日々思うことを徒然なるままに書き込みます。
20171015102946.jpg

アマゾンプライムで無料になってたのでw
例により、ネタバレのみでインプレです。



ストーリーの前に、道警の話なので、道産子的に北海道の
懐かしい景色が見られるかな…という期待もありましたが、
ほとんど北海道でロケしてないんですってw
すすき野周辺が近代化しちゃったんで、別の田舎町を使ったそうな。

新人の綾野剛が、警察っちゅーのはこういうもんだ!とする
先輩達の中で揉まれ、頑張った結果、組織犯罪にもどっぷり浸かり、
最後は全部ひとりでやったことにされて、刑務所にぶっ込まれた…という話。

実話を元にしており、実際に綾野剛演じた若手一人が逮捕された以外は、
1人が自殺しただけで、誰も逮捕されずに現在に至るんだそうな。

で、道警がどういった組織犯罪をしたかというと…
令状がないのに家に踏み込んで捜査をする。
映画のワンシーンではシャブが出てきた。
銃器を没収して点数を稼ぎたいので、
ロシアへクルマを輸出してる業者にかけあって輸入させる。
ヤクザから銃を現金で買う。
犯人が居ないと点数が低いので、2年刑務する犯人役も調達する。

ノルマを稼ぐために、チャカが欲しいけど、銃犯罪なんて起きない。
だからねつ造するってこと。
まあ、銃を買っちゃってるんだけど、まあ世間から銃が減るんだから、
さほど悪いってことでもないかな…って気はしたw
それに伴って、盗難車や他のものの密輸もお目こぼししていたのだけれど、
まあ、飴と鞭って感じで当たり前じゃないかな。

そのうちチャカがどこからも出てこなくなって、相場が上がり、
ロシアから買うにも金が足りなくなる。
で、シャブを入れて、裁くことで金を稼ぐ→チャカを買うというサイクルに。
何だか本末転倒というか、だったら仕事でノルマこなせなくて、
怒られ続けてもいいから、裏金だけはガンガン稼ぐってんでいい気がするんだけど、
それでもシャブをチャカという鉄くずに変換し続けるんだよね…w

最終的に、香港から大量のシャブを密輸させる計画が立ち上がる。
それを税関と組んで見逃す。
そのルートが安全と確認できたところで、
銃を200丁密輸させ、そこをパクるという壮大なねつ造犯罪計画。

そこで問題が起きて、シャブの運び屋が逃亡。
ヤクザに渡すブツがない、保障する金が無い。

にっちもさっちもいかなくなって、
綾野剛は扱ってるシャブに手を出してしまう。
さらには夕張の生活安全課に飛ばされる。

シャブがなくなって、焦げ付いたことから、
道警が追い詰められて、組織犯罪がばれそうになる。
そこで、シャブ中になってる綾野剛を逮捕して、
全部彼がやったことにして、刑務所に叩き込む。
名前が出た一人は自殺したものの、他は逮捕されていない。

ヤクザとずぶずぶの関係になり、金やチャカやシャブを見逃した。
能動的にロシアからチャカを買い付け、業者の悪行を見逃す。
大量のシャブを見逃し、市中に流通させてしまった。
綾野にいたっては自らシャブを使ってしまう。

上記は悪いっちゃー悪いんだけれど、
人を殺したわけじゃないし、
一番悪いっていうほどかな…と。
幼女にいたずらした警官とか、
白バイのミスをもみ消してバスの運転手に罪をなすりつけたとか、
そういう警官だって沢山いる。
日本で一番悪い…っていうハードルが高すぎて、それを超えてこなかった感じっすかね。


とはいえ、テンポ良く引き込まれました。
一見の価値はあると思います。


おしまい


スポンサーサイト

【2018/06/18 14:07】 | 映画
|
ロボットヒーローもの、パシフィックリムの、遅すぎるくらいの第二弾!
例により、ネタバレのみでインプレです。
img_poster01.jpg


これは大画面で見て頂きたい作品。
ロボットの迫力はもちろんなんだけど、音楽がいいんだよね。
重低音が身体に響く環境で聞いてこそだと思う。

話は第一作から10年後に。
10年で地球は復興しつつあり、イエーガー(ロボット)も万が一に備えて開発研究が続けられていた。
しかし、中国の企業が無人で遠隔操作できるイエーガーを開発、
認可を取って、世界に配備することとなり、パイロットが要らなくなってしまう…。

いまハリウッドでいけいけのチャイニーズ:ジン・ティエンが中国企業のトップ。
Da4uJ_JVwAAIeA9.jpg

その無人機を世界に配備し終えようという時に事件が起きる。
イエーガーが暴走し、コントロール不能に。
倒して調べると、コントロール部が機械ではなく、生命体的な何かが…
これは遺伝子操作で作られた怪獣の脳の様なモノだった。

個人的に中国のトップ企業が先駆けて作ったマシンが粗悪品で暴走…って、
映画作りのスポンサー的にまずいだろ、って思ったら、やっぱりそうじゃなかったw

前作で、怪獣の脳とリンクして彼らの世界を覗いたハーマンが、
実は脳を怪獣に乗っ取られており、彼が中国企業に潜入することで、
システムに怪獣を割り込ませ、時空の裂け目を再び開かせようとしていたのだ。

暴走したマシンを停止させる前に、時空の裂け目から3匹の怪獣が出現。
富士山のレアアースと怪獣の血液を反応させることで、環太平洋の火山帯を誘爆させて
裂け目を恒久的なものにしようとしていた。

それを阻止すべく、イエーガーが出動。
若きパイロットが必死に戦う。
3匹の怪獣は合体して巨大化し、イエーガーでも対処できないパワーを持ち、
富士山頂へと登っていく…。

俺たちが守らないと地球は終わってしまう!
救うのは!俺たちだ!
という一致団結にこちらの感情も昂ぶる。

ハリウッド映画っぽいハッピーエンドなのだが、
これまでにない、爽快感があった。

レイトショーならお得感ありすぎだろ!って感じ。
通常料金で観る価値ありです。


おしまい

【2018/05/06 20:27】 | 映画
|
録画されていた映画「砂と霧の家」。

タイトルからして、面白くなさそう(笑
だがしかし、そこそこ引き込まれちゃった。
久々にネタバレーブログを書かなきゃって思ったよねw

いつもの通り、ネタバレのみでインプレです。
あらすじをザッと書くだけでも結構長いw




●父の家を引き継いで住んでいたジェニファーコネリー。
彼女が所得税滞納で家を競売に掛けられる。
しかし「そんな話聞いてないよ!」状態で、
家を追い出されてから弁護士に泣きつく。
夫に逃げられ、酒に逃げ荒れた生活をしていたため、
所得税免除の手続きを終えたと思っていたが、
届いている書類を開封もせず放置していたことから、
恐らく何度も警告されていただろうことに気づかず、
急に警官と税務署が来て、差し押さえられてしまう。
教養が無くだらしない印象。
母からの電話で酒とタバコは止めたのか?と聞かれている。

最終的に、手続き中だったということで、
家を強制的に取り戻すことは出来ないけれど、
新しい家主に返還を求めることは出来る…と。



●一方、この家を買ったイラン系のベラーニ家は、
もともと武器商人で裕福な生活を送っていたようだが、
政権交代のあおりで国を追われ米国に亡命している。
妻は「あの頃は良かった、なぜジプシーみたいな生活を?」と嘆き、
事情が変わったのに、贅沢をさせろと夫を責める。
教養が無く金と見栄が全てという印象。
その妻が高級マンションに住ませろと言うので家賃で家計は火の車。
夫はいくつも肉体労働を掛け持ちし、子供を大学に通わせる。
ひたすら贅沢がしたいという妻にキレ、
俺のやることに口出しするな、
このままだと、本当のジプシーになるぞと怒鳴りつける。

そこで見つけたのが競売に出されていた海の見える家だ。
競売だから安く買えるうえ、海が見えるバルコニーでも増築すれば、
3~4倍の価格で売れるだろう。それで、また次の家を見つけて…。
何とか浮上したい夫ベラーニはこれに賭けていた。


●この家を巡って、旧家主のジェニファーと、
新家主のベラーニ家とのごたごたが始まる。
「この家は手違いで売りに出されたの、返して!」
と殴り込みに行くも、向こうは正式に競売で買っている。
4倍の価格なら売却してもいいと言う。
家財道具をレンタルガレージに預け、モーテル暮らしの彼女は
精神的に追い込まれていくが、
母親や兄にはこのことを相談できない。これが謎。


●差し押さえの際に来た警官レスターが、
ホームレス状態の彼女の弱みにつけ込み口説きに入る。
結婚しているが、上手くいってない、別れるつもりだと。
ジェニファーは心細いからころっと騙されて抱かれる。
警官は立場を利用して、新家主の家に上がり込み、
移民局に通報して強制帰国させると脅す。
妻が「強制帰国」という単語に反応して、
ヒステリーを起こしたので、夫は平手打ち一閃、黙らせる。


●ベラーニが脅されたとチクったので警官レスターはピンチに。
ジェニファーはレスターが自分の家(妻の元へ)へ話し合いに行くと聞き、
3時間で戻ると言っているのにダークサイドに落ちる。

●ジェニファーは元自分の家の前で拳銃自殺を試みるも、
馬鹿すぎて弾が出ないw 嘆いているところにベラーニが来て銃を取られる。
さすがに可哀想だと、家に迎え入れてシャワーを浴びろと言うベラーニ妻。
そこで、睡眠薬オーバードーズ自殺を図るもゲロり失敗。

●警官レスターが、また不法侵入して、ジェニファーを殺そうとしてると勘違い。
家族をバスルームに監禁。すぐに家を明け渡す手続きをしないと殺すと脅迫。
この時点でレスターは警察に呼び出しをくらっておりテンパイ状態。
ジェニファーはもう家は要らない…と和解の気持ちになるが…。

●役所に、銃を突きつけられたベラーニと息子が来て、中に入ろうという時に、
息子が銃を奪い、ベラーニはタスケテー!と叫ぶ。
息子は奪った銃を持ち、なぜかレスターを狙う。
近くの警官複数が駆け寄り「銃を捨てろ」と言うも、言うことを聞かない…謎
それで、やむなく警官達は息子を射殺。
ベラーニは息子の死を嘆く。
警官レスターは捕まり刑務所行き。

息子を失ったベラーニは、妻を(同意の下か)紅茶に薬を入れて毒殺。
自身もビニールを顔に巻いて窒息自殺。


■結果
頭の悪い女が税金滞納で家を差し押さえられたことから、
イラン系一家が射殺&自殺で死に追い込まれる。

映画としては、
●税金滞納で家を追い出された酒&タバコまみれの女
●競売で安く手に入れた家を返還することをひたすら拒絶する中東系一家
(群の手違いで売られたから返すべきという押しつけがストーリー内に散見
しているが、個人的には正式な手続きを経て買って引っ越したのに
後出しで何を言われましても、それは群の責任だと思う)
●弱った女と不倫して、立場を悪用した悪徳警官
それぞれが、
●家を失い(結果戻ってきたのかも)
●家族を失い、結果自身も自殺
●家族を失い、投獄される
という、誰も何も得なかった…という話。
みなが我を張った結果ではないか?と投げかけてくるのだが、
個人的には、ジェニファーひとりがクソであったために、
ベラーニ一家は死に、警官の人生を奪ったのではないだろうか。

唯一神の鉄槌が落ちなかったのは彼女だけであることに、納得がいかなかった…


おしまい

【2018/05/03 23:50】 | 映画
|
さて、続いて行くよ~!
ネタバレのみでレビューです!



オデッセイ

これは映画館で観て面白かったんで、押さえておいた。
火星での作業中に嵐に巻き込まれ、死んだものと勘違いされて、
ひとり残されたマットデイモン。
NASAとの通信手段がないなかで、アナログな交信方法を見つけ、
救助が来るまでの食料が足りないことから、
農業を営まなければならなくなり…。
エヴェレストの話じゃないけれど、
通話できても、チャットできても、遙か彼方の話。
次に来る宇宙船だって何年後とかいうレベル…。

例えば3年後に救助隊が来ます、食料は2年分しかないという事実が分かった時点で、
自分は死ぬと確定しているわけで。でも即死ではなく、2年かけてジワジワと死んでいくわけ。
そんな中で食料の芋を種芋にして栽培すれば期限までギリギリ持つ…という希望を持って生きていく。
孤独で遠い星での話だけど、なんだか笑えちゃうシーンもあったりして。
オススメです。



アメリカンスナイパー

中東で活躍した伝説のスナイパーのお話。
スナイパーという職業や米軍というものを知ることが出来る。
米国人の愛国心とは何なのか…
これは他の戦争もの映画でも出てくるが、
任期を終え、除隊となり激戦地から命からがら帰国したのに、
「俺が行かなきゃ!」と再び戦地へと向かってしまう兵士の気持ち…。
そして、そんな戦士の帰国後の、心の病的な症状…。
敵がYouTubeに米兵を撃つシーンをアップしたのを見て激昂したり。
この辺は、第二次大戦から戦争を知らない我々には理解しがたい。
何度も繰り返し観るタイプの映画ではないんですが、
一度観てみると良いのではないでしょうか?



ザグランドブダペストホテル

来ました、今回の真打ち!w
ストーリー、絵の美しさ、音楽、テンポ、全てが一体となって、
素晴らしい作品になっています。
Blu-rayで何度も観て頂きたい。

今やボロボロになった老舗ホテルのかつてのお話。
名物コンシェルジュが常連を見事にもてなす。
そんな中で、あるご贔屓の婦人が事件で亡くなった際に、
遺言で絵画をそのコンシェルジュに譲った。
そのことから、彼が彼女を殺した犯人ではないかと容疑がかかって…
CGやらミニチュアやらアニメーションやらで、映像は綺麗で可愛くってコミカル。
こんなホテルが今、寂しく経営されていたら、ぜひとも訪れたい…そんな雰囲気。
120%オススメです。

コヨーテアグリー

女子のサクセスストーリーの名作かな。
個人的にはミュージカル系とかは押さえておきます。
田舎から出てきて、ショーパブみたいなところのスターになるってのは、
映画バーレスクも、この映画をお手本にしたのかも。
主演女優のパイパーは最近あまり見ないな…。



サンクタム

これは、ジャケ買いしちゃった1枚。
3枚まとめ買いで割り引き!みたいなセールで、これ面白そうだな…と思ったんだけれど、
日本の探検風バラエティ番組を見てる感じでした(笑
水中洞窟を探検して、危険な目に遭って…
映像もストーリーもいまひとつかな~
オススメしません。


今回は1枚1000円以上、自腹で買ったBlu-rayを紹介しました。
最近はBSや地デジ、Amazonプライムなど無料で見られる映画も多くなった中で、
Blu-rayとして手元に置いておきたい、無料のラインアップにないけど観たい、
ということでチョイスした映画です。

映画のチョイスって、映画館で観るとなると、1800円なり、
IMAXや3Dだともっと高かったりして、しかも一度しか観られない(当たり前w)。
だから「こりゃ間違いないな」というモノをチョイスしがち。
値段はいいとして、公開中で一番面白そうなのを選ぶのが当然。
予告編なんか見てるから、まあそうそうハズレることもない。

一方で、
見放題サービスだと、見始めてつまらなかったら、
途中で止めたっていい、そういう感覚で選ぶこともある。
好きな俳優が出てるから、あらすじはダメそうだけど見てみるか…
この映画を観た人には、これがオススメ…なんて向こうが押しつけてくるのをw
まあ試してみるか…ってこともある。
これが、まあハズレるんだわ(笑
でも、10本20本観ていく中に、こりゃ面白い!ってのもあるわけ。
この映画、映画館のチケット買っていくことは100%なかったな、
DVDを買うってことあり得なかったな…という傑作に出会えた時の喜びはひとしお。

なんかオチも見つからないので、
「映画って、本当に素晴らしいモノですね!さよなら、さよなら、さよなら」



【2018/04/16 14:56】 | 映画
|
プラズマテレビも直ったことですし(笑

地デジは面白くなくなったので、映画中心にテレビを使っています。

Amazonプライムでも観ているのですが、今回はBlu-rayやDVDを買って鑑賞した作品を
例によりネタバレのみでレビューです。


ブレードランナー2049

映画としてもレビューしましたが、個人的に何度も観たい作品ですので、
3000円台でBlu-rayはお買い得!ってなもんです。
CG多用の映像と凝った音声はBlu-rayで堪能して欲しいですね。
あらすじなんかは、過去に書いたので、そっち参照してくださいw

プールサイドデイズ

根暗な少年が、自転車操業のウォーターパークのバイトに入ったことから、
社会とか大人の世界とか、恋愛とか色々と学んでいく。
下層階級の、末端の人間ばかりが登場してきて、
みなクズ…みたいな感じなんだけれども、
やっぱり、その世界にはその世界があって、温かさがあって。
夏休みのバイトの間の色々あって、そして夏が終わる…というのは、
なんだかスタンドバイミーみたいな、
夏…じゃあな。
みたいな余韻が心地良い作品。
オススメ。


ブリッジオブスパイ

冷戦時代に、米ソがスパイの交換をするって話。
交換に至るまでの交渉のはらはらドキドキ、
東西に別れて壁が出来たドイツの、チェックポイントチャーリーでの交換。
緊張感高く、一気にラストまで。
実話に基づいたストーリーで、ベルリンの壁がとうに無くなっていることなど、
歴史を思いながら観ると引き込まれる。
オススメ。

ダージリン急行

父親の葬儀に来なかった、母親を訪ねて、
ダージリン急行でインドの奥地へと向かう男3兄弟。
ドタバタのロードムービー。
ブダペストホテルと比べると2段くらい落ちるかな。
インドが舞台なんだけど、女性客室乗務員と兄弟のひとりが、
個室で××ちしゃったりして、何か宗教的に抗議こなかったのかw
買ってみるほどではないかな…。


つづく 


【2018/04/14 18:58】 | 映画
|
AmazonのFireTVで、適当に映画を見つけては観ているんですが、
その中で、ひっかかった作品をいくつか。
(例によりネタバレのみでレビューです)

恋人たちの時刻
これは87年の映画なんだけど、当時の札幌を舞台にしておりまして。
その風景がすごく懐かしかったんです。
自分は札幌を出て20年以上経ちましたから、
故郷としてメモリーされているのは、
今の札幌ではなく過去の札幌なんですね。
札幌駅や千歳空港が、旧いバージョンなんですわ。
これがジーンと来ましたね…
(って映画の内容じゃないんかい!)
その昔の札幌に惹かれる故に、
今の札幌を舞台にしている探偵シリーズ何かは、
さほど興味がないというか。

ストーリーとしては、別海だったかな?田舎から出てきて歯科助手をしている女と、
代ゼミの寮に入って浪人している青年の恋、みたいな感じ。
謎めいた女の過去を辿る青年。
どうして、そう数奇な生き方をしてきたのか…という女。





ゴースト・イン・ザ・シェル
こないだの、ブレードランナー2049と被る感じ。
こちらは脳だけ人間で、他は全て人工ロボットという存在を作ろうという話。
その初号機的なのがスカーレット・ヨハンソンなんだけど、
実は、その影に失敗作が沢山あって、隠れて生きていたり、
スカーレット含めベースとなる人間は自分の意思ではなく、
狩られてきた者であり、記憶を塗り替えられていた…。

ストーリーは面白く、映像も綺麗。
人間型ロボット、3Dのネオン的な広告など、未来感はブレードランナーに似てる。
たけしはジャケットに大写しにするほどのもんじゃないだろw
ストーリーを進めるのと同時に、もう少し世界観を見せて欲しかったかな…




ブラックスネークモーン
小さな村での話。
若いカップルの、男はパニック障害的なものがあり、女はセックス依存症。
誰とでも寝ると言われている女を巡り、色々な人間模様が見えてくる。
登場人物が精神的疾患だったりすると、変なことをしても「病気だからな…」と思ってしまうので、
ストーリーが弱くなっちゃうかな…。
この女を、かみさんを弟に寝取られて離婚したばかりの男が厚生しようと保護するのだが、
そのやり方が、家で犬のように鎖で繋ぐということだった。
最後はハッピーエンドになるのだが、考えさせられることが多い作品だった。
ジャケットの絵はかなりヤバそうで、ちょっと詐欺かなw 



今日はこの辺で、おしまい!

【2018/01/29 20:11】 | 映画
|
映画ブレードランナーを、例により「ネタバレのみ」でレビューです。

news_xlarge_braderunner2049_201709.jpg


強力わかもと…
そう元祖のブレードランナーは、日本の広告や日本語、日本食などが沢山出てきました。
歌舞伎町に刺激を受けた監督が色々と取り入れたらしいですが、
何となく嬉しくなったのを思い出しました。
見直してみると、元祖の方では2019年前後の話なんだね…
2016年製のレプリカントなんて台詞も。
1982年に作られた2019年の未来。

今作は2017年に作られた2049年の未来。
依然としてレプリカントは人間から隠れて生息しており、
ブレードランナーが見つけては「解除」と称して殺していく。
しかし、そのブレードランナーも人間ではなく「新型」のレプリカント。
そんな中で、旧型レプリカントの希望は子供が生まれたという奇跡。
かつて4年の寿命が設定されており、それを延ばすことに必死だったレプリカントが、
今や不死の身体を手に入れ、さらに繁殖するとなれば無敵…
人間はその親子を見つけようと必死になり、
レプリカントはその子供を広告塔的に反乱軍を組織する。
news_xlarge_Blade_Runner_201711_01.jpg

その子供を作った夫婦は、
元祖ブレードランナーのデッカード(ハリソンフォード)とレイチェル。
旧レプリカントを追う中で、新型レプリカント(ライアン・ゴズリング)は自我に目覚め、
自分の中の幼少期の記憶が植え込まれたものではなく、ホンモノなのではないか?
自分は奇跡の子ではないかと思い始める…

色々とハッキリと説明されない事柄も多いんですが、
人間とレプリカントのボーダーレス感がすごい。
培養により大人の姿で作られ記憶が埋め込まれているらしいのですが、
感情や思考はもちろん、食べたり飲んだり、怪我したり、見分けることはほぼできない。
もはや人間とレプリカントのハーフとか生まれていくんじゃないかと。

ブレードランナーを務める新型レプリカントも自宅でAIホログラフィーの恋人と会話を楽しんでいる。
そのホログラムの恋人が彼の生き方についてのアドバイスをしたり、
重要な役割を果たしていく。
実際、この辺りの二人の恋愛感情、信頼関係ってのには感情移入しやすかった。

各キャラクターが、もはや人間なのかレプリカントなのか、
デッカードみたいにどっちか分からない役も居るし。
こいつが好きとか、こいつは嫌だなとか人間だからロボットだからという事でもなくなってしまう。
恋人がホログラムでも、話が合えば楽しいだろうし、我が儘も言わないだろう。
家に帰ってみたら、訳も無く機嫌の悪い女が待っているよりずっと良いかもしれないのだw

レプリカントの団結が、すごく全うで人間っぽくて、不思議だった。
映像は今だからこその美しさや荘厳さ、怪しさを放つ。
音も非常に効果的。
これはぜひともIMAXの3Dで見て欲しいかな。

ああ、AIホログラフィーの恋人が欲しいなあw



おしまい





【2017/11/09 01:39】 | 映画
|

急に寒くなってきましたね。
あたしの部屋はPCが4枚のモニターを使っておりましてw
ほっかほかでございます(夏はきつい)




テレビ問題のひとつであったAVアンプを買い換えました。
現行のDolby Atmos &DTS:X対応で最安値の581。
旧モデルで大差の無い新モデルと30%くらい落ちだったので、こちらを選びました。
anp.jpg

AVアンプはヤマハのみラインアップが豊富で、価格もリーズナブル。
マニアじゃない自分的にはヤマハ一択だったかな。
薄型テレビと、かつてのビデオデッキと同サイズのユニットって
親和性が悪いんだけど、テレビ台はずーっと昔からの使ってるんで、
そこに普通に入れましたけど、部屋作りから考えたら、
テレビは壁掛けにして、アンプやHDDレコーダーは別の棚などに入れるでしょうね。
知人宅は正面壁にプロジェクター投影して、
ソファ脇に全部のユニットを置いていた。
テレビ脇のユニットをリモコンで操作ってのも古いのかな。
実際Blu-rayディスクとか手で出し入れしなきゃいけないんだし、
本体の操作もリモコンより実機のボタンやダイヤルの方が出来る事が多い。

5.1chの臨場感なら、この廉価モデルで十分かと。
9月から値段下がってるんで、3万円切るかな。
これと数千円のスピーカー5つで別世界になるよw


センタースピーカーはこれ使ってます。安いでしょ。


これくらいのスピーカーで十分。
テレビ内蔵と比べものにならないから。
まずは5chの臨場感を味わってほしい。
そこから、さらに音質を求めるなら沼にはまりなさい(笑 切りが無いからw


こんなイメージ。
自分はボロマンションゆえ通りやすい低音は避けて、ウーハーなしです。
57046_12074_1_400x362_27cdcc2fa2328dbfb15db059b428ffe5.jpg
アンプもスピーカーも、あと5000円出せば、1万円出せば…って上を見たら切りが無いw
まずは廉価アイテムで十分だと思いますよ。
テレビのスピーカーから脱却することと、5.1chを実現することの方が大切。


以前から、AVアンプを使って5つのスピーカーを使っていたんだけれど、
元々は地デジ対応テレビへの買い換え時代に、
テレビのスピーカーがショボい問題を解決するためだった。
個人的には地デジ対応が、画質の向上や薄型化した一方で、
テレビの立ち上がりが遅い、遅延があって時報が正確じゃない、
チャンネル切り替えも遅い、そして音が圧倒的にしょぼい、
というテクノロジーの逆行問題を持っていたと思います。
シャカシャカ音しかせず、音量を上げても聞こえない。
台詞などの言葉が聞き取りにくいという問題がありました。

薄いメリットはあれど、その厚みの中でかつてのブラウン管で使ってた
スピーカー並の音を作れるスピーカーを入れられないのでしょう。
だから、この薄型テレビってのは単体で絵も音も出す機械としては、
未完成というか、片手落ちみたいなものなんだと思います。
PCのモニター的位置づけでいいのかなと。

当初、フロントスピーカーを2つ置いて、音をくっきりさせていたのですが、
その後、センタースピーカーを設置したら、台詞、歌詞がはっきり聞こえて感動!
これにより深夜など音量を絞っていても問題なしに。
さらに調子こいてサラウンドスピーカーも配置してしまいましたw


さて、やっとこさレビューですが…
もともと使っていたアンプはHDMIに対応していない古い機種だったので、
(秋葉原生まれ秋葉原育ちのRay君に安く譲って貰った)
今回はテレビ、HDDレコーダー&プレーヤー、アンプがHDMI連動するってだけで、
かなり有り難いですw 裏面の配線も少しですが減りましたね。
テレビのリモコンの音量調節でアンプ経由の音量を調整してくれます。

設置したら専用マイクを聴く位置に置くだけで、
各スピーカーの位置や性能をチェックして勝手に設定してくれるのでラクチン。
57047_12074_1_300x155_3e74ee459d42056c78c999fb95c48308.jpg

今はWi-Fiにも接続されて、すぐにファームのアップデートが行われてました。
新しいフォーマットに対応する、なんてことも簡単にできちゃうのね。

さらにHDMIの空きがあるので、そこにAmazonFireスティックを挿入します。
この配信動画系の問題もあったんですよ。
次に出るFireTVはドルビーAtomosに対応しているので、
せっかくなら、対応させたいなと。テレビに挿入したのでは単なるステレオになっちまうので、
これをアンプに刺して、映画なんかを観たかったんです。
恐らくNetflixとかHuluなんかも対応するでしょうから、
対応アンプが活躍する場は増えると思いますよ。



ケーブルも一新しました。Amazon製30mが1000円!
スピーカーとかに付属してるケーブルよりずっと太いです。


HDMIもAmazonの498円。


で、アンプと配線変えただけですが、
音がはっきりと違うんです!これは素人の自分でも分かりますw
臨場感も全然違う~(^o^)
この辺は文字で書いても伝わりにくいよなあ。

あとはスマホでの操作とか、シーンセレクトとか、
まだまだ使ってない機能もあるんで、追って第二弾レポートしますね。




おしまい


【2017/10/19 12:52】 | 映画
|
share.png

エイリアンを観てきたぞなもし。
例によって、ネタバレのみでレビューです。


今回のエイリアンは前作と合わせて3部作の2つめなのかな?
でも、これだけ観てもストーリーは分かるはず。

エイリアンという生物に関しては、もはや説明がさほどされませんw
卵から幼体が出てきて人間に寄生して第二形態になる…とか、
体液が強酸性である…というのは、説明シーンというより普通にスルーです。

今作はエイリアンという生き物がいかに恐ろしいかという所ではなく、
エイリアンがなぜ生まれてしまったのか…どこから来たのかが描かれています。

宇宙船が新天地を求めての道中、半ばも行かぬうちに信号をキャッチ。
調べてみると計画してた新天地より移住に向いた好条件だった。
実際に着陸して、その星を探索してみると、酸素があり水があり気温も適当。
と思っていたら、一人が咳き込み歩けなくなってしまう…。

一番印象的だったのは、母船から飛び立ち星に着陸した子機でのシーン。
エイリアンに犯された隊員Aが、Bに抱きかかえられて帰ってきて、処置室に入れられた後。
何か様子がおかしいことから、感染した隊員Aと連れてきた隊員Bを、
隊員Cが処置室に閉じ込めてロックしてしまう。
肩を貸して連れてきた隊員は症状が出ていないので、出してくれと懇願するが、
ロックした隊員は断固拒否。感染してるかも知れないと言うのだ。
4.jpg

で、感染した隊員Aは当然、体内でエイリアンが育ち、幼体が飛び出してくる。
しかし、その際もロックを解除しようとしない。
エイリアンは隊員Bをも襲おうとする。
隊員Cは銃を取りに行くが、その間に隊員Bは襲われ殺されてしまう。
そして、処置室の窓を割ってエイリアンが脱走する。
だったらロックは解除しておけば良かったのに…。
隊員Cは船内を飛び跳ね逃げるエイリアンを大げさな銃で撃ちまくるが当たらない。
バンバン撃っていたら、宇宙船が壊れ、燃料に引火して子機がどかーん!笑
隊員Cごと吹っ飛んでしまい、残された隊員は母船に自力で戻れなくなりました。

<お約束ではあるのですが…w
処置室にAだけではなくBも閉じ込める必要があったのか。
宇宙船のエントランスから廊下まで、歩いて処置室に行ってるので、
体外に感染源が流出して空気ないし接触感染するなら、部屋だけロックしても無意味。
なのに隊員Bをも閉じ込めてしまった。これでエイリアンと戦える身方が一人減った。
仮に宿主となったAのみを閉じ込めておけば、二人で戦うないし、逃亡が可能だった。
また、エイリアンが処置室を脱出した後、機内で撃ちまくったのはなぜか。
バカだからだろうけどwとりあえず機体を壊さないことを前提にするか、
機外に逃げて、どう対処するか検討すべきだった。子機を失い、自らも死ぬのは最悪のシナリオ>


こっから長いのだがw
二人が感染し、複数のエイリアンが生まれ、襲われる隊員たち。
そこにひとりの男が現れ照明弾を撃ち、エイリアンを蹴散らして、
こっちへ来いと言う。
男の行く先には要塞が。
その男は、隊員達が連れていたアンドロイド「ウォルター」と同じ「デイビッド」。
ここは完全に安全だと言う。
しかし、おかしいなと隊員達が気づいたときには時既に遅し。

デイビッドは長いことかけて、完璧な生命体を作るべく研究をしていた。
そして、次の宿主となる人間が来るのをずっと待っていた。
それには、人間は創造できるがアンドロイドは出来ない…的なことを
製作者に言われたデイビッドの復讐のような想いがあった模様。
滅び行く人類より優秀な生命体を創造してしまったのです。

何とか母船に戻り、再び冬眠に入ろうとしたときに、
身方のアンドロイド「ウォルター」だと思っていた彼が「デイビッド」だと気づく船長。
しかし、時既に遅し…。


という感じ。
ちょっと哲学的で、アンドロイドの設計や感情、創造ということを考えさせられます。
親である博士に「お前は創造出来ない」と言われ、
「博士は死ぬが、私は死なない」と対抗心の様なモノを見せていたデイビッド。
その想いがエイリアンを作らせてしまったのだろうか…

とりあえず、次回作が楽しみです。




おしまい

【2017/09/28 15:23】 | 映画
|
何となく映画館に行きたくなって、
IMAXで何を上映してるかなとチェックしたら、ダンケルク。
ちょいと見てみるかと、散歩がてら行ってきました。
例により、ネタバレのみでレポートです。

fd94140ded041bb6-350x495.jpg

ドイツの海沿いのダンケルクに追い込まれた英軍仏軍。
ここから船で英国へ撤退するという話。
以上w

日本軍は撤退とか後退とか言えないから、転進って言ったらしいけど、
大陸で劣勢になって海に追い出される形だよね。

オープニングは都市部でドイツ軍に追われながら海沿いへと走る兵士達が
次々と撃たれて倒れていくシーン。
防衛戦が張られ、船で逃げるために待機する砂浜や桟橋を死守する。
dunkirk_map-350x493.jpg

それでも飛行機が時折現れて、爆弾を落としていく。
待機列の兵士が吹っ飛ばされたり、せっかく大量に乗り込んだ船が沈没させられたり、
なかなか撤退が上手くいかない。
40万の兵を運びたいのに、軍艦は数万しかキャパがなく1回に一隻しか来ない。
(まとめて空爆されるのを避けるため?)

そこで、英国の民間船を徴用することに。
釣り船とかクルーザーとか遊覧船とか、全ての船がダンケルクに向かいます。

結果として、多くの兵士が撤退することに成功したと。


描かれていたのは、中々思うように撤退できない様子。
空爆で大型船が沈没させられて、泳いだり非常用ボートで浜に戻るの繰り返し。
桟橋も破壊されて大型船が使えない状況に。
空では数少ない戦闘機が、ドイツ軍の爆撃機と対決。
「ロールスロイス」製エンジンが高性能らしく、敵機を撃墜。

民間船が浜から、沈没した船から、落ちた飛行機のパイロットを拾って行く。
よくまあ40万からの兵士を運搬したなと。


乗れる人数が限られた船。
「英国の船だ、フランス人はダメだ!」
沈没し掛かってる船の中で
「お前はドイツのスパイだろ!降りろ!」と銃を向ける。
味方同士の諍いも起きます。
様々な人間ドラマがこの映画のメインなのかな。

撤退していく兵士は、逃げ帰ってきたから世間に顔向けできない…と
日本兵と同じ考えを持っていたのですが、
みんなから「よく頑張って生きて帰った」と声を掛けられビールを渡される。

この撤退があって、最終的に連合国側が勝ったのだろうか。
日本だったら海に追い込まれたら、退散は考えられない、
最後の一人まで抵抗するか、自決だ!となったのかな。

印象的だったのは、
民間船のオーナーの老人が、自分の(世代の)せいで戦争になって
若者が兵隊として戦いに出たんだから、絶対に助けに行く!と
意気込んでいたところ。
他の船も空爆を恐れること無く、一緒に戦ってる国民の一人という感があったことかな。

北朝鮮からミサイルが飛んできて、
ほぼ戦争直前状態の日本ということで、
色々と考えさせられました。



おしまい









【2017/09/11 15:32】 | 映画
|
映画キングコングを IMAX3Dで観てきたぞなもし。

こういうのが好きなんですよ(笑

例により、ネタバレのみでインプレです。
main-1.png

会議とか作戦とか、何もなくて、ギャー!ドカーンみたいなのw

ラピュタの龍の巣みたいに、365日嵐に囲まれている島。
最新テクノロジーで発見されたが、第二次大戦時に一人だけ生還した兵士が居り、
この島へなんとか研究目的ということで行けないかと画策。
天然資源があるとか何とかお偉いさんにごり押しして、軍を引き連れて訪問。

ヘリ数十台で乗り込むも、初っぱなにほとんどのヘリがコングに落とされてしまう。
バラバラになった調査隊、軍人が3日後の迎えのヘリが来る来たの港を目指すが…。

この島はコングが巨大なだけではなく、虫から水牛、トカゲまで何もかもがデカく、
人間が一番小さい生物となってしまうのである!

竹林を行進していたら、上から降ってきた竹に身体を貫かれてしまった!
何でー!って思ったら、それは巨大なクモの足だった。

密林を進むと、原住民の集落にぶつかる。
そこで、第二次世界大戦から残されていた米国人と出会う。

話を聞くと、この森の巨大生物の神がコングで、
もっと恐ろしい生物から島を守っているんだという。
コングの家族も戦いで次々とやられ、残った一匹とのこと。

そのもっと恐ろしい生物というのは…

スカルクローラーというトカゲの化け物!
あらゆる生物がこいつに食われてしまう。

一方で、軍隊を壊滅状態にされた軍隊長がコングに恨みを持ち続け暴走。
スカルクローラーを倒そうとするコングを殺そうとしてしまう…。

この巨大生物だらけの謎の島という設定が面白い。
クリエイトされた未知の生物がどんどん出てきて、
これをデザインした人は楽しかったろうなあとw

仲間を失いつつ、合流地点へと向かう人間達。
大戦で残された彼も米国に帰ることを望んだ。

いろんなトラブルがありつつも、最後に帰国!

彼は、戦後一度も会っていなかった妻と再会し、
大きくなった息子と握手を交わす。

ストーリーはお決まりのハッピーエンドなんだけど、
それでいいと思う。
ドンパチが観られたら、それでいいんだよw
例によりムチムチの女性が、肌を露出したまま密林を行軍するが、そういった矛盾はOK!笑
CGでクリエイトされたコングや謎の生物は大画面で観てこそ。
ぜひともIMAXで観て欲しい。

おしまい


【2017/04/07 01:44】 | 映画
|
アカデミー賞などで話題のララランド。
例によりネタバレのみでレポートです。
SAKUHIN014174_1.jpg

ミュージカル映画ってんで、はりぼ~の一番好きなジャンルですがw
主演の二人も好きな俳優です。

大阪の廃墟になりかけてる、カンカン岸和田にてIMAXで鑑賞。
もはやIMAX以外で観られなくなりつつある…

女優を目指すエマストーンと、
ピアニストとして成功して自分の店を持つことを夢見るライアン。
エマストーンがここに来て勢いを増してトップ女優になりつつある。
まだ20代の彼女の魅力が…と思ったんですが、
なんだろ、あまり彼女の美しさや可愛らしさなどが見いだせませんでした。
マジックインムーンライトという映画では、
こんなに目が大きくて可愛らしい女優が居たのか!と驚いたんですがね…。

ライアンは君に読む物語での印象が強いけど、
ずっと朴訥な役が多くて、彼じゃ無きゃ感はないけど、
観るようになってきた感じがする。

この二人くらいの20代女優、30代男優くらいで恋愛ものは作っていただかないとw
いつまでもトムクルーズとか、ディカプリオに若作りさせたり、
ジェニファーアニストンやグィネスパルトロウに可愛い女の子をやらせてる場合ではないw

二人が、近づいたり離れたりしながら、夢を追いかけて、
夢と現実のズレに翻弄され…。
ライアンが演奏するジャズピアノを中心に、迫力ある音楽が聴ける。
個人的にダンスシーンが印象に残らなかったな…。

色々と皮肉っぽいシーンが面白かった。
パーティの帰りに、預けてあったクルマのキーを受け取ろうと
「プリウス」と言うと、ずらーっとプリウスのキーが並んでいて、どれだか分からないw

リモコンを押すも、なかなか反応する自分のクルマが見つからない。
「リモコンをアゴに付けると遠くまで届くよ。癌になるけど」って台詞があって、
個人的にはそれが、ウケた。
カーセキュリティのリモコンでも同じことをやっていたから。
セキュリティのリモコンは純正のリモコンの数倍も届くのだけれど、
アゴに付けると、さらに飛ぶので、幕張メッセなどの大駐車場で、
遙か遠くに止めていても反応してくれる。
アゴじゃなくてもいいんだろうけど、身体に付けると、人間がアンテナになって
飛距離が伸びるらしい。
で、電磁波の影響で癌になるって都市伝説もあったw

さて話逸れましたが…ネタバレに参りますw

二人は喧嘩したり、愛を深めたりしながらキャリアアップを目指す。
なかなかオーディションに受からない彼女。
自分のやりたいジャズではないけど人気バンドのピアニスト…というか
キーボードとして活躍し収入が安定してきた彼。
キャリアの差が付いてきて関係がギクシャクしてくる。

彼女はセルフプロデュースで一人芝居を企画し準備に明け暮れる。
彼はライブツアーであちこち飛び回る。

客がポツポツとしか入らなかった一人芝居。
雑誌の取材で観に行けなかった彼。
女優としての道を諦めかけた彼女。
安定した収入のバンドを続け、やりたい音楽を諦めつつある彼。

そんなときに彼女の一人芝居を観たプロデューサーから声が掛かり、
大きな仕事を得てフランスへ旅立つ。

5年後…
彼女は女優として成功し、結婚し子供も居る。
子供をシッターに頼み、二人で食事に出かけ、
帰りがけジャズが聞こえてきたお店に入る。
そこは、元彼であるライアンが経営するジャズバーだった。

彼は彼女が来たことに気づき、思い出の曲を演奏する。
二人のストーリーが回想シーンとして始まる。
出会い、順調にキャリアを進め、お互い成功して、結婚して子供をもうける。
食事に出かけ、二人が好きな音楽を聴きにジャズバーに立ち寄る…。
そんな、未来になるはずだった。
この回想というか妄想?シーンが、自分の思う理想のストーリーであり、
エンディングだったんだけれど、そうはなりませんでしたよという、
ハシゴを外された感覚。

その曲を聴いて、彼女は席を離れる。
彼と目が合い、お互い微笑んで、そのまま別れる。

そんな、スッキリしないエンディングでした。
彼と彼女は結ばれなかった。
やりたいこととは違う仕事をすることで資金を貯めて店を持った男。
キャリアアップして、新しいパートナーを見つけて、別の道を歩んだ女。
待ち続けた男と、先へ進んだ女。

どこでボタンを掛け違えたのかな。
男の視点で見ると、そう感じました。

彼女が若い頃にダブルデートしていた際に、
彼氏二人はビジネスの話をしていた気がしたんだけど、
当時はその彼がつまらなくて、ライアンに会いに行った彼女。
それが、結局結婚したのは、そのビジネスマンかよ!って思った。
役名が違うので、それとも全く別の男だったみたいなんだけどw

この映画にハマった人が多いみたいで、
泣く!って言うんだけど、どこが泣き所か、正直分からなかった。

待ち続けた彼が可哀想…ってことでもないだろうし。
オーディションに落ち続け挫折した彼女の涙のシーン?
お互いが好いていて結ばれなかった…ということでもない。

…って感じで、個人的にはスッキリしない映画でした。



おしまい






【2017/03/29 12:47】 | 映画
|
最近も映画はいろいろ観てるんですが、レポは久々かな。

例によりネタバレのみでレビューです。



Doctor-Strange-Comic-Con-art-featured-600x300.jpg

天才外科医が事故で手が不自由になり、才能を失った。
カトマンズの奥地に秘密の寺みたいなところがあって、
そこで、次元も時間も超越した世界を知り、
彼は自身の不自由を治すより先に悪と戦うことになる。
って感じ。

このマーベルのヒーローは、1960年代に既に登場していて、
2017年に初めて映画に出てきたってわけなんだけど、
これが、まさにこの時代にマッチングの良いストーリーなわけ。
魔術で、武器や盾を作って、操るっていうコミックならではのアイテムを
今のCG技術が、綺麗に表現してるのよ!
IMAXの3Dで見るのがベストかなと思います。
街がカタカタと音を立てて形を変えるシーンや、時空を飛び越えるような映像、
そんな世界が、リアルに見えてきます。
IMAXのみでも繊細にグラフィックが表現されるだろうけれど、
この映画の場合は奥行き感も大切なので、3Dとのマッチングが凄く良かった。

ヒロインとしてレイチェルマクアダムスが出てたので満足なんだけどw
最高の魔術師として出ていたティルダスウィントンが、
三国志の夏目雅子っぽくて、良かったんだけど、
IMAXだと顔がアップになると、下の歯がひとつ引っ込んでるのが見えて
可哀想だな…と思ったw CGでどうにかなったろうにw

ストーリーはアメコミのヒーローものだから、最初から決まってる。
最後にヒーローが勝って、スカッとする話。
こういう清涼感が欲しくて見に行ったのだよ。


おしまい

【2017/02/13 15:10】 | 映画
|
咲 Saki ってのは、ヤングガンガンに連載されていた麻雀漫画。
これがアニメ化され、さらには実写版ドラマ化、そして映画化ととんとん拍子に進んでいるそうで。

たまたまB旧アイドルみたいな子wがツイッターで「見てね」って書いていて、
たまたま録画予約して、たまたま見てみたら。

これが、どえりゃーおもしれーんだわ!

なるほど、映画化まで行くわけだわ。
ストーリーとしては…麻雀が流行してる近未来?で、
女子高の麻雀部が全国一を目指して頑張るって話。

設定はさほど現実離れしてない感じ。
これ麻雀専門漫画雑誌だと、個性豊かなプレーヤーが
奇跡のツモで逆転勝ち!みたいな、つまらない話になるんだけど、
女子高生にした途端、面白くなるから不思議(笑

麻雀のルールを知ってる方がわかりやすいけど、
その辺の解説も一応ちょいちょい入ってる。
これで素人は分かるのかなあ?と心配ではある。

まだ3回なんだけど、グイグイ引き込まれてますw
513850_615.jpg

映画も観てみようかな?



おしまい

【2016/12/25 02:49】 | 映画
|
映画いろいろ観てました。
例によりネタバレのみでレビューです。


シンゴジラ
a37265b60fa9796abf4ecf0b4104fd4f03d1a6281471137560.jpg
前回のハリウッド製作では、別の怪獣を退治する「イイもん」として登場したけれど、
今回のゴジラは関東をぶっ壊しまくる悪者です。
なんかCGが安っぽくてあれ?って感だったよね。
ゴジラの動きや細かいところも雑…
自衛隊がフル稼働して戦うけど敵わない。
米軍と協力して、なんとか退治できましたという話。
ネットでは評価高いみたいね。

ゴーストバスターズ
7cda8798bd2f6f1f.jpg
1と2は面白かった記憶が。
今回はバスターズ4人が女性なんだけど、
これがBBAばかりなので面白くないw
だいたい美人が一人居るってのがセオリーじゃない?
バカなイケメンが受け付けバイトって設定で、
裸踊りとかさせてるので、まあ女性向けということかな。
男性目線では何も面白いところがなかったかな…
これは途中退席あるな、と初めて思ったレベル。


スーサイドスクワッド
145977388821071046178.jpg
無期懲役とか死刑囚みたいなのを集めて、
人類の敵と戦う!みたいな話なんだけど、
ちょーっとテンション上がらなかったかな…。
ハーレイクイーンが美人だからまあ許すw
でも、この3本の中では一番面白かったと思うよ。

ってんで、ちょっとアタリ!って映画がなかったな…



おしまい

【2016/09/18 19:37】 | 映画
|