日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
先日、久々にAKB48の公演を観てきました。

以下はオタク以外が読むと、健康を害したり、
死に至る場合がありますので、読み進まないでください。
つまりは、一般人に分かるように説明しない部分がありますw

秋葉原の劇場、いわゆる本店は4回目かな。
NMBの難波は2回です。

本店は1年に一回当たればラッキー!と言われていますが、
ここで運を使ってしまってよかったのだろうか…と疑問に感じつつも劇場へ。 
当たったのに、ノリノリじゃないというのは、運営を温める意味もあったから。
温めるというのは、いざ当てたい公演があったとして、
その時だけ申し込んで当選するほどAKBは甘くない!
何度も申し込んでいるけれど、ずーっと外れている…
そんな人が、「そろそろ当ててやるか」という対象になるのです(謎w
だから、当たらないこと前提で人気メンバーの公演などを、
ポチポチと申し込んでは外すという業を重ねるわけですよ。
だから、え?ここで?という感じで、狙ったわけじゃなかったんです、今回は。

AKB48グループの公演は、いくつかのセットリストがありまして、
手を繋ぎながら公演、アイドルの夜明け公演など名前が付いています。
が、今回は春風亭小朝公演、岩本輝雄公演など、
有名ヲタクが組んだ公演をやっている特別期間なんです。
で、チームもそのヲタクが選んだメンバーなので、かなり特殊。

当日の出演メンバー。センターは小嶋菜月。
大和田南那・小嶋菜月・佐々木優佳里・中西智代梨・中村麻里子・中田ちさと・湯本亜美・大島涼花・伊豆田莉奈・岩立沙穂・岡田彩花・川本紗矢・込山榛香・西野未姫・野澤玲奈・小栗有以

ぶっちゃけ小粒ですw
チーム4のメンバーは粒ぞろいだけど、こじまこ、岡田奈々あたりが居ない。
握手券が売れてるのはコミハルくらいで、大和田、川本がそれに続く感じ。
使い古しのベテランである中村(ま)、中田と、お笑い要員の中西…
野澤、湯本は誰?って感じ(個人的に注目してなかっただけw)
かとれなが休みで、湯本が入ったのかな。

このメンバーだから当選したのか…という気がしなかったわけではない。

でと、雨が降る中、秋葉原のドンキホーテへ行きましたよ。
当選番号は500番台、チケットは100番台。
劇場での入場ビンゴは…なんと3番目!!!!!!キター!w
座席は2列目センターをゲットできました(^^)/
やっと、二本柱による死角なく公演をフルで観ることができました。
でも、あまりレス来なかったな…笑

セットリストはシングルをショートバージョンでガンガン続ける感じ。
ユニット曲少ない、公演曲も少ない。
でも、何だろ、馴染みのある曲で誰もが乗れたんじゃないかな。
明るい、ノリの良い曲が続いて、あっという間に世界に引き込まれた。
これじゃ大箱のコンサートと同じだ、という声もありますが、
小箱でこういうことをやるっていうのも有りだと思いましたね。
推しメンが出てる時間も長くなりますし、
あまり売れてない子にとってはアピールの場にもなったんじゃないかな。

初めて見た、小嶋菜月が頑張ってるところw
というか、輝いているところかな。
小嶋の中では、3番手と言われてる菜月だけど、
ほぼずっとセンターで張り切ってるのを観ると、
本人もこの晴れ舞台を楽しんでいるんだなあと。
MCの時に汗がポタポタ垂れていたんだけど、
何となく勝手に、手を抜いているイメージがあったのでw
真剣にやれば出来るじゃん、なんて上から目線で思ってしまったし、
真剣にやればカッコいいなと思った次第。
でも、この正統派路線で売れないから、
グラビアの谷間で売ろうとか頑張ってるんだろうな…
アイドルって難しいw

この岩本イチオシの菜月をセンターに
湯本、大島そして西野と込山が脇を固める感じ。
大島のパフォーマンス初めて見たけど、かなりいいんだね。
西野と込山は切れ切れで、後ろの小栗のおっとりしたフリが
全く別のモノに見えてしまうレベルw

ハピネスは意外とダンスが情熱的と言われるらしいけど、
確かに不健康そうだけど、実はキレが良い。
注目してなかったけど、川本は目鼻立ちくっきいり、
表情豊かで、舞台映えするなあと。

MCの際に三列に並んだんだけど、
最前列が、売れてる若い子、
最後列があまり売れてないwベテランという感じ。
中西、中村、中田、伊豆なんだけど、
ぶっちゃけ、ここをコジマコや岡田奈々クラスに入替だろ、
と思わなくもないんだけれど。
期間限定のチームは休みばかりじゃダメだろうから、
公演に出られるスケジュールの子の中から選んでる感はあるんだよね。
したがって、これくらいのランクになるんだろうけど、
このベテランがね良い仕事するんですわ。
中西、中村あたりはお笑いトーク担当だから、
ガシガシ前に行けるはずなんだけど、
引き立て役というのかな、
若くて売れてる子のサポートに回るわけですよ。
(本人はそういうつもりじゃないのかも知れないし、
ずっとそうだったから売れなかったのかも知れないけどw)
オジサン、なんだか涙が出てきましたw

この公演で、動くメンバーを観て良かったなと思ったのは…
川本、大島ですかね。
可愛いなと思ったのは小栗のゆいちゃん。
おっとりしてるけど、すらっと背も高くてビジュアルもいい。

最初はメンバーがいまいちやん…と思っていたけれど、
やはりAKBの公演ってのは裏切りませんね。
非常に満足度の高い内容だったと思います。

AKB48ってのは、この狭い劇場での公演で大きくなった。
握手会でもドームコンサートでもなく、
ましてやテレビ番組でもなく、劇場公演を観て、
このアイドルグループというものを
知って欲しいなと思いました。


おしまい



関連記事
スポンサーサイト

【2015/10/02 11:09】 | 遊びレポ
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可