日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
映画キングコングを IMAX3Dで観てきたぞなもし。

こういうのが好きなんですよ(笑

例により、ネタバレのみでインプレです。
main-1.png

会議とか作戦とか、何もなくて、ギャー!ドカーンみたいなのw

ラピュタの龍の巣みたいに、365日嵐に囲まれている島。
最新テクノロジーで発見されたが、第二次大戦時に一人だけ生還した兵士が居り、
この島へなんとか研究目的ということで行けないかと画策。
天然資源があるとか何とかお偉いさんにごり押しして、軍を引き連れて訪問。

ヘリ数十台で乗り込むも、初っぱなにほとんどのヘリがコングに落とされてしまう。
バラバラになった調査隊、軍人が3日後の迎えのヘリが来る来たの港を目指すが…。

この島はコングが巨大なだけではなく、虫から水牛、トカゲまで何もかもがデカく、
人間が一番小さい生物となってしまうのである!

竹林を行進していたら、上から降ってきた竹に身体を貫かれてしまった!
何でー!って思ったら、それは巨大なクモの足だった。

密林を進むと、原住民の集落にぶつかる。
そこで、第二次世界大戦から残されていた米国人と出会う。

話を聞くと、この森の巨大生物の神がコングで、
もっと恐ろしい生物から島を守っているんだという。
コングの家族も戦いで次々とやられ、残った一匹とのこと。

そのもっと恐ろしい生物というのは…

スカルクローラーというトカゲの化け物!
あらゆる生物がこいつに食われてしまう。

一方で、軍隊を壊滅状態にされた軍隊長がコングに恨みを持ち続け暴走。
スカルクローラーを倒そうとするコングを殺そうとしてしまう…。

この巨大生物だらけの謎の島という設定が面白い。
クリエイトされた未知の生物がどんどん出てきて、
これをデザインした人は楽しかったろうなあとw

仲間を失いつつ、合流地点へと向かう人間達。
大戦で残された彼も米国に帰ることを望んだ。

いろんなトラブルがありつつも、最後に帰国!

彼は、戦後一度も会っていなかった妻と再会し、
大きくなった息子と握手を交わす。

ストーリーはお決まりのハッピーエンドなんだけど、
それでいいと思う。
ドンパチが観られたら、それでいいんだよw
例によりムチムチの女性が、肌を露出したまま密林を行軍するが、そういった矛盾はOK!笑
CGでクリエイトされたコングや謎の生物は大画面で観てこそ。
ぜひともIMAXで観て欲しい。

おしまい

スポンサーサイト

【2017/04/07 01:44】 | 映画
|