日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
思い立って、湯布院へ行ってきました。

お笑い芸人の「いいじゃないの~」「ダメよダメダメ」のオジサンが
「湯布院の温泉に…」うんぬんと誘っていたのでね(笑

今回は湯布院を狙い撃ちしたわけではなく、
ウエブサイトをウロウロしていて、
「露天風呂が凄い宿10選!」みたいなところで
ひっかかったんですな…笑

で、二本の葦束って宿が、全室離れで露天風呂付きということでチョイス。
なにせ人間嫌いなのでw他の宿泊客と接しないスタイルが好きなんですよ。

DSC_0561.jpg

湯布院駅からタクシーで10分もかかりません。
そこまでの道中にも他の宿が見えましたが、
住宅街の中を塀で囲って宿にした感じ。
ところが、この二本の葦束は山の中なんですね。
良い場所見つけたと思いますw
鳥のさえずりが常に聞こえてる。
緑に囲まれていると、自分が生まれた北海道を思い出しましたよ。

フロントと食堂以外は小路を歩いて離れの部屋と、露天風呂だけ。
部屋にも露天風呂があり、さらに共用の露天風呂も沢山あります。
一部大きな露天風呂は30分毎の予約制、
ほかの小さな露天風呂は扉に使用中の札を出しておけば24時間利用可能。
湯布院は湯量が多いんですね、掛け流しです。
部屋のお風呂もずーっとお湯が入り続けてますので贅沢です。

敷地内は広いけど見るモノがあるわけでもないですw
離れでのんびりして、風呂入って、のんびりする。

スタッフはつかず離れずで良い感じ。
寝室があって布団は敷きっぱなしなので人は来ません。
部屋食が好きな人も居るかと思いますが、
部屋にスタッフが来ないってのもメリットではありますよね。
DSC_0538.jpg
DSC_0562.jpg
こんな広い露天風呂も貸し切りです。
夜中より夕方くらいの方が景色を楽しめます。
Y338096126.jpg

食事は鬼の野菜盛りwww
野菜の煮物、サラダが中心。
肉や魚もちょいちょい小物がありますが、
ちょーっと物足りないかな…。
昨今野菜も高いので、安く上げられた…とは思わないのですが。
刺身よりも、ピンとした葉物野菜のサラダの方が鮮度的に難しいかも知れないし。

ちょっと前後しちゃった。これがウエルカムドリンクならぬウエルカムデザート。
なかなかボリュームあります
DSC_0535.jpg

夕食。野菜たっぷりの鳥鍋。ゴボウや人参の煮物。
手前にタンパク質系も少々。
この後、鮎の塩焼きやローストビーフのサラダ、ご飯と汁物など数品が来ました。
野菜でお腹一杯ってのも悪くない。一食ならばw
DSC_0540.jpg

こちらは朝食。卵焼きと焼き鮭、揚げ出し、サラダ。
ちょーっと普通だったかな。
野菜など地のモノなのでしょうけど、大分感、九州感をトータルでもっと感じたかったです。
DSC_0554.jpg

お宿としては、総じて悪くなかったと思います。
雰囲気はいいし、食事も好みはありますが個性的。
でも何かもうひとつ足りない感がしたのは何だろ…野菜のせい?笑


さて、お宿から離れて湯布院の街ですが…
IMG_2909.jpg
実にチープですw

湯布院駅の周辺はお土産屋とか食事処が並んでいる
メインストリートがありますが、全てがチープ。
特産らしい特産がなくて、柚胡椒の類いが並んでいるだけ。
カフェやショップも、大分や九州っぽいものではなく、
都会で見たカフェを真似て作ったのか、
都会の資本がまんま店を出しただけって感じ。
極めつけは、お決まりの「トリックアート博物館」爆。
これとオルゴール博物館があったら、ダメ観光地決定だよね(^o^)
この地に縁もゆかりもないんだから。
温泉に入ったら、この街を観光する必要はないかな…
唯一面白かったのは、山下清の原画展と(唯一といいつつw)フクロウの動物園。
これはなぜこんなところに?って感じでした。
DSC_0580.jpg

お肉不足だったのでw香椎荘ってとこで備後牛の瓦焼きを。
旧家のお屋敷を使ったお店ですが、ちょっと寂れてた…笑
お肉は美味しかったけどね。
DSC_0582.jpg
ここは、店の裏手に離れの宿があるんだけど、
街道沿いのアパートみたいなもんw
温泉出れば何でもいいって感じでした。

湯布院はお湯に入って帰ると割り切るか、
山奥まで行って雰囲気も味わうか、どちらかなのかね。
隣に別府温泉もあるし、この町に長く滞在して観光も楽しむ…というのは難しいかな。
スポット的にお湯を楽しむのがいいと思います。
レンタカーを借りるほどではないです。
市内はしょぼい観光地を回る観光バスと馬車、
1時間単位で回ってくれる観光タクシーなどがありました。


大分空港から、高速バスで由布院駅まで1時間。
これが羽田便到着から1時間後までバスがないのですわ。
湯布院からは別府、福岡空港などへもバスが出ています。
空港で食べた鳥天定食。
DSC_0524.jpg

首都圏からだと飛行機が5万円くらい。
宿は1人一泊2万5000円くらい。
価格相応…よりちょーっとだけ落ちるかな。
移動したから、旅感はあるけど、期待外れなところもあり。
あとお土産屋など湯布院自体、韓国人観光客が多いです。
関西人ぽく声が大きいので、雰囲気的には…w
九州と韓国の近さを感じましたね。
首都圏に中国人が増えたとかいうレベルではなく、
ほとんどが韓国人という感じでした。


おしまい

関連記事
スポンサーサイト

【2015/06/06 00:08】 | 遊びレポ
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可