日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
色々レンズ入荷しておりますw
といっても、新品はひとつもなく物々交換的なことや
ありがたいことに寄贈いただいたものもあったりで。
ミラーレス組への移籍、キャノンからニコンへの栄転…など色々みなさんお盛んなようで、
レンズや周辺機器の処分する方が結構いるんですね。

さて、そんな中から、今回「おっ!」と思ったレンズを1本ご紹介。
それがタム90ことタムロンの90ミリマクロでございます。
マクロってのは接写して小さいモノをクローズアップしたりするレンズですが、
普通に90ミリのレンズとして風景や人物を撮ることも出来ます。

持ってみると、口径は小さいし、デザインはフィルム時代まんまだし、正直なところダサいですw
しかしF値は2.8と非常に明るく、(通しではないので、ピンの位置によってはF値も暗くなりますが)
ブレンビー機能なくても十分手持ちでシャッタースピード稼げます。
ほんで、この90マクロは旧モデルで新型もあるんですが、AFも十分速いです。
花とか虫とか撮る人が多いと思いますが、動かないものなら十分かと。



画像クリックでアマゾンに飛びますので、見て欲しいんですが、何せ評価が高い!
50人以上のコメントがあって4.6ですからね。
触った瞬間(撮った瞬間?いやファインダーをの覗いた瞬間かな?)
誰しもが、いい!ってわかるレンズなんですよこれは。
ファインダー覗いて、見える絵が綺麗だから。
これは単焦点だったら全てに共通することなんだけどね。

絞り開放にしますよね、ほんでもって、
花なんかに近づいてピンと合わせたら、
花の一部にしかピントが来ない。
ほかはぜーんぶ綺麗にボケてくれる。
何をフォーカスしたいのか、明確な写真が撮れるっちゅーわけやw
AFは速いけれど、微調整したくなるんで、AFとMの切り替えが簡単にできるようになってる。
花の花弁にピンが来てるけど、本当は雌しべに来させたいなんて時はマニュアルで調整するんだね。

触ってみると、まあ面白いレンズですわ。
今までマクロって種類のレンズ触ったことなかったし、
単焦点も50ミリしか知らなかったからかもしれないけれど。

絞り開放だと被写界深度がほぼないw
手ぶれ、被写体ぶれはなくとも、ピンが前後にズレてしまったりするほどシビア。
赤の発色はいいね。もちっとアンダーにしておけばよかった。
自分は露出の変更段数を3分の1から2分の1に変更しているんだけれど、
このマクロ使うときは微妙な露出調整必要かも。
IMG_9494.jpg

ごちゃごちゃした葉っぱだけど、ピンが何を見せたいか訴えてくれる。
IMG_9502.jpg

描写がソフトだといわれているけれど、ぱきーんと来てる気がする。
バックのボケ具合が素敵w
IMG_9508.jpg

そんなこんなで、ポートレートでも使ってみようかと思ってす。

おしまい

スポンサーサイト

【2014/05/19 01:28】 | カメラ
|
カメラの性能が上がると、その画素数が増えて、写真自体のデータ量が増えてきます。
自分のAPS-Cはフルサイズより小さいセンサーですが、それでもLサイズのJPGで1枚5M以上になりますね。
RAWデータを使う人は10M以上になるそうで、その保存場所が問題になってきます。

HDDに保存するのはもちろんなのですが、このHDDってのが信用ならないw
数年で壊れるものだと思っておいたほうがいいって代物なので、
保存先をコピーするなりバックアップが必要ということです。
HDDを二枚置いて、ミラーリングするのは定番ですが、今はクラウドってのもあるので…。

クラウドサービス
●定番はグーグルのピカサ=グーグルフォト。
グーグルは色々とサービスを拡張しつつも仕様変更するので、こちらも安心ならんのですがw
グーグルは15Gしかないんですが、比較的アカウント持ってる人が多いので、アルバム共有に便利ですね。
これをメインにしていたんだけれど、グーグルのドライブやプラス、Gメールなどとクラウドが共用なので
写真で満タンにしてしまうと、他のメールなど使えなくなるので、ほどほどにしてます。
●ヤフーボックス
有料のプレミアム会員でも5Gだけという…ほぼ使ってません。共有しやすいかもなんですが。
●フリッカー
これが最強のフォトストレージ!無料で1Tという膨大な容量が魅力。
英語オンリーで日本語対応していないけれど、写真用語なんてほとんど英語だからノープロブレム。
この容量は他の追随を許さないよねえ。
ただ共有が面倒で、米国ヤフーかフリッカーのアカウントを作らないと見られないのかな。
ってんでもっぱら公開しないフォトストックに使っています。

HDD×2とクラウドに保存。これで万全かな…と思っています。
実は一度HDDをミラーリングしていないときにクラッシュしたことがあって、
そこに過去の旅行で撮影した写真が全部入っていたんです。
これは思い出だし、撮り直しが効かないから…と有料のデータ救出サービスで吸い出してもらったことが。
そのときに、なくなって諦めが付かない写真ってあるな…と痛感し、保存に気を使うようになりました。

さて、一方で撮り方、保存の際の取捨選択も変わってきました。
以前は、撮影してぶれていた、ピンぼけだった、などの失敗写真も後学のために保存していました。
ぶれた写真はシャッタースピードがいくつで、絞りがいくつで、この条件だとぶれちゃうんだな、とか
色々とあとから参考になることもあるんですよね。
でも、最近はそれもデータが蓄積されてきたので、カットしてからHDDに保存するようになりました。
また、露出違いで何枚か同じアングルで撮ったモノも当たりを1カットのみ保存。
ポートレートでは、目をつぶっちゃったのはもちろんカットですが、
ワキ撮りで目線なしのものをカットするようになりました。
ワキ撮りってのは、他人のカメラに目線が行ってるカットのこと。
以前は目線が来てるときだけ撮影していたら、試し打ちが出来ないので、
目線が来ていようがなかろうが、ガンガンシャッターを切っていたんです。
これはフィルム代がかからないデジタルのメリットでもあるんですが…
でも、最近は最小限になりました。
保存先のことや、PCでチェックする手間を考えるようになったんですねw

最近はHDDに代わって、SSDなんてのも出てきて、そのうち安心して保存できるシステムが出来るんでしょうか。
撮影会などで聞いてみると、HDDからDVDなどのディスクに焼き直してる人も居るみたいです。
フィルムの方がそういう点では保存が利いたのかなあ…




【2014/05/17 21:47】 | カメラ
|
2012年の8月の購入したキャノン60D。
今思えば、底値で購入していたようで70Dが登場した今でも6万円台をキープ。
当時5万8000円台で替えたのはラッキーだったようです。
恐らく70D登場の噂が出る直前で底値になり、
70Dのスペックが出てから、逆に値が少し上がり、そのまま上げ止まりした感じ。
それほど新しい機能が乗っからなかったからかな…?
Wi-Fiが乗っかってるのは欲しいけどなあ~



70Dの話は置いといてと。

もう2年弱ですか、早いモノですね。
これを買ったときに、昨年亡くなった父に10Dを譲って使い方を教えたことなど思い出します。

使い方は慣れたものの、まだまだ未知の機能もあり、使いこなせてるかというと「いない」と思いますw
シャッター自体は1万回程度切っています。
8Gと64Gのメモリーをほぼ使い切りました。
バッテリーに関しては3つとも劣化はまだ見られません。
レンズは主にタムロンの18-270。ほぼ付けっぱなし。たまに50単焦点。
最近90マクロなど数本レンズを手に入れたので、追ってレポートします。

使ってみての、ざっくりの感想は、まあこれで良かったかな、という感じ。
機能については十分過ぎるほど。
見栄えもして、写真好きが集まるところでも、まあ平均的機種。
ぶっちゃけキスデジでも事足りるんだけど、やや子供っぽい感じは否めないので。

それでも、重さは痛感することも。長時間の移動や持ちっぱなしというシチュエーションでは、やはり重い。
これでもプラボディにしたりSDカードに変更したりで、50Dからは大幅に軽量化されてるんだけどね。
最近しったんだけれど、60Dなどはペンタプリズムだけど、キスデジはミラーによる反射ペンタなんだね。
ガラスの塊みたいなプリズムは重いのでキスデジとの差が結構あるのかな。
キスデジに関しては振り切ったのですが、自分に言い聞かせる意味でもw
どうしても譲れないのは、グリップのサイズが小さいのと、
背面に親指操作のダイヤルがないことかな…これは露出変更で多用するので。
キスデジと二桁Dは新製品出る度に性能を追い越し、追い越されなので、
どっちでもいいっちゃーいいんだよねw
サイズ問題、重量問題ってのは旅先で主に発生しまして…
スタジオ撮影会なんかだと撮影始めちゃえば荷物は置いておくし、問題ないけれど、
旅行中はずっと持って歩かなきゃならなかったり、ちょっと歩いてはカバンから出して撮影、
ちょっと歩いてはカバンから…面倒なので持って歩き続け…なんてこともあるので、
軽ければ軽いほど助かるし、バッグもコンパクトにしたいところ。
60Dは持ち歩きカメラとしては限界のサイズと重さなのです。

フォーカスに関しては、上級機種だとどうなのかな?と思うことも。
ピンを数カ所で取る場合に、思ったところと違うところにフォーカスしちゃうこともあるんだけれど、
上級機種だと速くて正確なのかな、同じようなもんかな?

今まで撮影してきて、どうしても分からないのが、光が足りない時のこと。
スタジオなどでさほど暗くないな…と思っていても、ざらついてることがあったり。
それでもISOが800以下でシャッターもそこそこで切れてるのに…。
ということがあるので、最近はスタジオでポートレートの際は50ミリF1.4を使って
アングルは自分が動くことで調整してみようかなと思っています。

連写問題…
ストロボを使っているときによく連写が出来なくなり、シャッター降りない現象が発生。
これは価格ドットコムの書き込みで解決したんだけれど、写真のノイズ低減とか、
オプティマイザーとかONにしていると、撮影後の処理が追いつかなくなるので、
数枚連写すると、固まってしまうようだ。
こういうところこそ上位機種ならクリアされているんだろうな…。
さらに、最近問題なのは、撮影した写真が液晶に表示されるまでタイムラグが長く、
ときには表示されない事例も発生。
どうやらSDカードの読み込みが遅いんじゃないかと思い、こちらは買い換えてみる予定。
深刻ではないけれど、時間制限のある撮影会では致命的だったりもしますw
こちらは解決したらまたレポートしますね。

感度に関しては800くらいまでほぼ分からないくらいノイズレス。
じゃあ100の意味はなんなんだって事にもなるんだけれど。
100で取っても描写が細かいところまで…ってわけでもない。
せいぜい400くらいまでしか下げてません。
800でも条件によってはざらついてノイズが出たり、細かなところまで描写できてたり…。
研究の余地がありそうです。

ストロボは使えますが、バウンスやデフューズが出来ないので、ポートレート向きではないです。
高感度が比較的使えるようになっているので、ストロボがあって良かった~ってことがあまりないw
だったら6D的なものでいいんじゃないかとも思えますな。
購入前には外付けストロボはあり得ないから、ヘッドアップが必須と考えていたんですが、
室内での食事会みたいなシチュエーションでもフラッシュ炊かずに撮れちゃうんでね。

シンクロ…
60Dには外部ストロボに繋ぐコネクターがない!(゜◇゜)ガーン 知らなかった…
スタジオ撮影で、既設の箱ストロボとシンクロさせるのに、シューが必要なんです。

ニコン用もキャノンで使えます。
大概、スタジオで貸してくれたりしますけどね。

ライブビュー撮影は…
使わないですねw自分は古い人間なので、やはりファインダー覗かないと。
それゆれ、バリアングルの液晶もほとんど使ったことがありません。
人垣の向こうを撮るときに、一度試したっきりかな。
ライブビューはAFが遅いので使い物にならないってのもありますね。

●周辺機器編

グリップストラップ

これは買って良かった!重宝してます。
ネックストラップって使わないし、撮影時邪魔なんですよね。
これは万が一の落下防止にもなりますし、親指や人差し指でダイヤルを操作するときの安心感が違います。
始終ダイヤル操作…となるときは必須ですよ。
高いモノじゃないし、ぜひお試しください(回し者ではないw)
各製品は写真クリックでアマゾンに飛びます。

タムロンの18-270ミリ

これは本当にオールマイティ。案外と18というワイドが必要なことも多く驚いた。
また270ミリはフルサイズ換算で400ミリ程度なので、かなりの望遠。これ以上は必要ないでしょう。
カメラを買うときにセットになってるダブルズームなんかは50ミリ境に2本ですが、
旅先などに交換レンズを持って行くのは重いしかさばる。さらに現場でレンズ交換なんてしないですよ。
そうなるとワイドレンジの1本がマジで便利。
歪みや周辺の光量不足も気にならないですよ。
唯一、暗いのだけがね…涙 とはいえこれは本体の高感度の性能でカバーできますし、
手ぶれ防止機能も付いているので、何とか克服できるでしょう。
本体とこの1本。これで間違いないですよ。

50ミリ
F1.4と

F1.8があります。

これに関しては描写性能が素晴らしい。
先ほどズームレンズを褒めたばかりですがw単焦点はやはり違う。
50ミリだとどちらも優秀ですが、コストパフォーマンスでは1.8に軍配。
ヤフオクなら5000円程度ですから、だまされたと思って試して欲しい。
1.8から1.4へのグレードアップは性能差が少ないのでインパクト弱め。
1.8持っているなら、1.4ではなく35ミリなど別のレンズの予算に回して欲しいかな。

ベルボンの一脚

これは室内のイベント撮影用に購入しました。一脚があるとシャッター60分の1くらいまでいけるかな。
思ったより安定しますね。それでも横ブレはあり得ますし、アングル変更も自由度が下がるので大変。
また自由雲台の容量が小さくて、ロック仕切れなかったりするので、
60Dとズームレンズの組み合わせだったら、もうワンサイズ大きめがベターかな。
クイックシューは固定強度が下がるので善し悪し。

インナーボックス

実はこれが一番のお役立ちアイテムかもw
あらゆるカバンにこれを入れてからカメラを入れることで、ショックから守ります。
いかにもカメラバッグってのが嫌だったので普段使ってる肩掛けバッグなどにこれを入れてます。
スーツケースにカメラ入れる場合もこれを使ってますね。
黒ではなく明るい色にした方がいいと思います。カメラやレンズ、周辺機器は黒なので、
黒い裏地のカバンなどですと、何がどこにあるかよく見えなかったりします。

ドライボックス

電気式ではなく単なるプラスチックの箱ですねw
5.5Lから27Lに買い増しです。最初からこちらにしておけばよかった。
湿度計は参考になりますし、望遠レンズも縦に入れられる余裕の容量がありがたいです。
100円ショップで買ってきた乾燥剤を入れれば適度な湿度が保てます。
27Lで2000円だったら安いよね。

ストロボディフューザー

一応使ってますがデフューズ効果は低いです。ないよりマシという程度。
青、オレンジは使ったことありませんw
ポートレートだとストロボよりアイキャッチが大きくなるメリットあるかな。

さて、今後は技術的な面では、RAW現像をパソコン上でやってみるということ。
これは面倒くさがってやってこなかったのですが、これこそがデジイチの真骨頂でもあるし。

もう一つは、バッテリーグリップを試したいということですね。
縦位置撮影が多いので、持ち手を縦にしたいのと、バッテリーが2個使えるので交換の手間がないということです。
純正か社外か迷ってますが、こちらも購入したらレポートします。


てな感じで長くなりましたが、最後までおつきあい頂きありがとうございます。



おしまい





【2014/05/16 15:38】 | カメラ
|
お仕事ネタはひかえていますが…

ボディビル大会の撮影で変なモノが写っていまして…汗
(クリックで拡大)
IMG_8524.jpg

東京オープン大会にオードリー春日が出てました!笑
筋肉はなくてガリッガリでしたが、タンニング(日焼け)と
カット(脂肪率を下げる)のはきっちりやってきてましたね。


そして、そして
アリスプロジェクトという「地下」アイドルの公演を見たり…
1359816306_1_5.jpg

これは色々な意味で面白かったんですが…マニアックなのでここでは割愛しますww



連休ネタはこれくらいですw




おしまい

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2014/05/12 01:44】 | 未分類
|
昔話です。


学校への通学は徒歩で30分ほどかかりました。

行きはよいよいですが、帰りは文字通り道草をくって帰ってくるのが常でして。

部活がない日は友達の家に寄ったり、山に登ってみたり、川でおたまじゃくしをいじめたり。

行きはルートが決まっていても帰りは様々でした。

その中でも、お気に入りのコースがありまして、それが田んぼのあぜ道だったんですね。

春になればカエルの卵をかき回して遊び、アメンボやタニシなどを捕まえたり…

近道にもなっていたので、よく歩いていたんですが、実はそこに立て看板があって。

あぜ道を通らないでください

毎日大量の子供が歩けば、あぜも崩れますし、子供が苗をいじって枯らしたりもしたのでしょう。

私有地ですから当然っちゃー当然ですよね。

でも、近くて便利で楽しいあぜ道を我々は毎日のように通って帰宅していたのでした。

そんなある日、あのあぜ道を通るとオヤジが怒るらしいという噂を耳にしました。

オヤジといってもいい年の、おじいさんなのですが、鎌を持って切りつけたとか、

クワでガツンとやられた!なんて恐ろしい話が…w

まさか、そんなことしないだろう、怒鳴って子供が逃げたらあきらめるはず、そう高をくくっていました。


5~6人だったでしょうか、その日も仲間とあぜ道をわいわい歩いていたら…

出たのです!そのカマキリオヤジが!!!!

遠くで怒鳴るだけだろうと、見てみると、クワを持って全速力で走ってくる!!!!

これは本気だ!


我々はあぜ道だろうが田んぼの中だろうか構わず散って逃げました。

これは本当に鎌で殺られるかも知れない…あぶら汗


とにかく隠れる場所が必要だ…辺りを探します。

ある友人は知らない人の家に、助けてください!と駆け込んでかくまってもらったそうです(笑


自分ともう一人の友人はあぜ道をひたすら逃げていたので、ターゲットとされ、まだ追いかけてきます。

これは無理かも…と思った瞬間、友人が畑に自分を引き込みました。

それが芋の畑の中だったのです。

005.jpg


確かに葉っぱが大きくて傘のようになっており、隠れられなくもない気がしますが、

隙間は多いし、後ろからこちらが隠れるのを見ているんだから、簡単に見つかってしまうのでは…汗


走ってきたので上がっている息を必死で殺し、葉の下からジジイの動向をうかがいます。

……

……

すぐそこまでジジイが来ましたが、自分たちに気づきません…

息を止めて必死に耐えているうちに、なんだか戦中の兵士のような気持ちになってきました。

見つかったら死ぬ…




しかし、見つかることなく、ジジイはあきらめて引き返していきました!

いつまで潜んでいれば見つからないか分からず、しばらーくその芋の葉の下に隠れていましたw




芋の葉を見ると、いつもこの恐ろしかった体験を思い出すのです…汗




おしまい


31ixSf1JbrL.jpg



坂田靖子セレクション (第5巻) 芋の葉に聴いた咄 潮漫画文庫


FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2014/05/09 12:58】 | 未分類
|


はるぼう
>良パパ
田んぼしかなかったんだよ~周辺。
高校時代にはもう全部住宅になってたかな。
あっという間になくなっちゃった。



良ぱぱ
田んぼなんてあったっけか?
西○の方にはあるかw
正月に西○神社に初詣に行ったけど、あの辺は変わっていなかったよ。

コメントを閉じる▲