日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
クライアントと六本木ミーティング。

毎度、色々と食事するレストランや二次会?的な場所を探したり考えたりしています。
一昔前はキャバクラ的なところで良かったんだけれど、いまは廃れちゃってる。
話の上手いキャストも少ないしね…

今回は食事はインド料理のMOTIに。
ま、インドカレーの総本山ですよ。鉄板。
社会人になりたての頃、先輩が外回りの途中で「モティでも行くか」とランチに連れて行ってもらったのが最初。
インドカレーなんて食べたことなかったんだけれど、すごく美味しくて感動したのを覚えています。
クライアントはラムの香りが…とか、スパイスが強い…とかであまりお口に合わなかったようですがw
バターチキンとほうれん草のカレーというフツーな組み合わせにしてしまったので、
次回はもちっとトリッキーなところ行きたいな…。

さて、その後、再上陸したウエンディーズで時間調整しつつ金魚へ。



金魚ってのはショーパブみたいなもので、ショーを見ながら食事できるお店。
一晩に2回のショーがあります。今はちょうど20周年のプログラムになっております。
このお店のショーの特徴は演者が男、女、ニューハーフと3タイプ存在することwでした。
でした、と過去形なのは、今やそれをさほどネタにしていないことや、ニューハーフの人数も少ないから。
よくあるニューハーフパブのコメディタッチなノリは一切ありません。
実にこだわったショーの内容となっていて、ニューハーフは普通の女性役を普通にやっているだけです。

また、特筆すべきはそのステージの3D的な装置。
狭いながらも床は奈落が出来たり、階段状になったり…とベガスのシルクドソレイユに引けを取らないくらい。
ワイヤーアクションがあったりベルトコンベアはクレイジーホースのまさにソレです。
吊された布のロープ?を使ってのティシューアクロバットなんかもあって本格的。
見るものを飽きさせません。


ショーの前と後には演者の方が客席を回ってお話したり写真を撮ったりできます。
この時間も結構楽しいんですよね。

ってんで、皆さんも機会があったらぜひ!


関連記事
スポンサーサイト

【2014/10/11 14:01】 | 遊びレポ
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可