日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
若かりし時、スポーツカーを改造して、いわゆる峠を走るなんてことしてたわけですが

そういうスピードに取り憑かれて走っているような場所には事故が付きものでして。

自分は幸いにも一度も事故らしい事故を起こしたことはなかったのですが、

一緒に走ってる仲間は何度も遭遇していました。

当然回避行動は取っているので、事故といっても大事にはならずに済むことが多いのですが。




毎晩のように峠を走っていると、不思議な事に気がつきました。

事故の香りです。

自分が猛スピードで走っているときに、前方にクラッシュした車が止まっていたら大変です。

だから前方にはすごく目をこらして注意しているんです。

ひとつ前の集団が事故を起こすと、その二つか三つ前のコーナーで、香りがするんです、事故の香りが…


それはタイヤの焼ける匂いなんですね。

走っているときは耳からも情報を取り入れたいので窓は開けてあります。

すると、ぱっと煙の香りが入ってくるんですね。

もちろん走り屋と呼ばれる集団が始終走っているので、タイヤの香りは常にしているんですが、

事故の後は比べものにならないほど強烈なタイヤの香りがするんです。

ものの数秒間の話ですが、タイヤの香りがファッっと鼻をついて、

次の瞬間煙自体が見えて、案の定、その先にガードレルに刺さった車が居るというw

多重クラッシュはご免こうむりたいので、そのタイヤの香りに敏感になっていくんですね。




今でもタイヤの焼けた匂いがすると、あの頃を思い出したりします。




それは街中で、昔つきあっていた女性の香水と同じ香りが漂ってきたときの、

一瞬で脳裏に当時がよみがえる、あの瞬間と似ているかも知れません…。











Official Kelly Brook 2014 Calendar (Calendars 2014)
関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2013/07/28 10:51】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可