日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
久々に、高校時代の同級生と食事。

中国にしょっちゅう出張に行かされてるとかで。
行く度に痩せて帰ってくると。
なぜかと聞くと「飯が不味いからだよ!」だってw

いやいやいやいや!
中華料理食べまくりでしょうよ、本場中国の。
と思ったんだけど、よくよく聞くとそうでもないらしい。

いわゆる中華街で食べる中華は、
上海や北京の高級料理店では食べられるが、
南京や石家荘などの内陸では、
そういった料理は食べられないって言うんだよね。
えー?
中華料理っぽいものは出るが、味が違う。
香草やスパイス(恐らく八角など)が効いていて、
日本で食べるモノとは全く味が違うっていうんだよね。
大きな魚の丸揚げが出てきて、美味しそうだな…と思って
食べてみたら、これが泥臭くて生臭くて
食べられたもんじゃなかったそう。
うすーい塩味だけで。
醤油でもぶっかけて誤魔化そう、なんて思っても、
中国に醤油はない!香醋だけ!だそうで。

何が食べたいと聞かれたから、
炒飯と答えたら、米なんてないよ、と言われたんだってw
確かに米料理がなく、麺もくたくたのスープで煮た麺だけ。
一度だけビュッフェで見かけた炒飯には、
日本式炒飯」と書かれていたそうなw

中国に行く人には話を聞いたこと何度もあるけど、
こんなこと言う人は初めてw
これは、どういうことなのか…これが実情なのか?

正直なところ、彼の舌が好みにウルサくて、
そういう事になってるのか…分からないw 

誰か教えて-!!!!


関連記事
スポンサーサイト

【2015/08/29 22:27】 | 旅行
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可