日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
スーツケース欲しい欲しいと言い続けて早数年w

海外旅行は自分では慣れているつもりなので、いつも軽装です。
荷物が少ないことがステイタスみたいに思っているのでw
ロスに行くときにウエストポーチひとつで行ったら、
入国の際に、税関でスーツケースをターンテーブルから持ってくるの忘れてない?って言われたことも…
軽装で行って、現地で着替えの衣類を買ってお土産と衣類を入れるために
やっすいwボストンバッグとか買って帰ってくるのが定番でした。
それゆえ大きいスーツケースとか要らないし!って。

一方で小型のスーツケースはTUMIの20インチを持っていて。
仕事での1~2泊の出張とか大阪の祖母宅に行く際に使っていました。
機内持ち込みギリギリのサイズなのでいざとなれば持ち込みで。

で、大きいスーツケース欲しいなと思ったのは…
まずTUMIのスーツケースが重いくせに何も入らない!w
ソフトケースは布製であるように見えますが骨組みが結構ごっつい。
だから重いし、中に骨組みやハンドルの収納スペースが確保されていて、
収納スペースが非常に狭いのが気に入らなかったんですね。
サイズ的にはスーツの左右も少し畳まないと入らないし。
これなら、同サイズでも樹脂製に変えるだけで容量は大幅に増えるな…と。
ソフトケースはフタだけ空くことや、ポケットが付いているなどメリットも大きいんですけどね。
空港で買ったお土産をチャチャっと詰めたりしやすい。
ハードケースはガバッと開けて中身を他人に見せながら詰め直しですから(笑

で、20インチのソフトとは違う使い方をできるものを…というわけ。
流行の樹脂製の軽いヤツを探していたら、リモワかTUMIの新しいシリーズか、ゼロハリかエース、
というまあ定番のメーカーに絞れてきて、いろいろ検討するわけですが。
スペック的に一番優れているのはゼロハリのゼロエアーだったんですよ。(価格以外w)
容量に対してのサイズと本体重量を見ると、ゼロエアーは断然軽いんです。
樹脂製のスタンダードなシリーズもあるのですが、更に徹底して軽量化しているんですね。
引っ張るハンドルは足1本(後に2本に変更)、
材質はポリプロピレン(後にポリカに変更)、内側は薄っぺらい布1枚。
手持ちハンドルすらゴムの薄い板みたいなものになっています。
これにより他製品より数キロ軽くなってるんです。




昨今は預けの荷物も重さにうるさいので、例え大容量のスーツケースを持っていたとしても、
満タンにすると重量オーバーになってしまう…なんてことも。
それゆえ、スーツケース自体の重さにもシビアに考えたかったのです。
そして、もう一つはスーツをあまり折りたたまなくても入れられるってことかな。
これは20インチより大きければ何でもそうなるんだけれどw

ゼロエアーシリーズは2世代目に入り、材質や容量などが更新されました。
個人的には初代のポリプロピレンとシングルバーのハンドルを所有したかったのですが、
グダグダしてるうちに、世代交代してました…残念。
最近は少し買い物もするようになったので、行きは空っぽだけど帰りは役立つんじゃないかな。

購入したのは70リッターで3.5kg。同じポリカのシリーズと比べて2~3kg軽い感じ。
腰下くらいの高さなので横引きもしやすいかなと。
4輪の場合、縦引き、横引き両方できるけど、
背中の縦引き用ハンドルを伸ばして横に引くとハンドルが曲がるなど壊れる原因になる。
(…と修理屋さんがブログでしつこく書いてたw 大抵のトラブルはハンドル持って横引きしてるからだと)
だから、本体の手持ちハンドル使うべきなんだけど、小さいサイズだと手が届かない。
横引き考えるなら70リッターからそれ以上を考えるべきなんだと思う。
それと、このゼロエアーは軽量化にともない装備の簡素化もされていて、
特別な仕様だけど安いってのがいいw 自分の場合は使い倒す感じだから安いにこしたことないかな。

で、価格競争になるとリモワの並行輸入が俄然有利。
ただ、国内の保証書がないと有償でも修理してくれないのがリモワのやり方。これは厳しいよね。
恐らく全国の修理屋に御触れを出していて、保証書がないものを修理すると、
以降、純正部品を出さないなど閉め出すらしい。
だが安いから壊れたらお仕舞いでいいかな…という気もあったんだけれど、
このゼロエアーがアウトレットで安く出ていて、リモワの並行ほどじゃないけど納得できる差だったので決めました。


年末に海外に持ち出して、どれくらい傷つくか調査しますw





関連記事
スポンサーサイト

【2014/10/31 21:41】 | 物欲
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可