日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
関東でも雪が降ったっていうのに、
Tシャツ1枚で回れた11月初頭のベガスレポの続きです。

ベガスに行ったら、やることが多いです(笑
メインストリートに並ぶホテルや店舗を巡るだけでも忙しいのに、
昼間、郊外にも行こうってんだから、アクティブです。
夜はショーを見て、ディナー&カジノに行くのでいっぱいいっぱいだしw

時系列は前後しますが、最終日にロスに戻る途中で、
バグダッドカフェに寄ってみました。
あまり時間もないので、駆け足だったのですが、ネオンが懐かしかったです。
って映画見ただけの場所なんですが。
 
ベガス~ロス間の高速から少しそれるだけなので、
時間的には1時間くらいの寄り道かな。
DSC_2276.jpg

まずはこのネオンが見えて感動!
DSC_2274.jpg

建物ってこんな感じだったっけ?笑
DSC_2270.jpg

映画のシーンだとガソリンポンプがあったみたいですが、
これは無かったです。あと水のタンクもなかった。
2012-05-20_155536.jpg

エアストリームはありましたが、中は空っぽでした。
DSC_2262.jpg

店内は覗いたけどスタッフ出てこないし、薄暗いしですぐ出てきましたw



そして今回は久々にエリア51エイリインを訪問しました。
映画インデペンデンスデイの2作目も出ましたんでねw
宇宙人やUFOの研究をしている米国の機密情報の塊みたいな場所です。
その近くにレイチェルという町があり、そこのドライブインである
リトルエイリインで、エイリアンバーガーを食べるという観光コースw
エイリアンソースが美味です!

完全にエイリアン押しです。
DSC_2245_20161125121826d03.jpg
トラックで回収される不時着したUFO。だいぶ錆が進行してました。
DSC_2243.jpg

店内はこんな感じでカウンターとテーブルが並びます。
ここでの楽しみはエイリアングッズを購入すること。
DSC_2251.jpg
エイリアンをベースにしたソースが美味しかったエイリアンバーガー。
DSC_2246.jpg


2時間半くらいで着くはずが、道を間違えて小一時間ロスしました(汗
前回は何年前か覚えていないんですが、
キャトルミューティレーションされたとみられる牛の死骸が
ぽつんぽつんと見られたのですが、今回は全くありませんでした。

名所でもあったエイリアン宛のポストが見るも無惨な姿に…
DSC_2242.jpg

これが自分が最初に行ったときの写真です。こんなキレイなポストがあったんですよ…
P9250359.jpg

こちらは再訪するほどではなかったかな…笑

こんな郊外にも観光スポット色々あるのでベガスの旅は面白い!


あとは、食事ほか総括です!
つづく

スポンサーサイト

【2016/11/25 12:50】 | ラスベガス
|
ベガスに10回以上行っていると言うと、
「ギャンブル好きなんだねえ」と言われることが多い。
でも、実際ギャンブルってのはベガスの魅力の1割にも満たないと思っています。
これが、まあベガスの誤解っていうのかな、ベガス=ギャンブルじゃなくて、
100も200もある楽しみのウチのひとつって感じなのよ。
で、自分の中で一番のウエイトを占めているのがショーです。
各ホテルが2~3個ホールを持っていて、集客を狙っています。

自分はシルクドソレイユのショーが大好きなんだけれど、
それゆえ「O」や「KA」などは何度も見ています。
今回は、マイナーともいえるレビューを中心に回しました。

ルクソールでやってるFANTASY。
比較的広めの会場でシートは階段状になっているので、後方でも見やすいかなと。
ここは発券段階でシート番号が決まっており、前が空いていても移動できません。
DSC_2187.jpg
中休みでMCがあり、おじさんコメディアンが歌ったり客をいじったりするんだけど、
これが結構面白くてびっくりw 客いじりすぎだけどw
DSC_2189.jpg
センターの歌手(踊らない脱がない)が居て、そのバックダンサー的に
女性ダンサーが踊る…という形と、ダンサーのみでのユニット曲っていう構成。
キャストのレベルは以前より高く、厳選されている印象。
昔と比べてシリコンバレー率がぐっと下がって、ひとりふたり居る程度で、
ほとんどナチュラルでした。
今はシリコン入れた巨乳ってのはもう流行ってないんだろうね。
ショーの構成、ダンスのクオリティともまずまずでした。



以前リビエラで行われていたクレイジーガールズがプラネットハリウッドに移転。
その歴史あるレビューが存続しました~みたいな。
これはリビエラ時代に観たけど、あまり印象にないw
DSC_2256.jpg
で、ショーガールが登場してまず思ったことが…
「BBAかよ!金返せ!」です(笑
平均年齢が相当高いです。薄暗い中で濃いメイクを見た感じ30代なので、実年齢40も居るのかも…
おいおいおい…歴史あるレビューってダンサーの歴史も…なんて思っていたのですが、
いやいやどうして、ショーが始まってみると、
ダンスのキレや表現力はピカ一!
やはり、亀の甲より年の劫とは言ったものでw
シンクロしてるし、指先まできちんと表現しています。
スタイル維持も完璧で、いつ若い者と入れ替えられるか分からない?
というプレッシャーを感じます。
確かにBBAがだらしないダンスしてるんじゃ客は入りませんわな。
ショーとしては素晴らしい。これでダンサーの質を上げたら、相当なことになりまっせ。
中休みのマジックはなかなかしょぼかったw
シートはフラットだけどステージが高い位置にあるので見やすい方かな。
でも前方を取るべき。
ここはシート番号が振られておらず、セクションのみ印字されています。
案内スタッフのさじ加減で案内されるので、早めにチップを渡すといいかもよ。
ショーの後で、ショーガールと写真が撮れるんだけど、
「写真40ドルでーす」というダンサーの声もむなしく、ほぼゼロ…
パフォーマンスはいいんだけどビジュアルがね…。



個人的に一番気に入ったのは、このXカントリー。
ステージは小さくてこぢんまりなんだけれど、その距離感がいい。
チケットを買うときにスタッフの感じが非常に悪くてなんだかな…と思ったけど、
案内人のおじいちゃんがイイ人で、前の方に座らせてくれた。
というのも、満席になっておらず後方はガラガラ、
前方もぽつぽつ空いていたのだよ。
ダンサーのレベル、パフォーマンスともにかなり高いのに、
運営がそれをアピールして客を呼べてない感じ。
ホテルハラスという古い箱からPHに行くべきはこっちじゃないか?
もっと売れるべき。
中休憩で出てきたコメディアンがしょぼかったなw
DSC_2218.jpg
最後にダンサーと写真撮れるんだけど、こっちは15ドルで、
まあまあ並んでたよ。

これらのレビューはアダルトオンリーですが、女性客も多く4割くらい居ます。
シルクドソレイユみたいなスタンダードなショーは7時の回と9時の回で1日2公演。
レビューはたいてい9時か10時スタートの1公演のみです。
スタンダードなショーの7時の回とレビュー10時の回なんかだと、梯子も無理では…ありません。



さて、
ベガスに来て、シルクを見ない手はないってんで、今回はKAを。
maxresdefault_2016111414141819e.jpg
まあ外さないよね。5回は観てるのに感動しました!
いや、今までで一番感動できたんじゃないかな…どうしてだろ。
日本人ダンサーのノリコさんも可愛かったしw

ベガスの夜と言ったらショーです。
一晩に1つと考えると4泊でたった4つだけしか見られません。
何十もあるショーの中から、たった4つですよ!
あれも観たかった、これも観たかった…が自分のベガスリピートの理由のひとつです。
スタンダードなショーを見終わって、やっとレビューにまで手が回っている状態ですw
それでも新しいショーがどんどん出来て…汗


今回の旅は、何となくマンネリ化してたベガスのはずが、
「ベガスたのしー!」って思い直すことが出来ました。
このKAを観て、今までより凄いと感じることができたのは、
なぜなんでしょうか?自分でもよくわかりません。
同じショーでもマイナーチェンジしてるからかな…。
それとも自分が歳を取り、何かが変化しているからでしょうか。


おしまい


【2016/11/14 15:03】 | ラスベガス
|
羽田ロス間がキツくなってきたなあと思っていたけど、
行きの9時間は結構余裕だった。

往復の機内で観た映画は
レジェンドオブターザン、君の名は、ザ、インフィルトレイター、
ダーティコップ、グランドイリュージョン、レインツリーの国、

の計6本かな。

例により映画はネタバレのみでレビューです。


バラエティ番組とか面白そうなのもあったんだけれど、
これはこれで集中力が持たなくて、ずーっとビデオを見てるって訳にも行かないのよね。
とはいえ片道6時間くらいは映画で潰せたわけで、
かつてはなかった、ひとり1モニターで、オンデマンド放送ってのは有り難い限り。
昔はひとつの大きなモニターをみんなで見てたのにねえ…今や昔。
遅いしデータ量めちゃ少ないけどWi-Fiも有料で使えるんやでw

●レジェンドオブターザン
人間界に戻って貴族階級として生きる元ターザン。
ダイヤモンドを採掘したい企業がアフリカの奥地で
開発許可を原住民に求めたところ、ターザンを連れて来いと言われる。
原住民とターザンには遺恨があり、復讐したかったのだ。
何やかんや理由をつけ、現地に連れてこられてしまうターザン…
ターザン系ではお決まりの、自然と人間の共存がテーマ。
自然の一部である動物族として育ったターザンと、
今や人間社会の一員であるターザンの葛藤などが描かれています。
CGも綺麗で迫力あります。
まあまあ面白かったです。

●君の名は
話題になってたんでね~観てみたかった。
アニメだし学生の恋愛ものだし…と躊躇してましたが、観てよかった。
なるほど騒がれるのもわかるなと。
ストーリーはなかなか練られていて、徐々に引き込まれていく感じ。
男女が入れ替わるというシチュエーションが、
昔の映画転校生的と言われたりしてるけど、
そんなにアレに近くはないかなあ…。
君の名はっていうタイトルだけあって、
心の中で名前を叫ぶシーンにじーんと来た。
アニメなので大画面で見る必要はないかもしれませんが、
ぜひとも見てほしい映画の1本ですね。


●ザインフィルトレイター
麻薬組織に潜入して、麻薬王と取引するところまで漕ぎ着け、
結婚式に呼び出して一斉に逮捕するという実話に基づいた話。
潜入だから、自分もワルになるわけで、麻薬王にたどり着くまでに、
色々なほかのワルに狙われたり、殺されかけたりする。
そして、悪の組織の中の人と家族ぐるみで付き合い、
情が沸いてしまい、逃げるようサインを出すシーンも…。
主人公の妻役を演じるダイアンクルーガーが若く美しい。
それを心配する妙齢の本妻。
ハラハラするシーン満載で魅せる。
キャストもいい。
いかにも悪そうなヤツ、エロそうな顔した女、
企んでそうなヤツ、チャラチャラしたヤツ…。
今の映画だけど、古き良きアメリカも感じられます。
おすすめ。

●ダーティコップ
ニコラスケイジとイライジャウッドという意外な組み合わせ。
刑事二人が悪者の金庫を破って中身をいただこうと計画するが、
トラブルが色々と発生して、仲間割れもして…ってな感じ。
すっきりしないラストに、何かもう一本観たくなるw

●グランドイリュージョン
二作目みたいね。
映画ラスベガスをぶっつぶせ!みたいな感じ。
若いマジシャン数名がどでかいことを仕出かす。
痛快でありながら、人間関係とか色々混ぜて…
うーん、まあまあかな。

●レインツリーの国
若い男女の恋愛ストーリー。
おじさんキュンキュンしちゃった(笑
女の子の運営するサイトに来た男の子がメッセージを送ったことをきっかけに、
仲良くなり、オフって関係が深くなっていくまで。
会ってみたら、「この子なんか変な女の子だな?」と思う主人公。
問いただすと、難聴であることを告白する。
難聴であることを理解しようと努める主人公だが、
女の子がまたなかなかの我がままっ子で(笑
ああして欲しい、こうして欲しいがあって難しい。
もちろん障害に対してのコンプレックスも。
切れやすい性格の主人公だが、これをじっくりと紐解き、
お互いに理解し合って、きょりが縮まっていく。
女の子がかなり面倒くさい感じなのでw
男に対して若い子なのに辛抱強いなあ…と思った。
自分なら無理だわ~と。
でも、女の子が西内まりやなので、まあなんでもありだなw

default_1d5babc55454ee4dbc01e6cd0e75b8d7.jpg


って感じで、個人的には
君の名は、レインツリーの国なんかも見てみるもんだなあと。


おしまい


【2016/11/14 14:06】 | ラスベガス
|
ベガス初日は、一番の目的(建て前w)である仕事のセマショー取材です。
SEMAショーってのは、自動車関連企業の集まるイベントで、
ベガスのコンベンションセンターを使う最も大きな催しです。
だから、ホテル、パーキング、レストラン、カジノ、道路、すべてが混みます!
DSC_2173.jpg

とはいえ自分たちはセマショーの最終日に行ったので、
初日なんかよりずっと人が少なかったみたいですね。
実際、ホテルの相場も落ち着いてきていました。
それでも通常よりずっと高かったけど。

朝はシャトルバスかモノレールか…迷いました。
以前、CESというSEMAに次ぐビッグイベントの際は、
数ブロック前から渋滞で車が動かなかったので(汗
モノレールが満タンで乗れないんじゃないかとか、
シャトルバスが現地までスムースに行けるのかとか、
かなり心配したんですが、モノレール大して混んでませんでした(笑

DSC_2233.jpg


クルマのカスタムやメンテナンス、
補修などの関連企業のブースが出ていて、プロ向けですね。


DSC_2169.jpg
DSC_2168_20161114113006ef7.jpg
DSC_2165.jpg

何か新しい技術などがあったかというと…NOかな。
いつか、どこかで見たことがあるようなものでした。
でも、車で楽しもう!って姿勢はさすがアメリカだなと。


後日、ロスでも自動車の博物館に行きまして…
ほんとクルマ好きだなw 
ピーターソン自動車博物館。
DSC_2279.jpg

あちこちで見る気がする(笑 デロリアン。
DSC_2295.jpg

映画ミスサンシャインで使われたVWバス。
DSC_2296.jpg
こちらはテルマ&ルイーズで使われたオープンカー。
DSC_2292.jpg
洗車道具、ワックスなんかも古いのが展示されてたよ…。
DSC_2289.jpg

カーカスタムの歴史。
BOSOZOKU、VIPがジャンルとして確立されていた!w
DSC_2300.jpg

ベストオブはりぼ~はこのブガッティ。
某国のプリンスの結婚式に献上された一台だそうです。
DSC_2306.jpg

という感じで、クルマ関係はこんな感じ~

なかなか面白かったです!

続いては映画とショーでーす。

おしまい

【2016/11/14 12:03】 | ラスベガス
|
今年二回目となるベガス
DSC_2245.jpg
そろそろひと段落して、ベガス以外にも行ってみようかな…なんて思ってた矢先。
SEMAショーに行くということで、同行者が出てきて、11月に訪問。

ぶっちゃけ少しテンションは下がっていたんですよ。
ショーは一通り見たし、初訪問の人の案内も疲れるし…
ホテルはテーマパークから、ただの綺麗な箱がスタンダードに。
…と、自分の好きなベガスがなくなりつつあったんでね。

今回の旅程としては、
羽田からロス、ロスからレンタカーでベガス。
マンダレイベイに二泊、ミラージュに三泊。
最終日にロスへ向かい、泊まらずに23時の飛行機で羽田へ。

飛行機は完全に羽田になりましたね。
初日が16時着で、移動&寝るだけになりますが、
帰りは丸一日使えて、日本に朝5時着なので、その日が使える。

成田便だと午後出て、昼着だったので、初日が使えるんですが、
それでも、羽田の近さが有り難くて。

初日は渋滞が酷くて24時ベガス着。疲れた…。
ロングフライトが辛い年齢になってきました。


さて、まずはホテルから。

こちらマンダレイベイ
ベガスの中でもそこそこ高級なホテルです。
南国リゾートをイメージしてます。
5d1b4a69_z.jpg
2Qベッドの部屋で、ストリップビューです。
DSC_2155.jpg
シンク2か所、大きなバスタブと、シャワーブースが別になっています。トイレも別で個室。
DSC_2152.jpg
ストリップが案外遠くに見える。
ルクソールとも距離があるね。
DSC_2158.jpg

以前、車いすの人がパンクしたとき、
宿泊者じゃない我々に快く、ホテルの車いすを貸すと言ってくれたマンダレイベイ。
普段は高いし立地もよくないので…と敬遠していましたが、
SEMAショーのお陰でホテルを選べる立場ではないw
コンベンションセンターから一番離れているこのホテルが一番安くて、
初めて選んだってのが、ここに泊まった理由。
でも、設備も雰囲気もすごくよかったです。
また泊まりたいなあ。MGM系列なのでパーキングが有料になって空いています。
自分はMライフのメンバーなので、無料でしたが、
翌朝出るときに20ドルって出るので、これメンバーじゃなかったらキツイよなあと。
メンバーだと逆にありがたいシステム変更ですよね。

一方で、この後で場所がいいミラージュに引っ越して気づいたことは、
徒歩で出かけるのが結構大変。ファストフードとリカーショップがあるにはあるけど…。
クルマで出かけるのが前提になりますな。
夏場などホテル&プールでまったり…に最適かなと。


で、もう一か所泊まったミラージュ。
love.jpg
今回で1泊100ドル中盤くらい。(土日含む)
部屋はごくスタンダードで、シャワーとトイレが一緒のバスルーム。
シャワーブース別じゃない場合、バスタブがあっても実質シャワーだけって感じだよね。
個人的にはこれでも十分で不満ありません。
DSC_2197.jpg
フロントの後ろが水族館になってます。
たまに映画などで使われています。
DSC_2195.jpg

ここはベガスだと中の中くらいかな?
ビュッフェも悪くないけど、流行りの高級ホテルのビュッフェほどではない…。
それでも立地が良く、リビエラやフラミンゴ、リンクなどTリワーズグループの
ご近所よりは明らかに上。
悪くないチョイスかなと思いますよw
この地区はフラミンゴ以来だけど、新フォーコーナーのMGM、
一方のウインも歩いていけない距離ではないので、長居するにもいいのかな。

リビエラ、リンクも安いので、次はありかなと思うのですが、
MGMグループじゃないので、パーキングが混みそう。
このMGMによるパーキング10ドルって制度は、諸刃の剣ではありますが、
自分はMライフメンバー(パール以上)なので、
パーキング無料の恩恵を得られます。
すると、パーキング自体が空いていて泊めやすい。
一方でシーザースグループは、他所が有料になったので混雑がひどくなってるはず。
となると、有料にしたMGMグループに、むしろ泊まりたくなるというわけ。

さて、旅の疲れが癒える前に、ホテル編をさらっとお送りしましたが、
簡単に旅の感想なぞ。


10数回通い、ややダレてきたベガス旅行だったのですが、
今回は、なぜか新鮮な気持ちで訪れることができて、
今までにないくらいにエキサイトできました!(^◇^)
なぜなんだろ?
新しく進化していくベガスに、自分の年齢とか、
経験とかがマッチしてきたのかな…なんて思ったり。
主だったショーを見終わったお陰で、レビューを見ることが出来たり、
カジノでゲームを楽しむ余裕も出てきました。
いつもは、見なきゃならないショーがあって、それに縛られてたのかもw

さらに、KAなんて何度も見ているのに、今回また強く感動できたことに驚きました。
なぜだろうか?自分が何か変わったのかなと思いました。

食事に関しては、ビュッフェメインで、変わったところなかったのが、ちょっと心残り。

でも総じて、ここ数回よりも今回は楽しめたなと思います。
トラブルの類も、少なかったしw
「また行きたい!」と強く思えたのは久々です。




この後、観光やショーなど本編に続きます。


【2016/11/12 12:27】 | ラスベガス
|