日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
暑くなってきましたね。
マンションだと廊下側の窓を開ける…ってのはなかなかハードル高くてですね。
誰か通りますから、至近で覗かれるでしょw
覗きはしないだろうけど、やはり気になってしまって。
廊下側の部屋は窓締めてエアコンです。


さて、今月も色々とイベントに顔を出しています。

中でも最近のアイドルやタレントのクローズドイベントが面白いなと。
クローズドというのは、誰でもチケットが買えるというものではなく、
ファンクラブなど会員制のイベントのことです。

ようは住所などを登録している、身元が明らかな人限定。
あとはファンクラブですから、熱心に長いこと応援してる人ってのもあるでしょうね。

岡井千聖のバースデーイベントは200人くらいだったのかな。
篠崎愛の10周年イベントは120人くらい。
こぢんまりしてて、距離感が近いというのがいいんだけれど、
この手のクローズドイベントは、大体顔見知りだったりして、
ファンもタレントも緊張感がないというのが一番の醍醐味かも。

客席の間を歩いて回りながら歌うとか、
客にマイクを向けて歌わせるとか、
ツーショット写真を撮るとか、そういう接近があっても、
荷物確認とか金属探知機とか豪腕セキュリティとかが必用ないという安心感。
身元が割れてるから…ってことだけでもないでしょうけど、
ベテランだからマナーも分かってるってことかな。
近くに来たからって、触ったり飛びついたりwしないということですね。

特に分かってる人は、何か一つ違反やトラブルがあると、
次回から急にルールが厳しくなったり、距離が遠くなるということを
理解しているので、絶対にマナー違反しないということです。

誰でもOKのイベントだと、捕まって二度と入れなくなってもいいから、
何かしてやれーっていう変人が紛れ込む可能性があるんですな。
AKBなんかは事件ありましたから、かなり厳重になりましたが、
一方でこういったクローズドイベントは、
セキュリティどころかスタッフもろくに居ませんからねw

来月は森高千里のブルーノート行くんですが、
これはJCB主催で、JCBカードでの決済が必須。
入場時チケットとクレジットカードの照らし合わせあり。
クレカ情報抑えられたら、変なことできませんわな(笑
こういう情報抑えることで、
基本的に荷物チェックスペースなどの設置は省けます。

歌手はCD売り上げよりライブ方向…に振っているみたいですが、
タレント、アイドルは、小規模イベントが増えてる気がします。
場所が見つけやすいし、満席にもしやすい。
最近は大手チケット販売代理店を使わなくても、
専用アプリなどネットで決済できちゃうので、
100人程度でもガンガン自主開催してますね。

小規模だと、チケット代はやや割高になりますが、
それなりに「濃い」イベントになりますから、
参加する側の満足度はかえって高いかも知れません。


ってんで、小規模イベントが今面白いよという話でした。


おしまい
関連記事
スポンサーサイト

【2016/06/27 13:28】 | 遊びレポ
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可