日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
10月は痛車とハイエースのイベント見学で一眼レフを出動させました。
かなり久々だったのでレンズにカビが生えてないか、錆び付いてないか心配でしたw
実際は問題なく普通に撮影できたのですが、液晶が小さい!と改めて実感。
あたしの1眼レフはキャノンの初代10Dなんですよね~物持ちがいいでしょ。
画素数なんてそんなに必要ないので、問題なく使えているのですが、
液晶のサイズに関してはかなり厳しい。それと重さも…。

以前より、デジカメに関しては悩んでいました。
普段のスナップは携帯電話のカメラでも事足りる時代です。
だから、綺麗な絵を撮るためのカメラということになりますよね。

コンデジはレンズが小さいので限界がある。
となれば明るいレンズラインアップのあるレンズ交換式、一眼がベターということに。
選択肢は、コンデジの最高峰であるGRデジタル、ミラーレスの一眼、一眼レフの3つに。
サイズ&軽さはGR<ミラーレス<一眼レフ。
性能的には、その逆…。
値段が案外変わらないというのが不思議w
コンデジは今持っているものでも満足しているので、
GRより1つ上のミラーレスが自分の中で優勢。
今ジャンルは旬なので最近のニコンの様に参入激しいエリア。
もう少し待てば熟成してイイ物が安い市場になりそうな予感。

一方の一眼レフも捨てがたい。
一番のメリットは光学ファインダー。
自分が古い人間だからなのか、液晶表示で構図を決めるのではなく
実際にファインダーで覗いて決める方がしっくり来るんですよね。
GFやPENなどのミラーレスはファインダーが無くて、
カメラの上にファインダー用レンズを乗っけて
「ほぼ」同じアングルの絵を覗くとか、
液晶の画像をファインダーに出す電子ファインダーがあるんだけれど、
それだけで1万円以上のオプションだったりして、3万円台のカメラにしては高額。
やっぱり顔にカメラをくっつけて撮るのが自分的には一番安定するし、早い。
ズームも構図も露出の段階ズラしも早い。
これがミラーレスでどうなのか…知りたいところではある。

こないだ、1年ぶりに仕事でカメラを使ったんだけれど、
今後も仕事で使うことも考えれば一眼レフ、だけど海外旅行に持って行くなら軽量…
するとキスデジの一番軽いヤツかな~とか。

実はGR一丁でコンデジから一眼レフの辺りまでカバーできちゃうのか。
PENにパンケーキでGRの役割を、ズーム付けて一眼レフの役割を、なんて感じなのか。
重さ大きさを我慢すれば、一眼レフが一番扱いやすいのか。

…わかりません…










関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2011/11/06 17:41】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可