日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
相も変わらず24-70㎜と格闘してます(笑

F2.8通しの大径レンズなのですが、どうにも思うような絵が撮れない。
ストロボ多用して、光を多く当ててやれば比較的いい絵が出るようになりました。

だがしかし!w
これとて同じ条件で50㎜F1.4 や90㎜F1.8で撮ると、もっと綺麗な絵が撮れちゃうんだよね…
単焦点というメリットやF値が明るいという点を考慮すると当然っちゃー当然なんだけど、
差がちょっと大きいかな…。

この通称タム90はマクロレンズで、花や昆虫なども撮れるレンズ。
非常に解像度が高く描写性に優れています。
すでに手ぶれ補正機能付きの新型も出ていますが、この旧型も根強い人気で生産し続けている模様。


これは50㎜の中では明るい方のF1.4 。
F1.8とさほど差はないけど…それでも明るくて、カチッとした絵が撮れます。




これも、70-200F2.8という神レンズが、
例えズームであっても綺麗な絵が撮れて当たり前…と思わせてしまったからなのでしょうねw
この70-200が単焦点と同等の解像度だったゆえ、24-70にも期待してしまったんですよ。

恐らく、この2本の単焦点より、ワンランク落ちる画質…というのが24-70の絵なんだと思います。
カチッとした絵を求めるならば、ズームレンズではなく単焦点で繋ぎなさいということですね。
フレーミングは自分が前後移動すると(笑

となるとですね、35㎜、50㎜、70㎜辺りの単焦点を揃えなきゃなんですわ。
24-70を思い切って売却するか…
35はシグマのアートライン、50はキャノンをそのまま使う、70近辺飛ばして、タムロン90で何とかなる?

そしてシグマの24-105がカチッとしてるとの悪魔の声も入ってきましたw
これもフレーミングの自由度が高くて魅力的なんだけどね…
ポートレートなら1本で全部こなしちゃう。

果たして何が正解なのか…





関連記事
スポンサーサイト

【2015/02/17 14:03】 | カメラ
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可