日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
風邪を引いて、下痢ピーなはりぼ~です。
ビートたけしも下痢だって、地震後のどんよりムードにやられたらしいw

愛知や関西の人に聞くと、対岸の火事ってな感じで平穏無事な毎日らしいですが、
(実際自分も阪神大震災のときはそうだった)
だったら地震の物理的影響がほとんどなかった首都圏だって、対岸であるはず。
しかし、そうはいかなかったのが今回。
電力不足で輪番停電と節電が必要となったから。

ネオンサインが消えたり、街灯が2本に1本消えたりってのは、まあ構わないのですが、
それによるゴーストタウンチックな意気消沈感といったらものすごくて。
看板消してるだけ…ってわかっているのに暗い気持ちになる。
連日テレビは数字取りなのか、悲惨な映像と、わざと被災者を泣かせるようなインタビュー。
ってのも重なって、凹んでる人が多いみたい。自粛ムードで飲食店などはピンチだとか。
知人も一切の食事が取れなくなってしまい、実家の名古屋に疎開したとのこと。

節電による電車の間引きも結構きびしいようだ。
急行がなくなり各停だけになった線などは、
毎日1時間前に起きて、寿司詰め電車に2時間ゆられて
通勤という友人は一週間でかなり消耗したと漏らしていた。

こんな生活に疲れやストレスが溜まるのは当然。
ツイッターでは
節電しても23区全域が計画停電に参加しないなら意味なし。よって明日から節電に協力しません。むしろ暖房器具使いまくります。23区民、覚悟しておくように。

なんてつぶやきも。
電力を大量消費している23区を助けるために、周辺地域が停電に耐えているってのは、
現場の人間にとっては、考えさせれるところ。

これもそれも、東京一極集中が招いた弊害ではないだろうか。
民間の本社がほとんど東京にあり、政治機能も東京、大学などの学校も、小売りも。
すべて集めすぎてしまったから、電源を落とすこともできない。
政治機能はぼちぼち遷都を本気で考えた方がいいかもしれないし、
企業も本当に東京じゃなくてはいけないのか、考える時期なのかも。
どこに行っても地震が来ないって訳じゃないけど、
リスクの分散にはなるかと。

さて、連休なのに自粛ムードだし病み上がりで体調今市日光の手前だし、
家でグダグダしますかね。

(なんて書いている時にも震度3レベルで揺れてますが慣れっこになってしまったw)



関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2011/03/20 10:32】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可