日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
バーキンさんが、エルメスのバッグからバーキンの名前を外せと言ったとか。
これが、クロコダイルを長い時間苦しませながら殺しているからだそうで。

ジェーン・バーキンが名前を外すように求めたエルメスのバッグ
55b7fbc01d00002f001430ee.jpeg


伊勢エビの活き作りが残酷だとか、
クジラは賢いから殺したら可哀想だとか、
生き物に対する考え方って色々ですよね。

一時期、毛皮を着ているとペンキを掛けられる!なんて事もあって。
フェイクファーでいいじゃないかって意見が強くなった。
これはミンクやウサギなどの殺し方ではなくて、
毛皮の為に飼育すること自体止めようって事ですよね。
そうすれば殺さなくて済む。

でもバーキンさんはそうは言わなかった。
クロコダイルは殺してもいいが、苦しませるなということ。
これは、樹脂製じゃダメだったんですかね?w
牛革だったら食肉用で革も発生するので、
皮専用に育てられ殺されるワニより良かったんじゃないか?
なんて疑問も湧いてくるわけで…。
確かに、苦しませるより苦しませない方がいいだろうけどね。

バッグは売れて欲しいが、いい人ぶりたい…ってことじゃないの?
なんて外野のオジサンは思ってしまうんですよ。

人間は命を食べて生きる。
それゆえ他の生物を殺します。
皮や毛皮もかつては防寒や丈夫な樹脂シートがない時代には
必要不可欠なアイテムだったのかも知れない。
でも、今は代替えが効くのでね、
ビニールよりレザー、フェイクファーより毛皮がいい、
というのはもう古い…という時代になればいいのかな。

難しいこと書きすぎて、知恵熱が出てきましたのでこの辺で。


おしまい





関連記事
スポンサーサイト

【2015/07/31 13:30】 | 物欲
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可