日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
レンズの特性がやっとわかってきたかな(笑

F1.4クラスのレンズは室内で暗くても当たりがでる。
F2,8のタムロン28-70は悪くないけど、当たりが減る領域(明るさ)がF1.4と比べると大分手前。
ということなんだなw

16874814626_5059d1c120_z.jpg

24-70がダメだダメだと思っていたんだけれど、明るければ当たりは出るし、ストロボも上手く使えばそれを補える。
それどころか18-270だって光があれば当たるし、屋外なら問題ないこともある。
とはいえ室内で動くものを撮るのであればF1.4クラスの単焦点の方が、当たりやすいしキレが抜群にいい。

単焦点をポートレートで使う場合は、明るさでシャッタースピードを稼ぐという意味合いもありますが、
絵がカチッとして綺麗であることと、開放(に近いところ)からカチッとすること、
さらに開放近くでのボケが強く、ピンを強調することが出来るという魅力がありますね。

この写真はシグマの35㎜F1.4 アートラインを借りて撮ったモノ。
キャノンの60Dでも十分カチッと綺麗な絵が撮れるんですねえw

24-70がダメレンズなのかな…と思いかけていたんですが、
確かに単焦点と18-270みたいなオールマイティの中間にはありますし、
ズームで便利だし手ぶれ補正機能もあるしで、この程度の絵で十分だなと
思い直してきました。

シグマの35借りたらすごくよかったな…思ったよりサイズも大きくないし軽かった。
そして何よりカチッとしたピンとボケ具合の差が大きくていい。
買うしかないか…?w


おしまい


関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲


関連記事
スポンサーサイト

【2015/03/31 12:48】 | カメラ
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可