日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
一年はあっという間だったかな。
手続き関係と四十九日だ盆だ彼岸だのイベントで、ドタバタだった。
いちいち関西へ飛び、仕事の調整して数日潰して…って感じで。

人が一人亡くなるというのは、なかなかに大ごとですわ。

死ぬつもりで死ぬ…というパターンって少ないと思うので、
遺言書を書いている人は希でしょうけれど、
いろいろと分からないことが多くて困りましたね。
通帳があれば口座があると分かるけれど、
ウエブ口座のみでカード1枚だけしかなかったら、
そのカード見つけてなかったら永遠に眠ることになるわけですよ。
銀行いわく、人が死んでもわからないので…ということで、
誰かが知らせない限り凍結などはされないそうです。

ネット関係はパスワードなんて分かりませんから、
調べようもなくて、ちょっと待ってみて、請求書が来たから、
何かを契約していたんだと分かる…ってことが多々。
携帯電話の他にポケットWi-Fiも持っていたとか、
ネットの定額で映画を見られるサービスとか、
今だとニコ生のプレミアム会員とかヤフーの会員とかそういうのは
銀行を解約して、カードを止めて、しばらく経ってから、
「お金引き落とせないよ~」って通知が来て判明する。
こんなのが結構あって大変。
そして、ネット関係は特になんだけど、解約するのにパスワードが必要なんてときも…
解約を申し出ているのが本当に遺族なのかの確認が必要だったりします。
確かに、関係ない人が解約しようとしてたら大変なんだけどね、
サービスやカード会社によっては、電話一本で解約完了してくれるんですが、
なかなか面倒なことをさせて、書類がこちらに届いて承認するまで
日割りできっちり取ってやるから覚悟しろ!みたいなソフト●ンクみたいな会社もあって(涙
年間払いなんてサービスはまだ請求が来てないなんてのがある可能性あるんだよね…。
クルマの名変なんかも超めんどくさくて大変でした…
大概のことは、裏技ですが亡くなったことを知らせずに、
名変や解約、銀行なら引き出してしまうというのがベターみたい。
口座解約も銀行によって対応全然違いました。
三井住友はきちんとしてたなあ。
親父は小銭しか残してないくせにw口座がいくつもあって分散?wしてたので面倒でしたな。

で、三回忌ってのは2年目にやるってんで、また一年後ですよ…
大変だ大変だ(汗
一周忌の参加の可否の往復はがき、郵便局のオフィシャルサイトで作れたんで便利だった。
定型文にちょっと日付とか住所入れる程度でOK。

ってんで、父の死を機会に色々と学びましたw

一年はあっという間で、遺品整理などを進めていくときにも色々と思い出されることや、
想像することがありましたね。旅行ガイドブックのしおりは、行く予定だったのかな?とか。
亡くなって思うのは、もっと話しておけば、聞いておけばよかったということ。
恐らく生前に聞いても話さなかっただろうな…というような事も見えてきますが、
こちらから伝えておけば、話しておけば良かったということは、
案外といつでも言えるしな…なんて思っていて後回しにしがち。
ちょっと後悔しています。


おしまい





関連記事
スポンサーサイト

【2014/09/23 11:07】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可