日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
間違えて、追記の方に書いちゃったので、
下の、追記のところをクリックしてください(笑 

次回のラスベガスは4人組で行きます。
久々に大人数。

その中に一人車椅子の人が居るんです。
自分で買い物から自動車運転までする人なので、
特に心配はしていないのですが、
障害者用パーキングに停められるのか?という疑問が。
大概のことは一人で出来るのですが、
やはり車椅子に乗り込むにはドアを開放しなくてはならないので、
駐車場のクルマとクルマの間に停めるとなかなか厳しい。

だから、障害者用パーキングに停めたいのだが…
調べてみると、米国は違反すると罰金がすごく高く厳しい。
米国内の医師の診断書に基づく障害証明書が必要だと。
現地に住んでる人も、無理だ無理だと言うんですわ。
確かに米国の税金収めてないかも知れないけれど、
障害者がかなり優遇されていて、優しい国である米国が、
車椅子の外国人が観光に来て、専用パーキングに停めたら、
「ダメ!罰金!」って言うかな…?という疑問が。

で、さらにググラーはりぼーが調べを進めてみると…
障害者のための特別待遇を共通化しようという協会がありまして、
それに日本や米国は加盟しているというんですわ。
米国は州ごとらしいけど。
それによると、自国で使う証明書と、協会が提供する
共用する協会に加盟していますという証明書
(ネットでダウンロードできるPDF)
を併用すれば、滞在国での待遇を受けられるということらしいのです。

1.png

実際、現場の担当者がこれを知っているのか?という事もあるし、
使えるか有効であるか、分かりませんが、試してみたいと思います。

他には、ショーのチケットは車椅子専用シートが最前列にあるとか、
広いパーキングでエレベーター近くに停められるとか、
いくつか、お得なことがあると思うので、少し楽しみですw
不謹慎かな?

最初はね、車椅子を仕舞うスペースがクルマに必要なので、
大型のセダンのトランクで大丈夫かな…とか、
いろいろと心配事はあったんですが、
今となっては、享受できるメリットについての楽しみの方が大きいですw

おしまい 
関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
次回のラスベガスは4人組で行きます。
久々に大人数。

その中に一人車椅子の人が居るんです。
自分で買い物から自動車運転までする人なので、
特に心配はしていないのですが、
障害者用パーキングに停められるのか?という疑問が。
大概のことは一人で出来るのですが、
やはり車椅子に乗り込むにはドアを開放しなくてはならないので、
駐車場のクルマとクルマの間に停めるとなかなか厳しい。

だから、障害者用パーキングに停めたいのだが…
調べてみると、米国は違反すると罰金がすごく高く厳しい。
米国内の医師の診断書に基づく障害証明書が必要だと。
現地に住んでる人も、無理だ無理だと言うんですわ。
確かに米国の税金収めてないかも知れないけれど、
障害者がかなり優遇されていて、優しい国である米国が、
車椅子の外国人が観光に来て、専用パーキングに停めたら、
「ダメ!罰金!」って言うかな…?という疑問が。

で、さらにググラーはりぼーが調べを進めてみると…
障害者のための特別待遇を共通化しようという協会がありまして、
それに日本や米国は加盟しているというんですわ。
米国は州ごとらしいけど。
それによると、自国で使う証明書と、協会が提供する
共用する協会に加盟していますという証明書
(ネットでダウンロードできるPDF)
を併用すれば、滞在国での待遇を受けられるということらしいのです。

1.png

実際、現場の担当者がこれを知っているのか?という事もあるし、
使えるか有効であるか、分かりませんが、試してみたいと思います。

他には、ショーのチケットは車椅子専用シートが最前列にあるとか、
広いパーキングでエレベーター近くに停められるとか、
いくつか、お得なことがあると思うので、少し楽しみですw
不謹慎かな?

最初はね、車椅子を仕舞うスペースがクルマに必要なので、
大型のセダンのトランクで大丈夫かな…とか、
いろいろと心配事はあったんですが、
今となっては、享受できるメリットについての楽しみの方が大きいですw

おしまい 
関連記事
スポンサーサイト

【2015/11/01 03:20】 | ラスベガス
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可