日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
スーツケース欲しい欲しいと言い続けて早数年w

海外旅行は自分では慣れているつもりなので、いつも軽装です。
荷物が少ないことがステイタスみたいに思っているのでw
ロスに行くときにウエストポーチひとつで行ったら、
入国の際に、税関でスーツケースをターンテーブルから持ってくるの忘れてない?って言われたことも…
軽装で行って、現地で着替えの衣類を買ってお土産と衣類を入れるために
やっすいwボストンバッグとか買って帰ってくるのが定番でした。
それゆえ大きいスーツケースとか要らないし!って。

一方で小型のスーツケースはTUMIの20インチを持っていて。
仕事での1~2泊の出張とか大阪の祖母宅に行く際に使っていました。
機内持ち込みギリギリのサイズなのでいざとなれば持ち込みで。

で、大きいスーツケース欲しいなと思ったのは…
まずTUMIのスーツケースが重いくせに何も入らない!w
ソフトケースは布製であるように見えますが骨組みが結構ごっつい。
だから重いし、中に骨組みやハンドルの収納スペースが確保されていて、
収納スペースが非常に狭いのが気に入らなかったんですね。
サイズ的にはスーツの左右も少し畳まないと入らないし。
これなら、同サイズでも樹脂製に変えるだけで容量は大幅に増えるな…と。
ソフトケースはフタだけ空くことや、ポケットが付いているなどメリットも大きいんですけどね。
空港で買ったお土産をチャチャっと詰めたりしやすい。
ハードケースはガバッと開けて中身を他人に見せながら詰め直しですから(笑

で、20インチのソフトとは違う使い方をできるものを…というわけ。
流行の樹脂製の軽いヤツを探していたら、リモワかTUMIの新しいシリーズか、ゼロハリかエース、
というまあ定番のメーカーに絞れてきて、いろいろ検討するわけですが。
スペック的に一番優れているのはゼロハリのゼロエアーだったんですよ。(価格以外w)
容量に対してのサイズと本体重量を見ると、ゼロエアーは断然軽いんです。
樹脂製のスタンダードなシリーズもあるのですが、更に徹底して軽量化しているんですね。
引っ張るハンドルは足1本(後に2本に変更)、
材質はポリプロピレン(後にポリカに変更)、内側は薄っぺらい布1枚。
手持ちハンドルすらゴムの薄い板みたいなものになっています。
これにより他製品より数キロ軽くなってるんです。




昨今は預けの荷物も重さにうるさいので、例え大容量のスーツケースを持っていたとしても、
満タンにすると重量オーバーになってしまう…なんてことも。
それゆえ、スーツケース自体の重さにもシビアに考えたかったのです。
そして、もう一つはスーツをあまり折りたたまなくても入れられるってことかな。
これは20インチより大きければ何でもそうなるんだけれどw

ゼロエアーシリーズは2世代目に入り、材質や容量などが更新されました。
個人的には初代のポリプロピレンとシングルバーのハンドルを所有したかったのですが、
グダグダしてるうちに、世代交代してました…残念。
最近は少し買い物もするようになったので、行きは空っぽだけど帰りは役立つんじゃないかな。

購入したのは70リッターで3.5kg。同じポリカのシリーズと比べて2~3kg軽い感じ。
腰下くらいの高さなので横引きもしやすいかなと。
4輪の場合、縦引き、横引き両方できるけど、
背中の縦引き用ハンドルを伸ばして横に引くとハンドルが曲がるなど壊れる原因になる。
(…と修理屋さんがブログでしつこく書いてたw 大抵のトラブルはハンドル持って横引きしてるからだと)
だから、本体の手持ちハンドル使うべきなんだけど、小さいサイズだと手が届かない。
横引き考えるなら70リッターからそれ以上を考えるべきなんだと思う。
それと、このゼロエアーは軽量化にともない装備の簡素化もされていて、
特別な仕様だけど安いってのがいいw 自分の場合は使い倒す感じだから安いにこしたことないかな。

で、価格競争になるとリモワの並行輸入が俄然有利。
ただ、国内の保証書がないと有償でも修理してくれないのがリモワのやり方。これは厳しいよね。
恐らく全国の修理屋に御触れを出していて、保証書がないものを修理すると、
以降、純正部品を出さないなど閉め出すらしい。
だが安いから壊れたらお仕舞いでいいかな…という気もあったんだけれど、
このゼロエアーがアウトレットで安く出ていて、リモワの並行ほどじゃないけど納得できる差だったので決めました。


年末に海外に持ち出して、どれくらい傷つくか調査しますw





スポンサーサイト

【2014/10/31 21:41】 | 物欲
|
出たてのXperiaに手を出しちゃいましたw

待ちきれなかったのかなあ?ミーハーなのかなあ?

いやいや、そーじゃないんですよw
いや、そーかな…w
それまで使っていたGalaxyS3αは別に問題なかったし、
新機種が登場と同時に買うと割高なのは分かっている…
でもね、買っちゃったんですよ。

では言い訳を!w
●まずGalaxyの充電がちょーっと怪しくなってきたこと。
たまに充電ペースが遅かったり、止まったりするようになった。
それこそソニータイマーじゃないけど、
狙いすましたかのように2年縛りの3ヶ月前くらいからですよ。
それとて、予備バッテリー2枚持ってるし、何とかならんではないんですが。
●イングレスをやっているとグラフィックが止まることがある。
もっさりってことなんですが、AndroidもやはりWindows同様に、
長いこと使っていると遅くなってきちゃうんですわ。
それとて、Galaxyの元祖や初代Google携帯と比べれば快適と言えるレベルなんですが。
●年末の海外旅行で充電が上手くいかないとヤバい。
海外で何するってんじゃないですけどねw はしゃいじゃってツイートとか
FBに写真アップとかしないんじゃないかと思うんだけど。
●あと2ヶ月で月賦が終わる、1ヶ月だけ1万円引きキャンペーンがある。
Galaxy月賦は2ヶ月で5000円残。払い終わるまで待ってたら、キャンペーン終わるw
ってことで、早めに買うと5000円お得だというコトが背中を押したかな…
●Z3のレビューを見ていたら、ドコモのクーポンのネタが出てきた。
引き留めポイントってやつですね。
長いことドコモに居ると?ナンバーポータビリティの予約をしようとすると、
「ちょっと待ってください、いいものがあります…」と裏に行ってゴソゴソやって
万単位の商品券を出してくるんですよw
これで2万円ちょっとのクーポンをもらいました。
キャリアを移ると3万円ほどキャッシュバックあるんですが、2万円もらえれば1万円差ですから、
まあいいかな…というラインに達しました。
あと17年もドコモに奉仕し続けているのでさらに1万円引き。
などを組み合わせることで、実質ゼロ円近くに。

Galaxyの月賦が終わってそのまま使い続けていれば、
月賦分安くなるから、月々の支払いが減るなあ…なんて思っていたんですが、
2年縛りの割引なんかがあって、実際600円程度しか払ってないんだよね。
だから8000円が7500円になる程度…の話。
で、Xperiaは割引攻勢かけると月々300円になっちゃうのよ。
じゃ、替えちゃおうかと。

サイズはこんな感じ。
DSCN0287.jpg
縦は随分長くなってます。横幅は似た感じ。
こう思い返すと、サイズ的にはHT03A(白いの)が一番扱いやすかったかなあ。指的にね。
片手で握って親指で操作しやすいサイズ、トラックボールで画面の隅も楽々クリック…
つくづく名機だったなあと。あれで速ければ今でも欲しいくらい。
次はコンパクトモデルにしようかな…って、また2年後かw

ガラケーも並べてみたw
DSCN0286.jpg
こう並べてみてもHT03は素晴らしい(しつこいw

で、まだいじってないのでインプレは追って。
ただ、ひとつ有り難いのはストラップホールがあること。
これにリングストラップ付けて指を通さないことには、片手操作できたもんじゃない。
このサイズでは確実に滑り落ちる。

ケースは使わない派なので、いつもは両面にフィルムを貼ってますが、
今回は強化ガラスを貼ってみたいと思います。
1480円だと下手なフィルムより安かったりする。
落としたりしたら割れるらしいけど、本体は守られるわけだし。ちょっと試してみます。


あと、検討課題はモバブー。
Xperiaはバッテリーの取り外しができないので、何か外部充電池を用意しなきゃならない。
これねえGalaxyだったら小さいバッテリー2枚も持っていればまず間違いなかったんだけど。

世間じゃこれが売れ売れらしいけど。これか、この次の世代モデルか、ちょっと検討中。




おしまい



【2014/10/28 02:42】 | 物欲
|


はりぼ~
>良パパ
ナンバーポータビリティ制度になってからあったみたい。
新規で入ってきたらキャッシュバック、
出て行かないならクーポンってことみたいね。
Androidだとどっちもどっち。
でもiPhoneだと移った方が断然お得らしいよ。

裏商品券?
良ぱぱ
裏クーポン。
前からあったのかな?
表立っては宣伝しにくいよねw


コメントを閉じる▲
人間というのは、いろんなモノが欲しくなるわけでw
夜中にどんな種類があるのか、どこが安いのか調べ始めると、あっという間に時間が過ぎていたり。
それとて結局買わなかったりして。
でも、興味が湧いたものに関しては種類や相場ってのを知っておきたいってのはあります。

流行(遅)のルンバ系お掃除マシンなんてのは、自分の家は狭いので使い道ないですが、
どんなものが、どんな価格なのかな…ってのは気になります。
映画を見ていて、いいなと思った俳優がいたら、その出演していた過去の作品をほじくり出して…
DVDやブルーレイが出ているか、いくらくらいで売ってるか調べたり。
こんな作品にも出てたんだ!みたいな発見もあります。
そうしてるウチに別の作品で共演していた別の俳優について調べ始めたりしてエンドレス!w

家電なんかは価格COMがベースになりますが、
あらかたカバーしているアマゾンも非常に役立ちます。中古も扱ってますし。
価格COMは相場のチャートが出るので底値っぽいものが見えたり、上下動が見えたりします。
一方のアマゾンはお気に入りに登録してると値下がりは教えてくれますが、値上がりは教えませんw
ってんで、役立ちアイテムがあるんですよ。

まずは画像を見て頂いて…
kakaku.png

これはグーグルクロームに使える拡張機能。
Price Tracker(Keepa.com)というのと
Amazon世界価格比較ツールというのを使っています。


もうお分かりかと思いますが、まずは価格の変動がわかるグラフ。
これは新品中古、アマゾン正規とマーケットプレイスの出品別のチャート。
それぞれの最高値最安値、各国アマゾンとの比較も出ます。
これを見て気づくのは、案外と価格は上下動してるということ。
気づかずにピークで買ってしまう…なんてことを避けられるかも。
急ぎじゃない買い物なら底値に近いところまで下がるのを待つなんてこともできまっせ。

そして、その下は各国アマゾンの価格比較表です。
上のグラフにもその機能はあるんだけれど、一発表示させたいのでこちらも使ってます。
輸入品だと、アメリカやイギリスのアマゾンから送料を掛けて買った方が安い場合もありますよ。
クレジットカード登録で普通に購入できます。

ってんで、物欲からの下調べマニアにお勧めのクローム拡張機能でした。


おしまい




【2014/10/16 18:02】 | 物欲
|
まだ始めたばかりですが、はまってますイングレス。

Googleが提供する、いわゆるゲームなんですが、これが面白い。
誰もがお世話になっているグーグルマップに沿って陣取りゲームをしようってものなんですが…

青と緑の2チームで場所取りをする、お地蔵さんとか二宮金次郎像とか、郵便局とか、
目印になる「ポータル」という設定されたものを自分の色(緑か青)に染めていき、
それぞれを繋いでリンク、3点を結んでフィールドを作っていくというもの。

単純なんだけど、このポータルを染めるにはGPSを立てて、実際にその場所まで行かなきゃならないのだ。
だからPCやスマホをせこせこ弄ってるだけじゃ、出来ないってわけ。
足を使って、ガシガシ移動して初めて楽しめるゲームなんですわ。

で、青くしたお地蔵さんを、敵チームが緑に塗り替えた!となれば、現場へ直行して塗り直すわけです(笑
そういう仮想空間と現実を結びつけ、画面の中と現場を結びつけた、新しいゲーム。
以前、ガラケー時代に国盗り物語みたいなのあったけどね。それの進化版かな。


今、爆裂に「来てる」ので、一応ダウンロードして遊んでみて、
「あ、イングレス?やってたけどすぐ飽きちゃった」って言う用に試しておいた方がいいよ!笑
scanner_20141010_121938_0.png



【2014/10/13 04:07】 | 未分類
|
クライアントと六本木ミーティング。

毎度、色々と食事するレストランや二次会?的な場所を探したり考えたりしています。
一昔前はキャバクラ的なところで良かったんだけれど、いまは廃れちゃってる。
話の上手いキャストも少ないしね…

今回は食事はインド料理のMOTIに。
ま、インドカレーの総本山ですよ。鉄板。
社会人になりたての頃、先輩が外回りの途中で「モティでも行くか」とランチに連れて行ってもらったのが最初。
インドカレーなんて食べたことなかったんだけれど、すごく美味しくて感動したのを覚えています。
クライアントはラムの香りが…とか、スパイスが強い…とかであまりお口に合わなかったようですがw
バターチキンとほうれん草のカレーというフツーな組み合わせにしてしまったので、
次回はもちっとトリッキーなところ行きたいな…。

さて、その後、再上陸したウエンディーズで時間調整しつつ金魚へ。



金魚ってのはショーパブみたいなもので、ショーを見ながら食事できるお店。
一晩に2回のショーがあります。今はちょうど20周年のプログラムになっております。
このお店のショーの特徴は演者が男、女、ニューハーフと3タイプ存在することwでした。
でした、と過去形なのは、今やそれをさほどネタにしていないことや、ニューハーフの人数も少ないから。
よくあるニューハーフパブのコメディタッチなノリは一切ありません。
実にこだわったショーの内容となっていて、ニューハーフは普通の女性役を普通にやっているだけです。

また、特筆すべきはそのステージの3D的な装置。
狭いながらも床は奈落が出来たり、階段状になったり…とベガスのシルクドソレイユに引けを取らないくらい。
ワイヤーアクションがあったりベルトコンベアはクレイジーホースのまさにソレです。
吊された布のロープ?を使ってのティシューアクロバットなんかもあって本格的。
見るものを飽きさせません。


ショーの前と後には演者の方が客席を回ってお話したり写真を撮ったりできます。
この時間も結構楽しいんですよね。

ってんで、皆さんも機会があったらぜひ!



【2014/10/11 14:01】 | 遊びレポ
|
一応、9月までの過去ブログはライブドアに移植しました。

引っ越しは、通常テキストだけ移植なんだけど、大手から大手の場合は大抵画像やコメントも吸い取ってくれるみたい。

お陰でほぼ同じモノが保存できました…。


【2014/10/11 13:28】 | 未分類
|
久々にベガスに行こうか…そんな気持ちになっています。

ラスベガスに入れ込んだのはいつだったか。
このブログも2005年以降なのでそれ以前は、自分の記憶もあやふやでw
デジカメの写真を掘り起こすと04年が最古なんですが、それもベガス初回じゃないんですよね。

ロスへ遊びに行ったつもりが、ちょっと足を伸ばしてベガスへ…
予備知識もなく飛び込んだ非日常の世界に衝撃を受け、何度も訪問することに。

当時のラスベガスはファミリー向けをうたっており、
ホテルはテーマパーク化し、リーズナブルなビュッフェ形式のレストランの味を競い、
無料のショーを展開し、カジノ=おっさんという図式を吹き飛ばした時代でした。
食事や宿泊は非常にリーズナブル。
それで集客してカジノやショーで金を落として貰おうという街でした。
だから、貧乏学生でも必要最低限の費用で滞在し、非日常の世界をそれなりに堪能できた。
もちろんセレブは優雅な遊び方もできる。
それぞれの楽しみ方がある、それがベガスでした。
新陳代謝が活発で、飽きられたホテルは壊して新しく!
売れないショーは、すぐに次のショーに変更!
こんな感じなので、何度行っても制覇できないんですわ…汗
だからリピートしてしまうという、上手い方法です。

が、しかし、ある時期からベガスの方針が変わり、自分はリピートしなくなる。
ホテルは単なる箱になってしまい、テーマパークではないものが建ち始め、高級化が進んできたのです。
こうなるとホテル巡りもつまらない。箱の中がいくぶん豪華といっても知れてますからね。
これがシーザースパレスだベネチアンだっていうと、内装も時代や場所を反映したテーマパークですから
歩いていても面白いのですが…
高級化っが残念なのは世界共通というか統一な部分が増えるから。
これはハワイのワイキキに絶望wしたのも同様の理由ですが、
大手チェーンのホテルが建ち並び、路面店は表参道にあるブランドばかり。
ローカル色が一切無くて、ロスのロデオドライブでもハワイのカラカウア通りでも表参道でも同じと。
もちろんそういった高級ホテルやブティックに接する機会がない人にとっては、
旅行してホテルもショッピングも非日常になるのですが、
日本の首都圏に居るとだいたい揃ってるのでね…
チェーン店ではない個性的なバーガーが食べたいのに、マクドナルドやモスバーガー、ロッテリア並べられてもね…と。
というんで、毎年2回ほど訪問してたベガスも2010年を最後にぷっつりでした。
といっても4年しか空いていませんがw


ごく初期の頃、ベガスの夜が明るすぎて驚いたのを覚えています…
P2010280.jpg

トロピカーナというホテルのカジノではアクロバットショーが無料で開催されていました。
P2020297.jpg

今は別の名前になってしまったバーバリーコーストというホテル。
現在フルリニューアル中だとか。
P2020285.jpg

そんなこんなで年末あたりで行ってこようかなとか。









【2014/10/05 20:55】 | ラスベガス
|