日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
パナソニックの電気シェーバーが
ひょんなことから手に入りまして。
というのも父の遺品を整理していたら、
箱からも出さず新品で放置されてるものがあったんですよね。

自分はT字カミソリで逆反りして
すっべすべが好きなので、
基本的に電気シェーバーは使いません。
でも、シャワー浴びるか、
少なくとも顔をフォームで覆わなくてはならないので、
たまーにシェーバーも使うんです。

今までブラウンの製品を使っていたんですが、
T字より肌がひりひりして赤くなるし、
深ぞり出来ないしで、
自分の中では「やはり電動シェーバーはダメ」
となっていました。

が、パナソニックのこれを使ってみたら、
そのイメージが完全に覆っちゃったんですよね…
あれ?肌が痛くないな~と。
んで、T字ほどじゃないにせよ
ちゃんと剃れてる…じゃん。
これはいいなと思った次第。
これからは、こちらも活用しようっと。



…というところまでは良かったのですが。

ガガガ!

アマゾンでレビューでも見ようと
パナのシェーバーを探してみたら、
替え刃についての記述がありまして。
この製品自体は7000円くらいなのですが、
替え刃が4000円ほどするんですね。

プリンターのインクビジネスと同じで、
一旦、割安に本体買わせてしまえば、
割高な消耗品で稼げるぞ!っていうモデル。
液体洗剤もそうで、ボトル入りの方が、
詰め替え用を買うより安いんですよね。
何だか納得いかない…

で、このシェーバーが替え刃ビジネスなのか?
というと、それもちょーっと様子が違うんですわ。
実はこのモデルの替え刃が、
ひとつ下の安いモデルと同じものでして、
その安い製品を新品で購入すると、
替え刃を単品で買うよりも安いんです。
つまりは、ST27の替え刃が欲しくなったら、
替え刃を買うのではなくて、
RL13を買って、刃だけ外して本体を捨てる、
ってのがコスト的に正解というわけ。
これはエコなのでしょうか…?
明らかに替え刃の価格設定がおかしいですよね。



ってんで、自分も刃を替えるときは、
このRL13を買って、本体をポイします!w


あ、タイトルにプリウスのこと書いたけど、
長くなるので、またの機会にw


おしまい

関連記事
スポンサーサイト

【2015/07/27 15:54】 | 物欲
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可