日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
jp_SGH-N035OKNDCM_001_Front_gray.jpg

自分は今、猛烈に感動している。
それはこの新しいギャラクシーの想像以上の速さにだ。

これは大袈裟でも何でもなくて、本当に速くて驚いているのだ。

自分はHTCのHT-03Aの次に元祖ギャラクシーSを購入、そして今回のS3アルファへと乗り換えてきた。
●HT-03Aがちょくちょく固まること、アプリやブラウザを開くのに時間が掛かることに驚いた。
それでも初めて使うタッチパネル式のいわゆるスマホ第一号を感動しながら使っていた。
今思えばトラックボールは便利だった。

●ギャラクシーSに買い替えるときは、CPUの速さが売りだったしOSのバージョンも上がるので、
これはサクサクだろうと思っていたのだが、その期待は買って数日で裏切られることに。
ぬるぬるのサクサクとは画面のスクロールがスムースで処理能力に長けるという宣伝文句。
このぬるサクを体感したのはモノの数日だったし、それとて感動するほどのものではなかった。
リブートやフリーズ、処理待ちなどが発生するのは日常茶飯事、ホームを独自のデザインに変更する
ホームアプリなんて入れている場合ではなかったのだ。
電話アプリが落ちて掛けられない、受話できないなんて症状も最後まで改善されなかった。
確かにHT03よりマシだったものの、到底満足できるレベルではなかったのである。
ただ電池については厚いサードパーティ製で解決。1日半位もつのでほとんど不自由しなかった。

このSが二年経ったために、買い換えの義務こそないものの、買い替えざるを得ない状況だった。
もう、ガマンができなかったのだ。
ギャラクシーはS3が出ていたのだが、Sの2年目ギリギリでS3アルファが出たので飛びついた次第。

●S3アルファはCPUが速いからか、全てが軽く感じる。
特にブラウザは純正でも瞬時に立ち上がり待ち時間がほとんどない。
これまではツイッターやFBにURLが貼り付けてあると「後でPCで見るか」と思っていたのだけれど、
この速さならば「スマホで覗いてみよう」となる。
他のアプリに関しても開くまで時間がかからないのでストレスが少ない。
アプリの展開なんて元祖Sだって1秒とか2秒しか待たされていなかったと思う。
それが0.5秒だったり1秒以下の僅かな時間短縮されるだけで快適さが全然違う。
ここにきて、やっと「ぬるサク」が本当に実現されたのかなと。

まだひと月も経っていないので、今後どうなるのか未知数だけれど、
今のところ性能には120%満足している。

唯一はバッテリーだけ。
これはスマホの歴史始まって以来、ずっと進歩してない感じ。
社外品のバッテリーも試しているので、追ってレポートします。


おしまい


関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2013/01/04 17:19】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可