日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
父の三回忌が終わって、ホッとしたのですが、
一番ホッとしたのは祖母だったのかも知れません。
自分が長男なので色々やらなくてはならないのですが、
祖母が気張って、ほとんど手配などしてくれました。

祖母にとって、息子が先に逝くというのは
この上ない不幸な出来事だったと思います。
その寂しさとか、悲しさとかを、どうにかしたい、
そんな気持でもあったのかも知れませんが、
四十九日、一回忌、三回忌と、
その手配準備を目標というか生きがいにしていた、
そんな気がします。

三回忌が終わると、七回忌までしばらく間が空きますし、
これを人を呼んでやるかどうかも微妙になってきます。
三回忌の食事会が終わった後で、
祖母が、あとは死ぬだけだ…というような冗談を言うんですわ。
悲しくなるけど、実際そう遠くはないわけで。

祖母と話していると、
大阪の自宅を残して欲しい…という気持が、
たまに言葉の端に現れることが。

大家族が過ごした古い家は無駄に広く、
普通に考えれば祖母亡き後は処分…となるのですが、
少し手直しして、大阪に別宅じゃないですけど、
生活してみてもいいのかな…と考えています。

自分の仕事はネットに繋がれば出来る部分が大きいですし、
東京大阪間はエアでも新幹線でも、すぐなので、
さほど問題ないかなと。
イケハヤみたいに四国の山奥ではないけれど、
一箇所にしがみつく必要はないし、
自由人であることを、もっと活かしてもいいのかな…と。

また、祖母の三回忌までは、あの家の仏壇で…
という気持も沸いてきています。

自分もいよいよ、いろいろな死が、いろいろな意味で身近になって来ました。




関連記事
スポンサーサイト

【2015/10/27 14:46】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可