズだから、ワイドレンジのレンズだから、
絵がイマイチなんだと思い込もうとしていました。
でも、このオールマイティレンズとて、ピーカンの屋外で撮ればカチッとした絵が撮れないことないんですよ。
今、かつての写真を見てそんなことにも気づきましたよね。

スタジオでの絵がぼやっとしていて、おかしいな?と思い始めたのがきっかけ。
これはレンズのせいじゃないかと勘違いしていたんですよね。
自分は、暗いレンズ→明るいレンズ→ストロボと買い進めたんですが、
実はストロボを先にしていれば、レンズ選択も違っていたかも…

スタジオって常灯光があって、見た目には結構明るいんですが、
屋外と比べると全然光が少ないんですよね。
だから、カメラに取っては厳しい環境。
レンズを明るいのにしてやるか、ストロボで光を足してやる必要があるんですわ。
24-70㎜F2.8がイマイチ…と感じるのは、室内だから。屋外だと神レンズでもあるんです。
そのF2.8のレンズでもぼやっとしちゃうところを、F1.4とか1.8の単焦点レンズだとカチッと来たり。
だからF2.8のレンズでもストロボ当ててやれば、綺麗に撮れるんですよ。

タムロンの24-70㎜がイマイチ…と悩んでいたのは、
実はキャノンの70-200㎜に原因がありましてね。
この70-200㎜F2.8が、本当の神レンズでして、ズームでF2.8程度にもかかわらず、
F1.8程度の単焦点と同等の解像をしてしまうんです。
だから、タムロン24-70にもそれを求めてしまった、期待してしまったんです。
だけどそれは酷というもの。
そのレンジで光が少なくても高解像を求めるなら単焦点しかない。
ということなんですね。

スタジオでストロボなしで、撮り比べた際、解像度は
24-70<50㎜F1.4 <タム90F1.8
という感じでした。タムがホント凄い。
ほっそい筒なんですよタム。見た目がすごくダサいwだけど絵が綺麗!笑
暗い時用に、50周辺の単焦点が欲しいですね。
35㎜、70㎜あたり。

というんで、レンズに頼るより、もっと光を!ってんで、
単焦点も欲しいけど、さらに明るいストロボが欲しくなってきました。

果たして何を買ってしまうのか…?笑









【2015/02/24 05:20】 | カメラ
|
相も変わらず24-70㎜と格闘してます(笑

F2.8通しの大径レンズなのですが、どうにも思うような絵が撮れない。
ストロボ多用して、光を多く当ててやれば比較的いい絵が出るようになりました。

だがしかし!w
これとて同じ条件で50㎜F1.4 や90㎜F1.8で撮ると、もっと綺麗な絵が撮れちゃうんだよね…
単焦点というメリットやF値が明るいという点を考慮すると当然っちゃー当然なんだけど、
差がちょっと大きいかな…。

この通称タム90はマクロレンズで、花や昆虫なども撮れるレンズ。
非常に解像度が高く描写性に優れています。
すでに手ぶれ補正機能付きの新型も出ていますが、この旧型も根強い人気で生産し続けている模様。


これは50㎜の中では明るい方のF1.4 。
F1.8とさほど差はないけど…それでも明るくて、カチッとした絵が撮れます。




これも、70-200F2.8という神レンズが、
例えズームであっても綺麗な絵が撮れて当たり前…と思わせてしまったからなのでしょうねw
この70-200が単焦点と同等の解像度だったゆえ、24-70にも期待してしまったんですよ。

恐らく、この2本の単焦点より、ワンランク落ちる画質…というのが24-70の絵なんだと思います。
カチッとした絵を求めるならば、ズームレンズではなく単焦点で繋ぎなさいということですね。
フレーミングは自分が前後移動すると(笑

となるとですね、35㎜、50㎜、70㎜辺りの単焦点を揃えなきゃなんですわ。
24-70を思い切って売却するか…
35はシグマのアートライン、50はキャノンをそのまま使う、70近辺飛ばして、タムロン90で何とかなる?

そしてシグマの24-105がカチッとしてるとの悪魔の声も入ってきましたw
これもフレーミングの自由度が高くて魅力的なんだけどね…
ポートレートなら1本で全部こなしちゃう。

果たして何が正解なのか…






【2015/02/17 14:03】 | カメラ
|
北米と、北海道と旅してみたわけですが、色々と思うところがありまして。

それは旅の内容うんぬんではなく、ガジェットについて。
主にカメラと携帯(のカメラやSNS投稿)についてです。

カメラに関しては、キレイな景色はキレイに撮れる一眼で!というのは当たり前なのですが、
これが案外、撮らないんですわ。
カメラを出すのが面倒なのと、
カメラを出すと「撮る」ことになって「観光」ではなくなってしまうからです。
よく日本人は写真ばっかり撮ってるって言われます。
でも写真を後で見返すと、そのシーンが思い浮かんで、再びあの感動が蘇りますよね。
いいんじゃないかと思うんですが、一方で、ファインダー通してみてると、
現場で得られる感動が幾分スポイルされるのではないか、とも感じるんですね。
よーし、美味しそうな食事をいただきまー「あ!ちょっとまって、写真!」
となると、確かに感動が一時停止するような気がしませんか?

またカメラを持って、もしくは首から提げては出来ないことも多く、
何かを「する」か「写真を撮る」というモードが結構はっきり切り替わっちゃうんですよね。

…ということから、実際には旅では要所要所で写真は抑えたものの、
写真という観点から見ると、もっと撮っておけよ、もっとしっかり撮れよ、という事多々。

結局、旅ということであればコンデジが必要なのかもな…と
いよいよ自分の考えを改めなくてはならないのか…と思案している次第でありますよ。

これだったら、最少1眼のEOSキスにコンパクトズームの方が使い勝手良かったのか?
それとも、リコーのGR程度のコンパクトが良かったのか。ミラーレス&パンケーキなら手軽だったのか?
カメラ購入時に、あれだけ悩んで出した結果が覆され、その選択時の思いが再び再燃します。

さらに、旅先ではツイッターやフェイスブックに写真をアップして、動画配信もしよう!と
意気込んでいたにもかかわらず、ほとんどやらなかった…
これも、旅を楽しむには、ネットの先の人とかどーでもえーねん!自慢したってしゃーないw
みたいな気持になっちゃうんですよ。
それは、現場で気持が盛り上がって、純粋に旅を楽しめたという意味ではいいのですが、
せっかくの機能がな…と今となっては、もちっとやっておけば…という感じ。

一眼レフどころか、携帯の写真ですら大して撮っていないw
だけどイングレスはやったw
なんやねん!笑

次回に向けて考えているのは…
それでも一応一眼は持って行く。しかしレンズは小径でいい。
動画配信は誰も見てなくても積極的にやるw




例により落ちはなし!w







【2015/02/09 02:26】 | カメラ
|
タムロンのA007が返ってきました。
預けてから10日でした。

早速試写。前ピン傾向は治っているみたいです。
ストロボなしでこれくらい描写できれば十分なのですが、
これが全ショットだったらいいんですが、なかなか当たらないのよ…。
IMG_0136.jpg

前ピンは治っているが、描写自体がシャープになった感はなし。
当たりがイマイチ少ない感じですが、気持ち当たりが増えた………かな?w
この写真はストロボなしで、綺麗にピンが取れたと思います。
この絵が毎度撮れれば言うことないんですが
これがA007 の実力ってことなんですかね…。
タムロンは調整代が今回も7000円弱と安価なので、
中古で買って調整出して使うってのはリーズナブルなのではないでしょうか?
キャノンの同製品に替えたら絵がよくなるかというと、そうでもないようなので、
今後、この距離に関してはシグマのArt35㎜と50㎜を狙うという方向で行こうかな。


さて、話はレンズからストロボね。
購入したのはニッシンのi40。

こちらもキャノン純正ではありません。
純正とほぼ同価格で同性能なのに、なぜこれを買ったのか?
それはサイズですかね。2/3くらいのサイズ&重量で同価格ならこちらですよね。
カメラ機材って、まあ重いんですよ。少しでも軽くコンパクトにしたい。
あと、ストロボの首が長いと光源とレンズの中心が離れるので短いに越したことはないかな…と。
離れると影が出やすくなるのでね。
これがね、初期不良に当たりまして(笑。ま、すぐ新品送り返してくれたんでいいんですけどw
なかなかイイ仕事してくれてます。
やはりストロボ飛ばすと肌の質感なんかは断然よく出ますね。
天井バウンスで上々、直接当ててもてかりが少ないんでガンガン使えました。
こりゃあストロボなしじゃ撮れないな…。
IMG_9579.jpg
これは天井バウンスなので、髪に艶が出て顔も明るく出てるのかな。
前屈みなので胸元あたりは少し肌のトーンが落ちてるけど、影にはなってないかな。
見えにくいけど、グロスのリップなんかは光を当ててやらないとテッカテカにならないし。

ってんで、このレンズとストロボでもう少し色々撮ってみます。

おしまい


【2014/12/16 01:54】 | カメラ
|