日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
こないだグラタン作ったら、思いの外うまく出来たよ~(^^)/

寒いから部屋が暖かくなる料理を心がけている、はりぼ~です!



さて、いよいよ…いよいよ燃料サーチャージがなくなりますよと。
諸悪の根源こと燃油代!

自分が頻繁に海外旅行に出かけるようになったきっかけは、
社会人になってからのロス旅行でした。
もちろん、学生時代のいわゆる卒業旅行も自分に影響を与えてはくれましたが。

社会人になって休暇を取る余裕ができたのかな?
それとも脱サラして落ち着いてからかな…
海外でも行くか!と思えるような環境になったこともありますが、
当時の格安航空券には燃料費が上乗せされなかったので、
非常にリーズナブルだったのもひとつです。
日本の景気もよくて今と比べたら円は高いし、
海外便もたくさん飛んでいたんですよね。
特に成田-ロサンゼルスは人気で価格競争も激しかった。
(一時期、名古屋も関空もロス便なくなりましたよね…)
毎年HISの初売りで2万9800円のチケットでロスに飛ぶのが恒例でした。
往復でこの価格ですからね。
正月に正規料金で札幌に帰ることを思うと、
どっちを取るかって聞くまでもないw

3万で往復できて、非常に異国感が高い。それがロサンゼルスでした。
日本人が少なくて、ハワイみたいに日本語が通じないし、表記もない。
でも英語だから、ギリギリ何とかなる…みたいな。
この絶妙な突き放し感がたまらなかったんでしょうね。

1週間の休みを取って、10万も貯めればGO!ですよ。
携帯電話は通じますし、メールも確認できるので、
完全休業じゃなくても大丈夫だし。

…とはいえ、90年代、00年代初期は苦労もしました。
シャープのザウルスを買ってメール受信してみたり、
ガラケーのメールに転送設定してみたり、
現地のネットカフェでメール設定してみたり…。
(ネットカフェだと日本語フォントがなくて撃沈したことも)
ホテルにネット環境がないことも多かったです。

でも、クレジットカード使えて、英語で何とかなって、
日本にないものがたくさんありましたね。
今や本国アマゾンで買えばいいとか、
日本のセレクトショップでも買えるものばかりですが。

90年代のロスはベニスビーチ近くのホテルでも100ドル程度。
ハリウッドの裏でも50ドル以下でホテルが見つかりました。
なにせ、マジックホテルが45ドルだったんですから…。

そんな、下手な国内旅行より安く楽しめる海外、がおもしろくて。
出張で全国飛び回っていたので、海外に魅力を感じたというのもあったのかな…。

燃料フィーがかからないので、できれば長距離乗りたいですが、
どうしようかな…一人旅もありかな…
いろいろ妄想してるはりぼ~なのです。


おしまい

関連記事
スポンサーサイト

【2016/02/09 23:47】 | 旅行
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可