日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
みなさーん!
トレーニングしてますかー?笑

今年に入って、一向にモチベーションが上がらない、はりぼーです。

こんばんは。

2月から気合い入れます(ホントかよw


トレーニングというかベンチプレスが佳境です。
身体のどの場所であっても、鍛えれば筋力や筋量がアップして、
成果が見えるので、楽しくなっていきます。
もちろん汗をかけばそれだけで気持いいですし、
ジムでスタッフや会員さんとの交流も楽しみのひとつかも。

ただ、伸びが見られなくなってくるとモチベーションがね。
トレーニングしない人が、始めたら伸び代が大きいので、
どんどん目に見えて成長するので心の肥料になるんですが、
ある程度の域に達すると伸びが鈍化してきます。
そこで、あの手この手でトレーニング方法や頻度、
摂取するプロテインほかサプリなどを変えて、試すのですが、
煮詰まったら、どうしても進度が遅くなる。

この辺で、どうやって気持をキープするのか…これが難しい。
大会などに出るという目標がある人は、比較的キープできてるみたいですが、
自分みたいに健康トレーニングの延長で、
ボディビルにせよ、ベンチプレスにせよ大会というレベルまでは…
という人にとっては、素人の上の方まで来ると停滞しちゃう。

一定の域に達すると、トレーニング頻度も高くないと
伸びなくなるし、むしろ落ちるのも早かったりするので、
伸びないのに毎日のようにトレーニングしなきゃならない…
「もういや!」笑 となってしまうわけですよ。

さらに重量が増えてきていますので、
マシンではなくバーベルやダンベルなどのフリーウエイトだと、
少なからず危険も伴ってきますのでね、
なぜ危険なことをしてまで鍛え上げなきゃならないんだ?w
とも思わないわけでもないんです。
ベンチプレスで首に落とすとか、生死に関わるリスクは
確実に避けることが出来ますが、
アップして、いつも通りに慎重にトレーニングしてるのに、
筋肉や関節、骨などを壊す可能性は無いわけではないです。

補助を頼むにも、ジムのスタッフですら、選ばなければならなくなります。
100キロゆうに超えてきて、潰れかけている人に対して、
適度な負荷を残しつつ補助するというのは、中々に難しいことです。
(仮に完全に潰れてから、ただ引き揚げるのを助けるというのなら、
そこそこのパワーがある人なら出来ますけどね)

こういった、言い訳をする箇所が増えてくるので、
モチベーションが保てなくなるんですね(自爆



結論:グダグダ言ってねえで、やれ!以上





関連記事
スポンサーサイト

【2016/01/25 20:30】 | トレーニング
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可