日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
沖縄では、観光というより社会勉強という感じで戦争史跡を回りました。
これらは南部に集中しています。
沖縄が占領される際に、最後まで日本軍が残って戦ったのが南部だったんですね。

海軍司令部壕
こちらは、かなり深く、そしてありの巣の様に張り巡らされた壕で、
手彫りの感じが残っています。
手榴弾で自決した際に弾の破片でしっくりが剥げた跡が点々と残されていたり…。
狭いながらも部屋が沢山あり、発電機を備え電気が行き渡っていたり、
水路も掘られていたり、かなり手が込んでいました。
壕の入り口にはビジターセンターがあり、戦中戦後の写真や当時の遺品などが展示され、
戦争のむごさを伝えています。

ひめゆりの塔
こちらは地下壕の陸軍病院で看護婦として働いた女学生たちの慰霊碑。
併設の資料館では3月の米軍上陸から、6月18日の陸軍病院解散命令まで
日を追って資料や解説などが展示され、日に日に増す戦火や、
状況の悪化していく様子がわかります。
生存者の証言が心にしみます。
恐ろしい戦争が、そう遠くない日にあったことを実感させてくれると共に、
そういった戦争の爪痕が日常と近いところ、ここかしこに存在する沖縄では、
戦争というものや米軍、米国に対する思いは、他の日本人とは違ってしかるべきだなと思った次第。

平和祈念公園
こちらも訪問。歩き疲れました。
海を臨む景色は非常に美しく、ここを米軍の軍艦が埋め尽くしていたとは思えない。

レンタカーがあれば半日くらいで回れますので、
観光ついでに、ぜひ回って欲しいですね。


さて、この他の沖縄ハイライトですw

緑と青空は、アウトレットモールw
空いていて買い物しやすかったよ~沖縄の料理を食べられるフードコートもいいね。
2011-02-21 10.58.07


メインストリートである国際通りから市場に向けてアーケードの通りに入ると、
にぎやかでアーケードというか天井?も高いのですが、先に進むにつれて
通りは細く、アーケードも低くなり、物価も安くなります。
2011-02-20 13.15.50

3階建てから2階建て、そしてついに1階建てのお店になり天井は頭が付きそうw
通りは昼なお暗く、道は自転車も通りにくいくらいに狭いです。
でもおばちゃんが元気にババシャツとか売ってます。
この辺まで来ると、やっとローカルな感じに。
2011-02-21 17.35.25

アーケード抜けると本当の業者向け市場があって、
その裏手がこんな景色でした。
なかなかボロイです(笑
こんな奥地まで来て、やっと沖縄ってものが見えた気も。
観光地じゃなくて生活の場としての沖縄。
いや、このボロイ建物が沖縄の住宅のスタンダードとかじゃなくてよ(笑
2011-02-21 17.29.41

これは鉄板レストランで食べた石垣牛。
刺しがないけど、とても柔らかくて美味しかったよ。値段は御高めですが。
2011-02-21 18.38.27

てな感じで、その2を終わります~。















スポンサーサイト

FC2blog テーマ:旅行日記 - ジャンル:旅行

【2011/02/27 23:44】 | 沖縄
|
マイル&当選した無料宿泊券を使うという激安?ツアーw
旅費がかかってないので、気持ち的にも楽で、色々回らないともったいない、
なんてこともなく、のんびり、いやダラダラ?としてきました。


初めての沖縄本島だったので、
県庁周辺から国際通りというメインどころを散策、
それから南部の戦争関連の史跡を巡る
という2テーマで回ることに。


初日は曇り時々雨だった日もあり、
歩き回るにはちょっと大変でした。
とはいえ小雨だし、公設市場の辺りはアーケードになっているので助かりました。
これは市場を過ぎて奥にいった通り。
具志堅靴店とか、玉突場とかの看板がいいでしょ。
2011-02-20 13.15.42
こういう寂れたローカル向けのところが結構面白いです。
同じモノでも価格が断然安いのね。
国際通りに近いあたりは、やはり観光地料金なのか高めです。
スターフルーツが一個300円したのに、奥に行くにつれ200円になり、最後は100円だったw

市場の鮮魚売り場では、新鮮な魚介を2階の食堂で調理して貰って食べることができます。
…というふれこみではありますが、実際に魚を持ち込むわけではなく、
市場で見て魚や貝を選んだら、同じ食材があらかじめ食堂にあって、
それを調理した料理を出す…ということのようです。
市場はリアルメニューというか現物カタログという感じなんだと思います。
そう言っちゃ夢もないので、下で選んだ魚を上で調理する事にしておきましょう(笑
2011-02-20 12.34.00
青とか赤の魚、ハリセンボンや伊勢エビもありましたが、
夜光貝という巻き貝をチョイス。これは大きいので、刺身とバター炒めにしてくれて、
さらにオマケでサーモン、マグロ、イカ、海ブドウが付いてきます。
この貝が意外や美味い!コリコリして歯ごたえも抜群。ボリュームもあります。
当たり?なチョイスだったかな。

確か貝が2500円、食堂での調理費が2人で400円、ライス100円、あさり汁500円くらい。
いいお値段ですが、雰囲気とかも含めてということで。
食堂は大衆食堂的な大テーブルを相席で使う感じで、ギュウギュウ。
団体客の自由時間もここで食事を…ということらしく、混み合います。
東南アジアの屋外食堂的な雰囲気かな。
見ると、観光客でも炒飯とか酢豚定食とか食べてる人が結構居る…そんなもんかな?
せっかくの沖縄なんだから、それっぽいもの食べなさいよ!笑

時間があればその2を書きますw












FC2blog テーマ:旅行日記 - ジャンル:旅行

【2011/02/24 10:35】 | 沖縄
|
たった二日ですが沖縄に行ってきました。
期限が迫ったマイル消化と、当選したホテルの宿泊券の消化のためですねw

色々写真も撮ったので後日、詳細アップしますので今しばしお待ちを。

FC2blog テーマ:旅行日記 - ジャンル:旅行

【2011/02/22 02:32】 | 沖縄
|
物欲の春が近づいてきたということで…w

毎年海外旅行に出かけるのですが、荷物のことに関しては、まだ「方針」が固まっていません。
方針というのは、
「スーツケースは持たずに最小限。他は現地調達」
「機内持ち込みサイズのケース&デイバッグならラゲージクレームスルーで早いし簡単」
「どうせ預けるなら制限一杯までスーツケースで持って行った方が便利」
などなど、旅の荷物のスタイルの事です。

自分はプライベートで旅行に行くなら「手ぶら」派でして、
ロスにウエストポーチ1つで行ったら、税関で「一週間滞在?
荷物をターンテーブルに忘れてきてないか?」と言われたw
米国や欧州だったら下着や歯ブラシなどアメニティは現地で購入できる。
土産に服を買ってもいいし、アウトレットで買い込んだのを着てしまえばいい。
入れるモノの量で体積を変えられるナイロンのボストンバッグなどを使っていました。
行きは空っぽで小さく、帰りは満タンでやや大きくなる感じで。

旅慣れた感じで、手ぶらってのはいいじゃないかと思っていたのですが、
やはり荷物はあればあったで便利なモノもあるわけで。
その後、国内の出張でも使いたいし、ケースの中で潰れないで運びたいものもあったので、
機内持ち込みサイズのスーツケースを購入することにしました。
TUMIの22020という35リッターのナイロンのスーツケース。
ビジネスマンっぽいし(笑 最小限の割れ物とかお土産を入れられるのでいいかなと思いまして。
スーツケースはボストンバッグと違って中のものが型くずれしないので、
衣類もシワになりにくいのがいいです。お土産の箱も潰れません。
900200201.jpg
使ってみると…
機内持ち込みOKのサイズですが、
実際には上の棚に入るか微妙なので持ち込まずに預けます。
ただ、いざとなれば大型スーツケースとダブルで片方預け、片方機内という方法もあり。
スーツは一応入りますが、幅が足りないのでややシワ寄ります。
仕事でスーツを持ち込むならもう一回り大きいケースじゃないと厳しい。
サイズがサイズなんでどっちつかずなんですが、便利なことは確か。
空港までもボストンバッグみたいに肩が痛くなることもありません。
しかしながら、案外とケースを転がせないシチュエーションは多くて、
持ち上げて運ぶシーンも多々あるので大きいのはどうかな…と思うことも。



さて、本題ですが(やっとかよw
海外旅行で感じたのは、衣服が数パターン欲しいシチュエーションが結構ある、ということ。
いつもオヤジ数名での貧乏旅行風だったので、短パンにTシャツでウロウロで良かったのですが、
時には高級なレストランにも行きたいし、おされなカフェでザッハートルテのひとつも食べたいわけですよw
ドレスのチャンネーが沢山居るベガスのクラブで弾けてみたり、
ホテルのプールサイドで日光浴もしたいべさw
ってんで、持って行くか、現地で買いそろえるにしても持って帰るには大容量が必要だと。

大容量スーツケースを持って行くとなれば、スーツ&革靴はもちろん、
ノートPCだって余裕(普通は手荷物にしますがw)、重い一眼カメラも余裕、
水着だって、ジーンズだってチノパンだって持って行けば買わずに済むから、
かえって貧乏旅行向きかも。お土産の量も気にしなくていいし。
…なんて夢が広がります(笑



では、どんなスーツケースを買おうかということですが。
現在のTUMIがマチを広げて最大40リッター。
これを満タンにすると20kgくらいは行ってしまう。
もちろん詰めるものの種類にもよるけれど。
ということは無料のリミッター25kgには50リッターで限界かと想像がつく。
軽い衣服を入れるにしても60リッターに緩めに詰めて25kgってな感じだろうね。

それと旅を重ねて思うことは、とにかく軽いことはエライということ。
自分はガイドブックの要らないページをカットして行くほどの軽量化マニアw
エネルギーは、重さ×距離なので、長距離移動の海外旅行では1グラムが物をいうんです。
ってんで、実は重いナイロンのTUMIは20インチ(4.7kgもある)のみでOKと。
ナイロンだとポケットがあったりして便利なんですが、ハードとの中間的存在の
ポリカーボネートが軽くて丈夫、ジッパースタイルなら一部開ければ荷物に手が届くなど
完全ハードケースよりメリットが多いのかなと。
となると、どこのポリカだと。

ナイロン→却下→アルミ他ハード→却下→ポリカーボネート→採用→どこのメーカー(今このへん)

ポリカは最近どこのメーカーも手を出してきていて、
老舗のリモワ、TUMIはもちろん、アルミで知られるゼロハリバートンもラインアップに加えてきた。
ラインアップ豊富で評価の高いリモワは普通に考えられる第一候補、ゼロハリはやはり見栄えがして
「どうだい、ゼロハリだよ」感が強いw TUMIは?って感じ。

ゼロハリが59Lで4.7kg、6万6000円
リモワのサルサエアが61Lで2.9kg、5万2500円
日本製エースのフラクティが64Lで3.7kg、3万3600円。

リモワのサルサエアが鬼の軽量化で3キロ切り!すごいよね。
エースは日本製で3万円台前半と価格では断トツ。
ゼロハリは重いし高いw
どーせ荷物満載で転がすんだから、1~2kgなら、と思うけれど、
サルサエアと比べたら随分違うんだろうなあ。
軽さで行けばリモワだから、並行品で価格が安ければ有りか。
エースの安さなら失敗しても納得できる気もする。
この2社で頂上決戦かも。
リモワにはボレロってのがあって、これは前面にファスナーポケットがあって、
書類とか雑誌が簡単に取り出せる。これはナイロン製品のメリットだったのよね。
ポリカにこれが付いたら敵無し。だけど67Lで4.6kg、6万円とスペックはダウン。

なんて調べてるところ。
エースは国産でアフターも良さそう。安いけれど軽さでサルサエアーに及ばないのが残念。
リモワはサルサエアーは並行品が3万円台なので一番の候補。
だが、リモワということになればボレロが欲しくなる…笑
前面ポケットって案外と使うんだよねえ…。

おそらくエースの価格に迫るサルサエアーに軍配かな。
ボレロも時間が経って並行品が来るようになれば、また違うかも。
リモワはあまり触ったことがないので、一度お店で見てみようっと。


追記
以前、ツイッターで募集していたモニターに当選したゼロハリから
3月の展示会への招待の話が来た。
んでスーツケース考えているんですよね…的な話をしたら、
見てから選んで欲しい!って結構自信あるみたいだったw
じゃあ、見てからにしようかと。
重さ、価格ともにリモワ、エースに負けているんだけれど、
ブランドのパワーと見た目は確かにピカイチ。
価格も並行なら(これナイショw)リモワに肉薄できるみたいだ…。
さて、実物を見てどう感じるかな?



















FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2011/02/14 03:35】 | 未分類
|
パーソナルトレーナーを付けての筋トレと、バドミントンの練習をダブルヘッダーでやると、
往々にしてオーバーワークとなり、お腹を下します(笑
特に夏場は水分を吸収できなくなり、ダダ漏れ状態にw

冬場はバドミントンでの疲労はさほどでもないので、
滅多にお腹下さないんだけれど、たまにあるんですよね。

でも何か悪いモノを食べたような腹痛は全くないので、
苦痛ということでもないんだけれど、ジムや体育館からの帰りに、
急に便意を催すので、トイレ探しに苦労することが多々ありました(笑

自分の体ながら、このオーバーワークに陥る運動量の加減や
お腹下しを防ぐ方法が未だにわかりません。
糖質とかカロリーが足りなくて、ハンガーノック状態になるわけでもないので、
事前の食事でもないと思うんですがね…。

プロテインを摂取したいところでお腹下すと、機会を失いますからね…
30余年付き合ってきても、まだ自分の体のことすら把握できていません(苦笑






USB2.0 to S-ATA/IDE変換ケーブル RC-SPCGA3-A

タイムリー GROOVY HDDをUSB SATA接続2.5/3.5/5.25

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2011/02/10 01:01】 | 未分類
|
日本最初のグーグルフォンであるHT03との出会いが、
自分の人生を変えたといっても、さほど大袈裟じゃないかも知れません。

このスマートフォンが僕に与えた衝撃は、携帯電話を初めて所有したときと同等かも。

ガラケーでも出来るかも知れないけれど、
それが快適に出来るというだけで全く別の世界の話になってしまう。

PCのメールが受信できるようになったことで、
出先でもメールの内容について返信や電話でのレスが出来るようになり、
今までだと帰ってからメール返信、帰るのが遅ければ電話は翌日に…という
タイムラグが完全になくなってその場で反応できるのは非常に有り難いし、
機会損失を確実に、一気に減少させてくれた。
PDFやエクセルの確認は小さい画面でも十分可能だったし、
それは例え小さくてもガラケーのその画面とは段違いの見やすさだった。

と、HT03の衝撃という昔話はこのへんにしてとw

ギャラクシーSとの出会いは、確かにHT03との出会いほど衝撃はなかったけれど、
処理速度の速さは桁違いで、ネットサーフが快適になったことで、検索も自由に出来るようになった。
HT03でも出来るには出来たが遅かったためにやる気が出なかったほど。
ナビも問題なくサクサク動くので実用レベルに達したと言ってもいいのかな。
メールの送受信は非常にスムースになった。
これはCPUの問題だったのかOSの問題だったのかわからないけれど、
メール受信はタイムラグがないし、ファイル添付のメール送信もあっという間。
さらにメールを打つ作業が段違い。
ソフトキーのフリック打ちをしているんだけれど、HT03は指の速度に付いてこられず、
やや待ちながら打つという状態だった。それがギャラクシーSは待つ必要なくガンガン打てる。
これだけでもストレスが半減したような気分。
速さで言えば、リブートも早い。映画館で電源落として、出るときに立ち上げたらあっという間。
とにかく、スマートフォンとしての使える度が格段に上がって、
スマホに惚れ直したというところ。
もうスマホなしの生活が全く考えられません。




FC2blog テーマ:Android - ジャンル:携帯電話・PHS

【2011/02/03 01:10】 | HT-03A
|
土日はゴールドジムにかろうじて行った。
月曜を休養日として、火曜水曜とバドミントン。
水曜はパーソナルトレーニングとダブルの予定。

ジムは週5回ローテーションに変更。
仕事で行けない日もあるとは思うけれど、
完全休養は週1日であとはバドミントンかジムを入れる。
筋トレはある程度まで来ると、週に2~3回ではキープがせいぜいになってしまう。
ここからさらにアップさせるには強度とともに頻度が必要なんだなと。
また、周囲のスポーツを日常に取り入れている人に聞くと、
週6とか7日って人が意外にも多くて、毎日の習慣なんだなと痛感。
自分も行かないことがイレギュラーという日常に変更して行きたい。


ほんでもって、今年からダイエットを始めて1月は2.5kg減。
3kg落としたかったけど、ちょっと無理だった。
デスクワークでトレーニングしない日は如実に体重が落ちない。

食事は例によりカーボカットがメインでボリュームはさして落としていません。
今日の夕食は値引きされていた刺し盛り、筑前に、グリーンサラダ、バナナ。
バドミントンで疲れていたけど糖質はフルーツのみにした。
刺し盛りでタンパク質どうかなという感じだけど控え目でよしと。

しばらく止めていたプロテインも筋トレ前後にはまた摂取しようかな。

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2011/02/02 01:12】 | 未分類
|