日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
森高千里のライブのチケットがゲットできました!

って喜びたいけど、前回当たらなくて、
今回も無理だろ…って感じだったので、
友達とダブル申し込みしたら、ダブル当選しちゃって困ったっていうねw
お互い別のツレを見つける必用があったという。
キャンセルすると次当たらないかもだし。

photo-report_v2-01.jpg

ブルーノート東京は最大400人程度らしいですが、
良い意味で狭い印象。これが会場の一体感を生んでいます。
さらにステージと客席最前の距離がほぼないので、
アーティストとの近さも半端ないです。
自分はセンターの4席目だったので、かなり近かったですね。
バスドラの空気の振動が直接伝わってきます。

座席表。ステージ端と最前席の間は隙間がなくて、
ステージを肘掛けにするレベルですw
2014-11-08_1137.png

AKB48のライブに8000円払ってドームの天空席になるくらいなら
1万円でブルーノートでしょって感じです。
まあジャンルも雰囲気も全然違うんだけどw

森高千里のライブは演奏者も最低限なので、
ステージの前しか使いません。
歌う位置もステージ前ギリギリで、
のこぎり男が居たら切りつけられる距離ですw



でと、内容ですが。
客席の後ろから、通路を歩いて登場するんですね。
自分はかつて大ホールのライブで彼女を見ていますが、
そのときは豆粒ほどだったしwほとんどスクリーンで見てたからな…。

でも、20年ぶり?くらいに生でみた森高千里ってのが、
全然変わってないというか、アイドルオーラが同じというか、
残念感が微塵もなかったっていうのが凄かったですね。

言うて40もとうに過ぎた女ですよw
普通なら「あぁ…やっぱりな」と
昔のアイドル像を抱いたまま来る男(精神年齢停止状態)は
何かに失望するもんですよ、フツーは。
でもね、森高千里は違うんです!

photo-report_v2-07.jpg

ビジュアルから衣装から、髪型から、歌声まで、
「あのまま」の森高千里を見せてくれるんですね~ありがたや。
ほんで、曲もあの時のまま、CDのままの歌を聴かせてくれる。
ベテランにありがちな変なアレンジしないから(笑

MCも慣れたもんで、面白い話をするんですわ。感心。

2時間弱と少し短いんですが、
物足りないくらいが丁度いいのかな。
正直2日通ってもいいなと思ったよ。

ブルーノートは表参道の静かな場所なんだけど、
渋谷から歩いても12~13分かな。
真夏じゃなければ歩ける距離。
食事も出来るんだけど、シートによっては狭いので、
どーでしょ…って感じかな。
自分は開演直前に入ってドリンクだけいただきました。
すると会場にお金落ちないから、アーティスト的にもよろしくないんだろうけど…

あと来場者の多くが自分より上の世代でしたね。
もちっと若いのかと思っていたけど、
森高千里自身が50前ですからね…応援してた世代は
50代が多いってことなのかな。
男女比は、カップル30%、あと男かな。
すると計算上は15%女性か…もう少しいたかな。

ってんで、レポートおしまい


関連記事
スポンサーサイト

【2016/07/24 23:47】 | 遊びレポ
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可