日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
私は、謝らなくてはならない。
それは二つのアイテムに対してだ…
キャノン純正のレンズ達と、そして愛機EOS60D本体に対して。
あるひとつのレンズを使うことで、自分が勘違いしていたことに気づかされたのだ。
キャノンのレンズはクソではないし、60Dも決して劣等生ではないと。



なぜこのレンズを購入したのか、今でもよくわからない。
運命とでも言うのだろうか、オークションでツラツラと流れる数多のレンズを眺めているウチに
相場より安く流れているこの70-200が目に付いたのだろう。
「明るいレンズが必要だ、それも飛びっきりのヤツが」
自分の中に、その言葉が繰り返し浮かんでは消えていたときだったので、
半ば衝動的に手を出していた。




初めて使ったのは曇天の屋外。
…ファインダーを覗いた瞬間に「これは…」衝撃が自分を貫き、
そして高揚する自分に気がついた。
興奮で体温が2~3℃上がっていたに違いない。
ファインダー越しなのに…いくつものガラスのフィルターを通した先の対象物が、クッキリ見える。
ピントが合っているのかどうか、AF合致のサインを待たずに、自分の目で確認できるのだ。
シャッターを切る先から、どんな画が上がるのか確信できる。
見える。対象物の表面の質感が。見える、細かな凹凸が、艶が…


このレンズと出会うことで、様々な考え方が変わった。
APSではいい画は撮れないのではないか…
キャノンの純正レンズは高いだけで良いものがない…
そんなことはなかった。
でも、そういう気持ちって理屈じゃないから。
実際に体験しないと納得できないんだよね。



かつて自分は悩んでいた…
なぜカチッとした画が撮れないんだ。
カリッカリのピンで、肌の質感が手に取るように見える…そんな写真が欲しい。
●シャッタースピードが遅くて被写体がぶれているのか?
SSを上げて撮るもカチッとこない。
●感度の問題か?ISO100でも800でも違いが分からないほどセンサーは進化してるようだ。
●じゃ、俺か?俺の手がぶれているのか?
手ぶれ補正機能付きレンズでもダメなんだ…納得の写真が上がってこない。
中坊の頃からカメラを囓ってたから、写真のことは少しは分かっているつもりだった。
だが、デジタルの世界はまた一から別の世界なのだ。

もちろん、満足いく写真、納得の1枚もないわけではなかった。
だが、何十、何百と切った中でたった数枚。
同じ条件で撮っているのに、なぜ「アタリ」の写真がこんなにも少ないのか。
確かに、以前はフィルムが現像から上がってきて、それを数倍のルーペで見ているわけだから、
細かなところは見えなかったし、レンズの入ったルーペでは被写体が歪んでいるかどうかなんて分からない。
それを、今はPCのモニターで等倍以上に拡大してあらを探すわけだから、
その上で納得の1枚となると、相当なハードルをクリアしなくてはならないのだ。

…やはりエントリーモデルの本体では限界があるのか。
これはブレやボケではなく、センサーの性能なのだろうか。
レンズが大口径じゃないからだろうか。光の量が足りないのだろうか。
でも、だとしたら数枚あるアタリの写真は何なんだ?
金を掛けなきゃ良い写真が撮れない…という訳でもない、アタリは少ないとは言えあるのだ。

今回、この70-200を導入して、アタリの確率が断然上がった。
いや、ハズレが少々で大半がアタリになったと言ってもいいだろう。
これは、単にこのレンズの描写力に頼ったモノでもないのだよ。
まず、ファインダーが明るいので覗いてから、ピンを取る、フレーミング、シャッターを切る、
ここまでの一連が速くなるんだ。直感的に撮れるって印象。
覗いて、ピンを合わせた段階でピンが来てる感がはっきりわかるので、安心して即座にシャッターを降ろせる。
これが、暗いと、本当にピント合ってる~?なんて疑問の目でファインダー内を確認せにゃならん。
実際、AFが合ってるかは暗い場合カメラ任せ。ピンの山がはっきりしないんだよ。
でもこのレンズはピンの山がはっきり分かるんだ。
マニュアルでの微調整も容易だろう。

このF2.8 通しの70-200は、遠回りしたとしても最終的に辿り着くレンズと言われている。
様々な高性能レンズの中でも朱雀の逸品なのだ。
つまりは、アタリのレンズ。
自分の場合はその中でもアタリだったのかも知れない。
同じレンズでも個体差がかなりあるようなので。
明るさ的にF2.8でも24-70は、少々がっかりしたくらい。
もちろん明るくていい画も撮れたのだが、期待ほどではなかった。
さらにはF1.8や1.6の単焦点も持っているが、当たればズームにはない描写を見せるが、
それとてアタリの画は高確率では出てこなかった。

というので、レポートとしては、素晴らしいレンズをゲットしたぜ!ってことなんですが、
これが、あらゆるジャンルのあらゆるユーザーに当てはまるかというとそうでもないと思う。
自分はポートレートメインで、カチッとした画が好きなのでドンピシャだったということ。
あちこちさ迷わずに、このレンズに早々にたどり着けたのはラッキーだったかも知れない。

レンズ単体で言えば、特筆すべきは描写より「爆速」と言われるAFだろう。
正確で、かつ速い。
「速い」のレベルが、尋常じゃない。
シングルモードでも常時追っているサーボの様な速さ。
どこにピンを合わせようかな…なんて思ってるウチに合ってしまう。
以前は、AFのスピードなんてもう十分だよ…と思っていた。
遅いといっても1秒の話。それが0.3秒になったとて知れてるでしょ…と。
それがね、そのコンマ何秒がすごく体感できるの。速いわ~助かるわ~って。
特に、モデルがポーズチェンジしてピンを合わせる目の位置が大きく動く場合なんてのはてきめん。
そんな動きにもピンを合わせ続けてシャッターを切り続けられるというね。
ありがたいですわ~ありがたやありがたや笑

そんなこんなで、追って作例もこのブログで紹介しますね。






スポンサーサイト

【2014/08/29 02:21】 | 未分類
|


はりぼ~
運動会にいいかもね!
シャッタースピード稼げるし、
AFの追いかけ具合が半端ないから。
とにかくこのレンズに出来ない事はない!ってくらい凄いから、望遠に予算割くなら、絶対おすすめだよ。



良ぱぱ
運動会撮影用に欲しいね。。。。

コメントを閉じる▲
ひっさびさに愛車ルイガノねたです!笑

このブログの初期にも登場しているのでTR-1はもう10年乗ってるってことですかね。
これだけ使ってやれば元は取っているでしょう(笑
もの持ちいいなあ。大人になるとモノを長く使うようになるよね。
また、10年なんて期間があっという間であるということも言えるのかもw
サイクルコンピュータが故障したので4000kmまで走ったのは記録されていますが、
その後、どれくらい走ったのかは不明w 

タイヤ交換をしました。
今でも頻繁に乗っているのでタイヤはしょっちゅう交換するのですが、
パンクリスクを避け、交換頻度も下げたかったので、最も耐久性の高い製品を選びました。
これがリブモです。
装着してみると接地面がフラットではなく尖った感じなので転がり抵抗は低いかな…?
20140822_172343.jpg

ブレーキパッドも交換。
どうやら小さな金属片を噛み込んでいたらしくギーギー言ってた模様。
完全に見栄えだけで赤を選択w パッド交換タイプにしたのも同じ理由。
20140822_172352.jpg

まだ走ってないので、試走行後にまたレポートしますね!








【2014/08/23 21:22】 | 遊びレポ
|
最近はまってる大阪グルメがあります。
それは穴子寿司。
江戸前ちゃうのん?と言われそうですが、美味しいんですよ。

堺市の深清寿司

20140813_182326.jpg

写真はひとつ食べてるけどw
焼きではなく、蒸し穴子がのっている握りで、濃いめのツメが縫ってあります。
この穴子の食感がすごくてですね、トロットロなんですわ…
型崩れしないギリギリまで蒸し上げてあって柔らかい。
これを、歯応えがない、物足りないと感じる人もいるでしょうが、自分は気に入りました。
お値段も高くてですね上握りが2000円、並1000円かな。
このほかに箱寿司もあります。
上は穴子の胴体の太い良い部分を使っていて、並、箱と使ってる場所が尻尾寄りなのかな。
箱寿司はペラッペラの尻尾に近いところが申し訳程度に覆っている感じでしたw
でもこの上握りは値段なりの価値あると思いますよ。
16時くらいに行ったらちょうど売り切れになるところでした。
平日でも常時御客が待っていて、そこそこ待たされます。
電話予約が無難とのこと。
駐車場がありますがキッツキツなのw


もう一つは夢一喜 貝塚店
20140812_192040.jpg
ステーキハウスかな。もともと高級店が入ってた店ということで造りは上品ですが、
現在は比較的カジュアルなお店になっており、ガヤガヤしておりますw
でもお肉は柔らかくて美味しい。
最初からナイフとフォークは出てこなくて、箸とお茶碗にご飯、お新香。
ステーキソースが付いてきて、付けながら食べる感じ。
肉も野菜も生でのっけてきて、鉄板で好きに焼いて食べてねという放置プレースタイルw
鉄板がそれほど厚みないので、ウエルダンにすることは不可能w
よくてミディアムレア程度、だいたいレアで食べることになる。
レアで美味しいんだけどね。田舎に生肉文化をよくぞ浸透させたよねw
ここはハムなどの加工食品メーカーが経営してるってことでオードブルがハム&オニオンスライス。
ステーキにもオニオンスライスw 淡路島のタマネギなんでしょうか、かなり押してきますw
雰囲気にしてはちょっと高いかも知れないけれど、美味しいお店でしたよ。

おしまい



【2014/08/22 12:07】 | 遊びレポ
|
お盆は、恒例の大阪へ。
早々に墓参りを済ませて自由人にw

翼を入れないと絵にならないので、シートは翼の横を選びますw
20140816_145037.jpg


今年の夏旅は四国の徳島にしました!
IMG_6042.jpg

例によりギリギリに決めたために、真鍋島の宿が取れず!涙
今年は行きたかったんだよなあ~!
んで、じゃどこにすっぺと調べたら、もう徳島の阿南市の民宿しかなかったんだよねw

この旅は色々あったよ…

民宿は、四国一美しい海水浴場「北の脇」にほど近いロケーション。
宿泊費は安くて、追加料金で伊勢エビだのアワビだのサザエだのが追加できる!
3日ほど前に電話して「追加料理を…」と言いかけたら、かぶせ気味に「無理です!」との返答…
台風で漁が出来なくて無理だとのこと…え?もう台風から数日経ってるのに…(´・ω・`)
料理は鶏の唐揚げでした(笑 学生の合宿所かよ!!
…とまあ、料理に関しては出発前からズコー!って感じでしたw


そんで出発してからも…

まず祖母の車を借りて出発したんだけれど、出発早々にエアコンがブロークン!!!
灼熱の日本をエアコンなしのクルマで窓全開でツアーということになりました~!やったね!
死ぬから…
お盆はディーラー様もきっちり休んでらっしゃるのね~そうなのね。
今どきね、窓開けてるクルマなんてないから(笑 見られて恥ずかしいわっ!
暑いので、とにかく最短ルートで海水浴場へGO!

うどん県から徳島へ…って感じだったんだけれど、世紀の発見をしました!笑
香川の北から、徳島方面へ何かするに従って、同じ讃岐うどんでも腰が違うということ。
北の方が腰が強く硬い、何かするに従って、徐々に腰が弱くなり、代わりにもちもち感が強くなる。
これがね、もちもちも悪くないんですわ。普通の腰のないうどんってわけでもない。
20140814_130417.jpg

そして、忘れちゃ行けない!徳島ラーメン。
濃厚で美味しいねえ。甘辛い肉と生卵で、簡単に言うとすき焼きラーメンだよね(笑
エアコン壊れたクルマで汗だくだから、塩分補給できましたわw
20140814_143558.jpg





16時くらいで少し日が落ちてますが、こんな感じでした。
四国一綺麗か…という感じもしますが、綺麗っちゃー綺麗でしたよ。
透明度は台風の影響?かイマイチ。
でも浜自体はゴミなどなくて人口密度も低いし綺麗でした。
IMG_6037.jpg

携帯の方が発色いいなw
20140814_161527.jpg


台風で流木が打ち上がってました。
木の質感いいでしょw
IMG_6036.jpg


さて、旅に新レンズを持って行きまして…タムロンの24-70㎜ F2.8 です。


口径が大きいので、かなり重いんですがね…
50㎜前後をカバーする標準レンズで、F値2.8通しで全域開放は2.8です。
ヤフオクだと6万円台で落とせます。
この領域はキャノン、シグマもリリースしていますが、手ぶれ防止付きはタムロンだけなので1択ですね。
明るいしISO感度もよくなってるので手ぶれしないんじゃ…ってのもありますけどね、
やはり開放付近で撮りたいし。
キャノンのアプリDPPでRAWデータを弄るに際し、レンズもキャノンの方が…ってのあったんですが、
レンズ単体での性能に期待してチョイスしました。

明るいレンズにすると何がいいって、ファインダーが明るくて透明度が高いってことですね。
暗いレンズは、どーにもファインダー覗いたときに絵がざらざらして暗いんです。
これが解消されるだけでも十分なメリットだと思います。

さて、絵ですが、
全てがパキーンと来るようになるかというと、そうは問屋が卸さないw
開放が2.8、ポートレートだと3.5とか4辺り使いたいのでピンはシビア。
明るいのでAFも速いし頑張ってるけど、それでもボケるときはボケる。
暗いレンズでも、100枚撮ったら1~2枚パキーン!と来る絵があるんだけれど、
そのパキーンが10枚くらいに増えました。
等倍にしてみると、やはり細かなところまで描写出来ていて、衣類の繊維の感じなどもよく出ています。
ピンの前後のボケ具合も柔らかい。
明るい分、シャッタースピード速く出来るので、被写体ブレが減ってパキーン!が増えると思ったんだけれど、
思ったほど増えなかったな…WHY?

中央のみでピンを取りましたが、目でピンを取ってからフレーミング変更すると、
やはり少しピンがズレるんですね…これを同解消するかが課題。
マニュアルで少し戻すか、多点でピンを取るか、右で取るか…
明るいし、AF速いし、パキーンと来るけど、まだ全然使いこなせてないです。




IMG_5549.jpg
IMG_5256.jpg


そしてスーパームーン。
これは、24-70のテストも終わっていないのに、次の大砲を…汗
こちらも手ぶれ補正付き。200㎜で撮影して、月自体はぶれてない模様。
(トリミングしています)
こちらのレンズについては、また追ってレポートします。
IMG_5965.jpg
IMG_5979.jpg



【2014/08/19 03:22】 | 遊びレポ
|
7月の総括!w

クルマのオイル漏れ防止処置で修理工場にクルマを入れました。
大したことじゃないんですが、なぜこのタイミングで処置したかというと…キチガイに絡まれたからw
これについては、追ってレポートしますねw

まっちゃんとの会食。
取り立てて何がってことでもないんですが学生時代からの親友との定期オフ。
待ち合わせ1時間前に、出まーすと連絡、到着寸前に30分遅れるとの連絡。
その30分後に、これから出るのでもう30分との連絡w その時間になってから遅れると伝えるのではなく、
遅れると確定したらすぐ連絡欲しいです~涙 この時期暑いんで外で待つか、
珈琲でも飲みながら待つかって選べるだけでも違うので。
ま、いろいろ事情あるだろうけど。
気が知れた友達と食べると何でも美味いですわ。

横浜プールで撮影会。
ここで大口径、明るい望遠レンズが欲しくなった…

米国在住夫婦と会食。
自営業者同士、色々とビジネスの可能性を語りました。
経営者とのアイデアの出し合いは、実現の可能性があるのでo(^-^)oワクワクします。

旧バドミントンサークル系チャリサークルのリーダーと久々にオフ。
彼が扱っているインソールを購入。
世代が違って、自転車遊びもレベルが違うので、最近とんと縁遠くなっていたんですが、
久々に顔を合わせられてよかった。このままフェードアウトも寂しいなと思っていたので。

ボディビル大会撮影。
仕事ですが、なかなか面白い大会でした。
ここでもカメラの性能など色々とデータが取れました。
一脚を使うなんてこの仕事だけなんでスキルアップ出来ます。
この帰りに、ひどいゲリラ豪雨に見舞われ、2時間近く足止めをくらいました。
コンビニの店内とか水浸しになってたw

神田明神。
やっとこさ、やっとこさで、昨年の厄払いのお札とかお守りを返却。
全然御利益がない?縁結びお守りは購入せず(笑

May J.のライブ。
20140711-mayj.jpeg
透明感ある美人が透き通った声で歌う。いいんじゃないでしょうか。
ただ、ZEPPE東京でスタンディングだったんですわ…疲れましたw
着席でしっとり聴かせて頂きたい。
歌が上手すぎるからでしょう、CD聴いてるみたいでした。
一切乱れないから、むしろ違和感?w 恐らく何度レコーディングしても同じ音が取れるのでしょう。
CD流しながら踊ってるだけのAKB48とは格が違いますw
ただ、マイク通している感強かったかな。
福原美穂とともに、ブレイクして欲しいシンガーの一人です。



板蕎麦蒼ひ 横浜関内
http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140104/14008615/
25829737.jpg
美味しかった!蕎麦は極端に不味いとかないと思うけどw
蕎麦以外のメニューも充実してるので色々楽しんでから締めに蕎麦。
板そばは板状の皿に盛ってる。一人前のボリュームが男向けでしっかりなのがいいね。
店はせまく、女性スタッフ一人で切り盛りしてるんだけれど、てきぱきしていて好印象だった。
やはり人気店らしく夜の1回転目は満席。2回転目以降を狙うべし。
(ただし禁煙ではなかったので注意)

ビッグ寿司
http://tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13008848/

19746984.jpg
裏通りに入った住宅街にポツンとあるお店。
リズナボーで入りやすい。座敷は子供連れが占拠しており、やや騒々しい。
でもね、こういうの求めてたって感じ。
銀座などで、お金出したら美味しいお寿司食べられるのは当たり前だけど、
それは、ベンツディーラーで「一番高いの出して」と言ってるのと同じ。
モノを見る目が無い人が、一番高いのなら間違いないからと、やる買い方。
コストと品質のバランスとか関係なく高いw
ここは静かな、ちょっと隠れ家的なところにあって、適価で、もちろん美味しい。
1500円程度の握りのセットで十分に美味しいネタが堪能できる。
別途高級なネタもちゃんと置いてある。
18時頃からの1回転が終われば騒々しい客も一段落する。
寿司の前に頼んだ酢の物が盛り合わせ的に10品くらい入っていて、
すごく優しい味だったのが印象的。
個人的にはすっぱー!っていうのがスキだけど、これもよかった。
あら汁も具が沢山入っていて、これがまた綺麗に骨を取り除いてあって驚いた。
だからガツガツ食べられる。食べるあら汁って感じなのだ。
握りはシャリがちょっと大きめ。大人の男向けでいいね!w
場所は裏手だけど店はそこそこ広い。繁盛してるからネタの回転も良さそう。
だからロスが出ると厳しい高級ネタもしっかり入ってるのかな。
混んでいるけど、外人含めスタッフは慣れていてストレスを感じさせない。
非常に気持ちの良い、ほっこりとした気分にさせてくれるお店でした。
昼間禁煙との表示だけど夜も誰も吸っていなかったです。
ビッグ寿司ってネーミングは、正直回転寿司的なものを想像させるし、
店が「リーズナブルな回らない寿司」って言っちゃってるけどw
すごく美味しかったです(^o^)

久々のグルメレポだけど、両店とも気持ちのいい接客が印象的。
高い(だけの)お店は、ネットや雑誌が勝手にレポするだろうし、
そういう店もある時期はよく行きましたが、想像以上ではないというか、
価格なり、もしくは高いな…場所代かな…と感じながら帰ることが多かったんですよね。
真剣に食べなきゃもったいない…みたいな気持ちにもなるし。
今回は、こういう気持ちもお財布的にも満足なお店だからこそ紹介してみました。



映画ゴジラ
Ss-godzilla-2014-1k.jpg
ネタバレのみでインプレです。
独居老人のゲンさんと観てきました。ゲンさんは小学生の時に初代ゴジラ(白黒)を観て、身震いした記憶があるそうですw
こちらのハリウッド版最新ゴジラも面白い!パシフィックリム的な怪獣映画。
CGによる想像上の動物の動きなんてのは、今や完璧ですな。

原発事故の跡地に放射線を吸収(栄養として取り込む)生物が現れた。
ひた隠しにして研究していたケンワタナベだが、成長したヤツが暴れ出した!
だが、これはゴジラではなく、翼竜スタイルの怪獣。
この翼竜がパートナーと出会って卵を産んだら大変なことに!
ゴジラはそれを阻止すべく、2匹のオフ会場所へと向かうが、人類はゴジラを敵と判断し翼竜もろとも
爆弾で木っ端微塵にしてしまおうと考える。
ってな感じ。
主人公の若い軍人はキックアスの主人公だった少年だと思う。
身体がでかくなってたなあ。

ゴジラや翼竜登場まで、人間関係などのストーリーで引っ張りすぎて、
ゴジラVS翼竜が存分に観られなかった気がする。
これは続編のためにゴジラをチラ見せさせたのでは…と勘ぐってしまう。
ゴジラは実に細かく描かれていて、強くてカッコいい。
子供ばかりではなく、大人の男心をくすぐる何かがあるね!
おすすめです!


ってな感じです。

ほなね




【2014/08/05 04:22】 | 遊びレポ
|