日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
大映のスタジオにおじゃまして、
救命病棟24時の撮影を見学してきました。
公式サイト↓
http://www.fujitv.co.jp/kyumei24/index.html

130416-i064_01.jpg

ある日とつぜん友人から電話がかかってきまして
「明日の朝から来られる?」ってんで行けちゃう自分も自分ですがw
そういう時に呼んでもらえるのは自分でもあるんですw

ここはたくさんスタジオがあるようですが、
ひとつの大きなスタジオというかホール的な建物をすべて二階建ての病院にしちゃってるんですね。
スタジオのドアを開けて、裏側っぽいのはほんの一角だけで、そこから下の写真の手術室を抜けて…
よく出てくるロビーの丸ソファの横を通って受付の中を通ってw裏の診察室脇に通されました。
ここはこの日の撮影に使わない場所なのでモニターでチェックする場所になっていました。

二階建ての二階も実際に上がって使えるし
受付や診察室は中まで病院と同じで資料や器具もまんま病院のだそうです。
大災害があったら、ここで野戦病院的に使えるね、なんて話したりして。
箱庭があって日が射していて「帰りは暑いな…」なんて思って空を覗こうとしたら、照明だったというw
すっかりだまされましたね。これが夜のシーンになると月明かりみたいに調整されるんですよ。
この箱庭は先生と患者の身内が二人きりで深刻な話をするシーンで出てきてました。


373829_pcl.jpg

松嶋菜々子さんの顔の小ささは予想通りって感じでしたが、
なにしろ時任三郎さんがででででかい!笑
2メーターかよ!みたいな。

モニターチェックの場所では出番のない看護婦さんとか医師の方と一緒でしたが、
その方もオンエア見るとちょこちょこ出てるので、あ~あの人だ~なんて思ったりして。

撮影は順調そのものというか、淡々とこなしてました。
30秒くらいのカットを2回ずつ、着々と。
「今の、もうちょっと表情きつめで~!」なんて声がかかって
撮り直しとかあるのかな~ってイメージでしたが、そんなの一切ないですw
ひたすらNGもなく指示も撮り直しもなく粛々と。

お昼まで午前の撮影を見学して失礼しました。
この日のランチはケータリングの牛丼だったようです。
看護婦さんとか衣装のまま食べてるので、少し萌えましたw

アメリカのドラマは映画並にお金がかかってるって聞きますが、
こうしてスタジオを見ると、このドラマも相当お金がかかってるなと驚きました。
医療機器だけでも…って感じなのに、このスタジオを丸ごと何ヶ月も借り切って…汗

ってんで、ひっさびさに連ドラってものを見てます。


おしまい





関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2013/07/25 10:43】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可