日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
20131211113523.jpg
キャプテンフィリップスを招待券で観てきました。
例によりネタバレのみでレビューです!



アフリカ近辺を航行する貨物タンカーが海賊に襲われて…という話。

●レーダーで不審船が近づいてきてから、海賊に乗り込まれてしまうまでの攻防

●乗り込まれてから、海賊を追い払うまでの攻防

●救命ボートに船長を拉致し逃げる海賊と米軍との攻防

この3ステージにおける、ドキドキハラハラ劇。
まず驚いたのは、米国籍の船らしいんだけれど、完全な丸腰であるということ。
小さなボートで追いかけてきて、はしご掛けて進入してくるんだけれど、
放水しか対抗手段がない。
拳銃一つではしご登ってくるなんて防げるのでは…と思うんだけれど。
丸腰VSしょぼいライフルの差を痛感。

乗り込まれてからは、お金の交渉。海賊も「ビジネス」だと。
金のありかを探すべく、あちこち案内させられる。
その間に、いろいろ悶着があって、海賊のリーダーを拉致w
海賊を船長と引き替えに、帰らせるはずが、救命ボートが船長ごと奪われる。

どちらかというと、こっからがメインで、
大型の米軍艦隊と救命ボートの対決が始まる。
米軍圧倒的有利なんだけれど、船長が人質に取られてる…
実質詰んだ状態の海賊が、どうやって金をせしめて、無事仲間の元へ帰るか…
道はあるのか…絶望的な海賊が船長を生きたまま返す意味があるのか。
どーせやられるなら、船長も道連れに…となるのか。

そんなハラハラが終盤まで続きます。

ドンパチが結構あったけれど、個人的にはもっと激しい銃撃シーンを見たかった。
それでも、終始スリリングなシーンが連続し、飽きさせない映画だったと思います。










関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2013/12/24 16:08】 | 遊びレポ
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可