日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
絵がカチッと来る…という喜びw
これを求めて、ひたすら撮影を続けています。
こんばんは、はりぼ~です。

ちょっと目のアップで怖いんですがw クリックで拡大すると思いますのでよく見てください。
顔全体を撮った写真から目を切り出しています。
原寸より大きく拡大しているんですが、カラーコンタクトの網目が見えるかと思います。
もちろん睫毛の一本一本、目の毛細血管までクッキリです。
自分はピンが合った箇所がこういう風に正確無比に、目で見た以上に解像して欲しいんです。
IMG_0695.jpg

もはや、こういった要求ってのは絵としての写真以上のものであって、
スペックヲタクの自己満足に過ぎません。
でも、もっともっとと写真のクオリティを求めていった結果、そういうところに辿り着いてしまうのです(笑
これは写真沼なのか、レンズ沼なのか。

んで試行錯誤していて、色々と気づいてきたんです。
同じレンズでも、カチッと来るときと来ないときがあるな。
明るいレンズの方が「当たる」確率が高いな。
屋外で撮ると、やっぱり綺麗だな。

そんなことから、色々と足りない頭で考えまして統合しましたところ…
光が多いことが一番大切な要素。
その次にレンズの性能なんだなということに気づきました。

絵が綺麗に上がらないと、自分の腕のせいではなくモノのせいにしたがります(笑
タムロンの18-270㎜を使っていたときは、暗いレンズだから、ワイドレンジのレンズだから、
絵がイマイチなんだと思い込もうとしていました。
でも、このオールマイティレンズとて、ピーカンの屋外で撮ればカチッとした絵が撮れないことないんですよ。
今、かつての写真を見てそんなことにも気づきましたよね。

スタジオでの絵がぼやっとしていて、おかしいな?と思い始めたのがきっかけ。
これはレンズのせいじゃないかと勘違いしていたんですよね。
自分は、暗いレンズ→明るいレンズ→ストロボと買い進めたんですが、
実はストロボを先にしていれば、レンズ選択も違っていたかも…

スタジオって常灯光があって、見た目には結構明るいんですが、
屋外と比べると全然光が少ないんですよね。
だから、カメラに取っては厳しい環境。
レンズを明るいのにしてやるか、ストロボで光を足してやる必要があるんですわ。
24-70㎜F2.8がイマイチ…と感じるのは、室内だから。屋外だと神レンズでもあるんです。
そのF2.8のレンズでもぼやっとしちゃうところを、F1.4とか1.8の単焦点レンズだとカチッと来たり。
だからF2.8のレンズでもストロボ当ててやれば、綺麗に撮れるんですよ。

タムロンの24-70㎜がイマイチ…と悩んでいたのは、
実はキャノンの70-200㎜に原因がありましてね。
この70-200㎜F2.8が、本当の神レンズでして、ズームでF2.8程度にもかかわらず、
F1.8程度の単焦点と同等の解像をしてしまうんです。
だから、タムロン24-70にもそれを求めてしまった、期待してしまったんです。
だけどそれは酷というもの。
そのレンジで光が少なくても高解像を求めるなら単焦点しかない。
ということなんですね。

スタジオでストロボなしで、撮り比べた際、解像度は
24-70<50㎜F1.4 <タム90F1.8
という感じでした。タムがホント凄い。
ほっそい筒なんですよタム。見た目がすごくダサいwだけど絵が綺麗!笑
暗い時用に、50周辺の単焦点が欲しいですね。
35㎜、70㎜あたり。

というんで、レンズに頼るより、もっと光を!ってんで、
単焦点も欲しいけど、さらに明るいストロボが欲しくなってきました。

果たして何を買ってしまうのか…?笑








スポンサーサイト

【2015/02/24 05:20】 | カメラ
|
相も変わらず24-70㎜と格闘してます(笑

F2.8通しの大径レンズなのですが、どうにも思うような絵が撮れない。
ストロボ多用して、光を多く当ててやれば比較的いい絵が出るようになりました。

だがしかし!w
これとて同じ条件で50㎜F1.4 や90㎜F1.8で撮ると、もっと綺麗な絵が撮れちゃうんだよね…
単焦点というメリットやF値が明るいという点を考慮すると当然っちゃー当然なんだけど、
差がちょっと大きいかな…。

この通称タム90はマクロレンズで、花や昆虫なども撮れるレンズ。
非常に解像度が高く描写性に優れています。
すでに手ぶれ補正機能付きの新型も出ていますが、この旧型も根強い人気で生産し続けている模様。


これは50㎜の中では明るい方のF1.4 。
F1.8とさほど差はないけど…それでも明るくて、カチッとした絵が撮れます。




これも、70-200F2.8という神レンズが、
例えズームであっても綺麗な絵が撮れて当たり前…と思わせてしまったからなのでしょうねw
この70-200が単焦点と同等の解像度だったゆえ、24-70にも期待してしまったんですよ。

恐らく、この2本の単焦点より、ワンランク落ちる画質…というのが24-70の絵なんだと思います。
カチッとした絵を求めるならば、ズームレンズではなく単焦点で繋ぎなさいということですね。
フレーミングは自分が前後移動すると(笑

となるとですね、35㎜、50㎜、70㎜辺りの単焦点を揃えなきゃなんですわ。
24-70を思い切って売却するか…
35はシグマのアートライン、50はキャノンをそのまま使う、70近辺飛ばして、タムロン90で何とかなる?

そしてシグマの24-105がカチッとしてるとの悪魔の声も入ってきましたw
これもフレーミングの自由度が高くて魅力的なんだけどね…
ポートレートなら1本で全部こなしちゃう。

果たして何が正解なのか…






【2015/02/17 14:03】 | カメラ
|
人は成長すると角が取れると言われていますよね。

小さな事で腹を立てたりしない、
自分のなかで消化できるようになる。
許すことができるようになる。
寛容になる。

自分の父は最期まで短気で困った人だったので、
歳を取っても角が落ちないね…なんて思っていたのですが、
叔母が「そうでもないんだよ人間って」と言ったのがひっかかってました。

最近になって、いわゆる老人のわがままとか、クレーマーとか迷惑行為ってのが問題になっています。
これが、年取る毎に丸くなる…という理論に当てはまらないぞとw

そういえば祖母も「お茶は@@のじゃないと」「買い物行くならイオン」なんて言っていて、
@@のが無いから××でいいね?なんて聞くと意固地なまでに拒否したりします。
イオンが定休日だからジャスコで…とはならないんですよ。

人は成長するに従って、角が取れて丸くなり、そして、さらに歳を取るにつれて、また角が立ってくるということですかね。
許容範囲が広がって、また狭くなるようです。

電車の扉が開くと同時に、降りる人を待つこと無くシートに向かって走って行く老人。
走れるなら座れなくても平気だろw
小学生以下だな…と思うんですが、それは老化ゆえなんですね。
もう他人が見えなくなるんだと思います。


自分も中年も中年という年を経て、やっとそんなことが見えてきました。





【2015/02/10 18:04】 | 未分類
|
北米と、北海道と旅してみたわけですが、色々と思うところがありまして。

それは旅の内容うんぬんではなく、ガジェットについて。
主にカメラと携帯(のカメラやSNS投稿)についてです。

カメラに関しては、キレイな景色はキレイに撮れる一眼で!というのは当たり前なのですが、
これが案外、撮らないんですわ。
カメラを出すのが面倒なのと、
カメラを出すと「撮る」ことになって「観光」ではなくなってしまうからです。
よく日本人は写真ばっかり撮ってるって言われます。
でも写真を後で見返すと、そのシーンが思い浮かんで、再びあの感動が蘇りますよね。
いいんじゃないかと思うんですが、一方で、ファインダー通してみてると、
現場で得られる感動が幾分スポイルされるのではないか、とも感じるんですね。
よーし、美味しそうな食事をいただきまー「あ!ちょっとまって、写真!」
となると、確かに感動が一時停止するような気がしませんか?

またカメラを持って、もしくは首から提げては出来ないことも多く、
何かを「する」か「写真を撮る」というモードが結構はっきり切り替わっちゃうんですよね。

…ということから、実際には旅では要所要所で写真は抑えたものの、
写真という観点から見ると、もっと撮っておけよ、もっとしっかり撮れよ、という事多々。

結局、旅ということであればコンデジが必要なのかもな…と
いよいよ自分の考えを改めなくてはならないのか…と思案している次第でありますよ。

これだったら、最少1眼のEOSキスにコンパクトズームの方が使い勝手良かったのか?
それとも、リコーのGR程度のコンパクトが良かったのか。ミラーレス&パンケーキなら手軽だったのか?
カメラ購入時に、あれだけ悩んで出した結果が覆され、その選択時の思いが再び再燃します。

さらに、旅先ではツイッターやフェイスブックに写真をアップして、動画配信もしよう!と
意気込んでいたにもかかわらず、ほとんどやらなかった…
これも、旅を楽しむには、ネットの先の人とかどーでもえーねん!自慢したってしゃーないw
みたいな気持になっちゃうんですよ。
それは、現場で気持が盛り上がって、純粋に旅を楽しめたという意味ではいいのですが、
せっかくの機能がな…と今となっては、もちっとやっておけば…という感じ。

一眼レフどころか、携帯の写真ですら大して撮っていないw
だけどイングレスはやったw
なんやねん!笑

次回に向けて考えているのは…
それでも一応一眼は持って行く。しかしレンズは小径でいい。
動画配信は誰も見てなくても積極的にやるw




例により落ちはなし!w







【2015/02/09 02:26】 | カメラ
|
何だか鼻風邪が全然治りません。
こんにちは、はりぼ~です。

ソーシャルネットワーク、使ってますか?(長嶋茂雄風にw)

自分は最近、ツイキャスとGoogleのハングアウトをよく使っています。
ミクシィを始め色々なものが生まれ、使ってきました。

●故フェイスブック
2008年に始め、「今何してる?」に答えているのでしょうか?
最初の投稿は is at home でした(笑
最近は、他人のアップにイイねを付ける程度で自分ではほとんどアップしていません。
メッセンジャー機能は飲み会のグループなどの連絡用でちょいちょい使っています。
知り合い全員が読むのが前提なので、角が立たない無難なネタしかアップできない。
トヨタ勤務の人が居たら、日産の車を褒めるのも気が引ける。
Bさんとの飲み会が入っていたのでAさんの誘いを断った、なんて場合に、
Bさんとの飲み会での楽しい写真をアップというのも、何だか気が引ける。
ってんで、日時もはっきりしない感じでゆるーくしか更新できない感じw

●故ミクシィ
フェイスブックより先にブレイクしたのに、英語対応やグローバル化、シェア拡大が遅く、食われてしまいましたね。
今のLINEなんかも世界的シェアで行と、この先ワッツアップに食われるのかな?

●ツイッター
自分の中では中心的存在。
2009年に始め、10万ツイートを突破。
最初のツイートは its hot today!
共に日本人でのフォロワーが居なかったことから、英語で書き込んでますね。
地震を感じたらまず見るのがツイッターのタイムラインw
匿名のツイッター繋がりでオフすることが意外と多い。


●LINE
電話番号やメアドより聞きやすい。対女性において(笑
仕事相手でも連絡手段として使うことも。
会計機能とか色々付けてるようだけど、恐らくワッツアップに負けてひっくり返されるんじゃないかな。
日本と韓国くらいでしょ?流行ってるの。

●HOハングアウト
Googleが提供するグループチャット。
G+が良い具合に仮死状態wなので、FBみたいに素性を見せずにグループが組める。
自分はイングレスの緑チームでご近所同士のグループと横浜全体のグループに入っています。
ご近所ってことで身バレしやすいからこそ、ハングアウト。

●カウチサーフィン
個人的にはちょっとブーム過ぎたかな。
外人を自宅に泊めて上げるってのも楽しかったけど、最近はアポ取りマナーも悪くなったりで、
スタンダードになってきた故のデメリットが見えてきた。

●フリッカー
フォトストックサイト。最近は交流というより保存ストレージとして使ってる感じ。
最近はどこのフォトストックサイトも公開する写真のレベルが上がりすぎてw正直ついて行けない。
セミプロが、画像編集でさらにキレイに仕上げたら、撮って出しJPGなんて太刀打ちできない。

●Pinterest
ほぼ使ってないw
ファッション系の人はすごく重宝してるみたいだけど。

●tumblr
タンブラーは何気に使う。一時期、積極的にフォローしていたのが功を奏したのか、見ていて面白いネタが結構拾える。
それをツイッターやFBに流したりも。
ツイッターもそうだけど、面白いアカウントをフォロー出来ると楽しさが見えてくるタイプ。
始めただけじゃ何が面白いか分からないので続かない人も多いのかな。
このタンブラーをブログにしてる人も居る模様。

●G+
もはやAKB48のメンバーがコメント発信するのと、ヲタクがその情報を収集する以外に活用されていない(笑

●ツイキャス
話題のwツイキャス。最近よく視聴してます。
動画配信の歴史的にはYouTube、ニコ生、Ustream、ツイキャスでしょうか。
ツイキャスは登録に関して比較的障壁が少なく、ルールも単純なので広まっているのかな。
携帯一つで、ツイッターのフォロワーに配信を通知できるのがよかったのかな。
Ustreamだと、通知方法がないから。
配信者の総本山が石川ノリユキというのは、どーかと思うけどねw
ある程度、知ってる、ツイッターで絡んでる人の配信にコメントして楽しむ感じかな。
美人だと集まる傾向が強く、深夜の仕事上がりのキャバ嬢や風俗嬢が視聴者を集めている。
またホストのゲスwな放送にも女がたかっており、ホストクラブが儲かるからくりが見え隠れしている。
「おいブスども!コインくれ!」ってホストが言うと、ガンガンコインが投げられる様子は涙を誘うねw
視聴初心者はジャンルで面白そうなところを探し、
数名程度の視聴者と密に絡んでる放送を見つけると入り込み安いかもよ。
こないだベガス行ったときは、配信しよう!って意気込んでいたのに、全然やらなかった…



てんで、自分の使ってるオモチャの解説でした~おしまい


【2015/02/05 18:27】 | 未分類
|
イスラム国の日本人人質事件から、色々思う事があり、ESTAに辿り着きましたw


はりぼ~の言うところのESTAは米国のビザ免除プログラムのことで、
電子ビザとか言われたりしてるのかな。事前にウエブでパスポートを登録して、
質問に答えておくと、米国の入国審査が簡単に済ませられるというシステム。
おそらくは米国にとって危険ではない国からの渡航者向けで、
14ドルがかかりますが、米国の入稿審査は非常に時間がかかるので、
機械にパスポート通すだけで済む、このシステムは非常にありがたいのです。

米国は911のテロ以来、入出国に非常に神経質になっています。
911翌年は荷物の検査が厳しすぎて行列がずらーっと。
エアの搭乗ぎりぎりになったことも。
入国時は両手10本の指の指紋と顔写真を撮られます。これが時間かかるのよね…
飛行機に乗る直前の身体検査も、感度は非常に高くベルトの金具なんて絶対NG。
よそだとベルト、腕時計、メガネくらいは通っちゃうんだけど。
靴は脱がなきゃならないし、一時期はパソコンは電源を入れて画面を見せろなんてことも。
これじゃ観光客減っちゃうよ…といいつつ毎年訪問していましたがwww

米国は敵が多かったので、国内でテロも起きてしまった。
街で肩がぶつかる度に喧嘩してたんじゃ、最終的にこんなことにもなるよ…と
上から目線で見ていたわけですが。


日本にとっては、戦争や物理的制裁を加えていないから、仕返しされるなんて他人事でした。
が、今回イスラム国とは利害が対立し、結果二人の人質が殺されました。
次はマイターン、というか日本がイスラム国に制裁を加える順番ではありますが、
そんなことは関係ないでしょう。向こうが日本にネガティブな気持を持っていれば
さらなる暴力を振るってくる可能性がないわけではない…気がします。

大戦の神風特攻隊や人間魚雷回天と同様、彼らは自爆することを恐れませんので、
日本国内で自爆テロをやらかさない保証は無いわけです。
すると、日本の入国審査も厳しくする必要が出てくるし、
事前登録制度も必要になるかも知れない。

話飛びますが、
以前、AKB48の握手会でノコギリを振り回して、アイドルに怪我をさせるという事件がありました。
それまでは、恐らくヲタクとアイドルが和気藹々と楽しくやっていたんだと思うんですよ。
が、そのノコギリ事件以降、会場入り口で金属探知機とバッグの目視程度の荷物検査が
なされるようになったそうです。これは人件費や設備費など多額の負担になったと思います。
これってノコギリの犯人ではなく、主催者かCDの購入者が費用を負担することになりますよね。


ひとつの悪い可能性が、多くの負担を生む。
どうにかならんかね…
















【2015/02/04 16:50】 | 未分類
|
110kgで完全に停滞していたベンチプレス。

ちょっとした天井に当たっていた感じですが、風邪引いたり、旅に出たり、
自分の弱さだったりで、トレーニングの間が空いたのもあって、
伸びが完全にストップしていました。
当然、面白くない…
これが、おっさん週一トレーニーの限界なのかもな…
(週3回ジムに行ったとしても、ベンチプレスなど胸を中心としたトレーニングは1回程度)
伸び盛りの頃は必死こいて飲んでいたプロテインやBCAA、
クレアチンにプレワークサプリも湿って固まり始めてましたw

一旦、種目を替えてデッドリフトかスクワットの重量でも増やそうかな…なんて気持も。

と、そこに救世主が現れたのです!!!!(^o^)
ベンチプレスのジュニアチャンピオンであるトレーナーの加入です!
自分が今までやってきたベンチプレスは、挙げられる重量を増やす…という方向ではなく、
胸を中心とした筋量や筋力のアップを目指すものでした。
それと、挙上重量を増やす競技ベンチプレスとは、また違うものなのです。
伸び悩みを機に、そのトレーナーに教えを請い、競技用フォームと練習方に切り替えようかと思ったわけです。

自分のフォームを見て貰うと、これまた全然違うわけですよ…
目からウロコとはこのことかとw
たかがバーベルを挙げるだけのベンチプレスですけどね、
グリップの位置から降ろす位置、挙げる軌道まで色々あるわけです。
ここを修正していきつつ、練習方も変更。
筋量アップを狙う場合は10回限界程度でセットを組みますが、
挙上重量アップを狙う場合は高負荷低回数に振るとのこと。
神経系の発達に、よりウエイトを置いたトレーニングが効果的らしいです。
チートも使えませんので、フォーム改造により挙上重量は一旦下がりますが、
こちらの方が最終的に大きな重量が挙がるようになる…はずです(笑

KL6A0158.jpg

自分は競技に参加しているわけではないので、これといった目標なくトレーニングしています。
すると、サボったって何が困るわけではないし、楽しいからヤルってことなんですね。
長年トレーニングしているとマンネリ化してくるし、モチベーションも保てません。
そこで、自分なりに手を替え品を替えして、気持を入れ替えています。

バドミントンにしろ、トレーニングにしろ、仕事を終えてから、さらに体力を使う。
そんなこと、普通に考えたら過労になりますw
でも、仕事で疲れたからこそ、スポーツで一汗かいておくか!となるのが不思議。



今年もスポーツがんばります!(落ちなしw















【2015/02/01 11:40】 | トレーニング
|