日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
色々レンズ入荷しておりますw
といっても、新品はひとつもなく物々交換的なことや
ありがたいことに寄贈いただいたものもあったりで。
ミラーレス組への移籍、キャノンからニコンへの栄転…など色々みなさんお盛んなようで、
レンズや周辺機器の処分する方が結構いるんですね。

さて、そんな中から、今回「おっ!」と思ったレンズを1本ご紹介。
それがタム90ことタムロンの90ミリマクロでございます。
マクロってのは接写して小さいモノをクローズアップしたりするレンズですが、
普通に90ミリのレンズとして風景や人物を撮ることも出来ます。

持ってみると、口径は小さいし、デザインはフィルム時代まんまだし、正直なところダサいですw
しかしF値は2.8と非常に明るく、(通しではないので、ピンの位置によってはF値も暗くなりますが)
ブレンビー機能なくても十分手持ちでシャッタースピード稼げます。
ほんで、この90マクロは旧モデルで新型もあるんですが、AFも十分速いです。
花とか虫とか撮る人が多いと思いますが、動かないものなら十分かと。



画像クリックでアマゾンに飛びますので、見て欲しいんですが、何せ評価が高い!
50人以上のコメントがあって4.6ですからね。
触った瞬間(撮った瞬間?いやファインダーをの覗いた瞬間かな?)
誰しもが、いい!ってわかるレンズなんですよこれは。
ファインダー覗いて、見える絵が綺麗だから。
これは単焦点だったら全てに共通することなんだけどね。

絞り開放にしますよね、ほんでもって、
花なんかに近づいてピンと合わせたら、
花の一部にしかピントが来ない。
ほかはぜーんぶ綺麗にボケてくれる。
何をフォーカスしたいのか、明確な写真が撮れるっちゅーわけやw
AFは速いけれど、微調整したくなるんで、AFとMの切り替えが簡単にできるようになってる。
花の花弁にピンが来てるけど、本当は雌しべに来させたいなんて時はマニュアルで調整するんだね。

触ってみると、まあ面白いレンズですわ。
今までマクロって種類のレンズ触ったことなかったし、
単焦点も50ミリしか知らなかったからかもしれないけれど。

絞り開放だと被写界深度がほぼないw
手ぶれ、被写体ぶれはなくとも、ピンが前後にズレてしまったりするほどシビア。
赤の発色はいいね。もちっとアンダーにしておけばよかった。
自分は露出の変更段数を3分の1から2分の1に変更しているんだけれど、
このマクロ使うときは微妙な露出調整必要かも。
IMG_9494.jpg

ごちゃごちゃした葉っぱだけど、ピンが何を見せたいか訴えてくれる。
IMG_9502.jpg

描写がソフトだといわれているけれど、ぱきーんと来てる気がする。
バックのボケ具合が素敵w
IMG_9508.jpg

そんなこんなで、ポートレートでも使ってみようかと思ってす。

おしまい

関連記事
スポンサーサイト

【2014/05/19 01:28】 | カメラ
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可