日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
今月でFC2ブログも9年目に突入しました!
もうそんなに経つんですね…何も変わってない…笑
フェイスブックなどの登場で更新頻度は下がっていますが、
これからも続けていきますので、よろしくお願いします(^o^)


さて、今回はトレーニングに関するレポートの続きです。
プロテインを摂るようになって、扱える重量ががんがん伸びたので、
これは!と思い、摂取するものに気を使うようになりました。
さらにはタイミングにも…

トレーニング中や直後のゴールデンタイムも、
どちらかというと否定派だったのですが、これもダメ元で試してみることに。
ようは、トレーニング直後に吸収のいい筋肉の素を取り込むということです。
プロテインは消化吸収まで時間がかかるので、
直後に飲んでも補修には間に合わない、
だったら、トレーニングの少し前に飲んでおこうじゃないか。
そして、トレーニング中や直後には吸収のいいBCAAを摂ろうと。

BCAAはプロテインを一つ分解したようなもので、吸収が早いのが特徴。
トレーニング中や直後に有効とされています。
ただし高価w
トレーニング中の水分補給はこのBCAAを溶かした水を飲むことにしました。
ジムをボトル持って歩くのは…と思っていましたが、やってみるとどってことないw

プロテインは、どちらかというと吸収の早いホエイと、吸収がゆっくりなソイを使い分け。
トレーニング前に飲んでおく、直後にBCAAの補完としてはホエイを、
食間や寝ている間にもタンパク質を補給しておく…という意味でソイプロテインを摂ります。

この辺までやり出してから、数字的な効果が出てきたのかな。
適当でもプロテインを摂ればオッケーなのか、タイミングや種類、BCAAも組み合わせてベターなのか。
この差は正直実感できていません。
とりあえずがんがんプロテイン飲んでおけ!って感じでオッケーなのかも(笑


数字が伸びるとトレーニングも面白くなってくるわけで、
自分の中では第二次トレーニングブームが到来したのですw

さて、数字が伸び始めると「もっともっと」となるわけで。
トレーニングをせずして伸びることはありませんが、
もっと効果的な、効率のいい方法を模索し始めます。
こういった向上心が持てるというのは、本人としても
トレーニングをデューティー、義務と考えているのではなく、
趣味として楽しめてる感じがするんですね。
惰性でやるのでもなく、変化を楽しみ、変化を求めている感じ。


さて、そのもっともっとというところから、
プロテイン&BCAAの「次」を探し始めました。
そこでたどり着いたのが、プレワークアウトサプリとクレアチン、そしてNOという単語でした。

プレワークアウトは文字通りトレーニング前に摂るサプリで、
エネルギー的なものや興奮剤に近いものにより、トレーニングを効果的にするもの。
パワーがみなぎって、テンションも上がって、いつもより重いウエイトが上がるぜ!ってな感じですねw
このプレワークアウトサプリにNOやクレアチンが含まれるものもあるということなんです。

●NOというのは一酸化窒素のことで、
この一酸化窒素を生成することで血管が拡張し、
その結果酸素や栄養の供給量が増え、疲労物質の排出も効率的になり、
結果としてトレーニング効果も上がるというもの。

●クレアチンはちょっと難しいですよw
筋肉のエネルギーの貯蔵量が増えて、
トレーニングの挙上回数が増えたり、重量が増えるというメリットがあります。
回数や重さが増えると、筋繊維の破壊がより増えるので筋量、筋力アップに効果があります。


まず試したのは、NO系のスーパーパンプMAX。
実は興奮剤みたいなもんだろ?と思っていたんですが、これがまた効くんですわ! 
テンション上がって、重いモノががんがんいける。
あれ?と思って調べるとNOが入ってる…なるほどねw
トレーニングの直前に飲むだけで手軽です。





その後、クレアチンも入れたくなってこちらに移行。
こちらは定期的に摂り続けるタイプ。
取り始めた頃は、なんだかな~って感じでしたが、
いつの間にかパンプ感が半端なくなってきて、常に張りがあるように。
クレアチンは水を引き込むので筋肉自体が少し大きくなったような感じになります。
これは、思ったより効果あったかな。
使ってる期間は、まあまあかなと思っていましたが、
クレアチンが抜けると、あら~こんなにしょぼいのか…と思ったくらいw 


ってんでNOとクレアチンにはまってます(笑



おしまい












関連記事
スポンサーサイト

【2013/10/10 01:07】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可