日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
色々と言い損ねたことや総括を。

●旅の荷物
11月初頭に行くって初めてだったんだけれど、
現地知人からのレポートをいただいているにもかかわらずw
衣類を持って行きすぎたかな。
Tシャツ一枚で暑いくらいで、パーカーとか一切着ないのね。
寝るとき寒かったら…とか思ってヒートテックとか持って行ってたし。
これが追々、荷物入らない問題へと繋がるのです。
ちょーっとベガスの暑さを見くびっていたかな。
現地には短パンTシャツって人も多かったし、実際それでいけたと思う。
アウトレットで短パン買っちゃったもんね。

で、荷物問題ですが。
スーツケースはゼロハリのゼロエア70Lを使っていまして、
これがサイズに対して容量が最も大きく、重量が最も軽かったので決めたのですが、
どれくらい入れたら23kg(預け入れ荷物が無料の範囲)を超えるのが、
未だにちょっとわからない。
今回はシューズを3足も買ってしまったのでw結構スペースが厳しかった。
帰りの際に詰めるとギュウギュウで、手持ちのハンドルがちぎれそう!笑
これは20kgは行ってるな…万が一オーバーした際のことを考えて、
空港である程度の重量を抜けるよう、荷物を小バッグに入れて詰めてました。

結果として、チェックイン時に計ってみたら18kgだったという肩すかし(笑
20も行ってないやん!!!
これ23kgって相当だぞ…。
ワインとか瓶&液体でも入れないと70Lでは難しいかも。
以前、TUMIの40Lで20kgくらい行ったことあったんだけれど、
そのときは何を入れてたんだろうな…w
あれはスーツケース自体が重いからなあ。

●旅のお金
今回はいいタイミングで行けました。
1ドル101円くらい。
両替&カードの引き落としのレートで105円くらい。
何せトランプ当選の前日に引き上げてくる日程でしたから(笑
それでちょっとお買い物が過ぎた気がするけど…
久々に円が高かったので、気持ちが大きくなったかな。
でも、日頃から、ここで買うならベガス行ったときに…と
自分に言い聞かせて、買い物しないようにしてたのでね。

お得だったなと思ったのは米国製のニューバランス
チャイナ、インドネシアなどアジア製と米国&UK製はラインが違って、
NBの中でも上位モデルなんだけど、これが安かった。
日本正規2万5000円の990が165ドル、
3万円の997が220ドルでした。
今どき、日米でこんなに価格差があるものってそうそうないよ。
アメリカのメーカーで米国製ってんで、かなり米国に利があるんだろうけど。
あとは日本のアウトレットだと大して安くなってないBALLYのレザー製品をいくつか。
これも半額近くになってるから、ありがたい。
この辺は、何度かベガスのアウトレットに通ってるうちに判ってきました。
どのメーカーの何が、日本のアウトレットと比べて安いのか?ってことが。

ほかに、クレジットカードが通らないってことが一度ありました。
旅では大抵一度はあるんだけれど、VISAが二枚通らなくて、
JCBが通って一安心。
「このカード使えないわよ」って言われるのでドキッとする。 
で、次の店に行ったら問題なくVISAが使えるって感じ。
その店の端末の問題にしてもJCBは通るって何だったんだろ。
こういうことがちょいちょいあるので、何枚か持って行きましょうね。



●ロスの交通事情
年々酷くなる渋滞…
必死に鉄道を敷いているみたいだけれど、現状渋滞は悪化し続けてるのかな。
ベガスからロスへ向かう際もロス近辺はかなりの渋滞。
さらにロス市街から空港、そしてトーランス方面もベタベタ。
それも夕方の帰宅ラッシュとかじゃなかったのに…。
某知人が飛行機乗り遅れたってのもうなずける。
これは生活に支障出るレベルだと思う。
特に毎日通勤してる人にとっては。
ロスベガス間はエア乗り継いでる暇があったらレンタカーでしょ!
っていう感じだったけど、今回はちょっと考え直しちゃったかな。
それこそ新幹線を走らせて欲しいよ。


●旅の飛行機
今回も早々に予約したので、安定の非常口席をゲットしていたのですが、
ここが正解なのかな…と、こっちも考え直し中(笑
非常口席は前にシートがないので、いつでも席を立てるし、
圧迫感がないというメリットがあるのですが、
最近のエコノミーのシートは背もたれが倒れない!
座面が前にスライドするタイプが多くなってきてるんだよね。
したがって、圧迫感はさほど感じないし、
はりぼーは足が長いわけでもないので、膝が前席に当たることもない。
だから、通常の席でも前後に関してはさほどデメリットないかな…と思った次第。
通路側を取ればトイレなどに立つタイミングは自由だし。
非常口席のデメリットは、以外とあるのよ。
まずはテーブル&モニターが肘掛け内にあるために、
肘掛け自体の幅が広く、シートの幅を狭くしている。
さらに、隣の人に肘を上げてもらわないと、テーブルの出し入れができない。
そして、もっとも不自由を感じるのが、前席背もたれのポケットがないこと。
非常口席は荷物を置く場所がないんですよ。
前席の下とかポケットがないので、ペットボトルひとつ取っても、
ずーっと持っていないといけない。だからペン一つ取るにしても、
いちいち上部の荷物から出してこなきゃならないわけよ。
マスク、タブレットやスマホ、飴やガム、ティッシュなどなど、
ちょっと手元に置いておきたいものが置けない。
これはどーなのかなーって思いました。


ってんで、楽しかった旅の思い出に浸りながら、しばらく節制しますw


おしまい


関連記事
スポンサーサイト

【2016/12/01 01:10】 | ラスベガス
|

Re: 23キロって微妙だよね
はりぼ~
> JALでステータスがあると、国際線は32キロまでなのであまり気にする必要はないのですが、ANAはステータスがあってもエコノミーだと23キロまでなのよね。
> なので、今年の夏は旅行用に小さな電子秤を買って持っていきましたよ。
> 空港でドキドキせずに済みます。

気づくの遅れました~ごめん!
自分は完全に青組なので23kg。でも23kg超えるって実質無理かな…笑 
多分23kgだと、階段とかスーツケース持って上がれるか分からんw取っ手がもげるw

23キロって微妙だよね
良ぱぱ
JALでステータスがあると、国際線は32キロまでなのであまり気にする必要はないのですが、ANAはステータスがあってもエコノミーだと23キロまでなのよね。
なので、今年の夏は旅行用に小さな電子秤を買って持っていきましたよ。
空港でドキドキせずに済みます。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: 23キロって微妙だよね
> JALでステータスがあると、国際線は32キロまでなのであまり気にする必要はないのですが、ANAはステータスがあってもエコノミーだと23キロまでなのよね。
> なので、今年の夏は旅行用に小さな電子秤を買って持っていきましたよ。
> 空港でドキドキせずに済みます。

気づくの遅れました~ごめん!
自分は完全に青組なので23kg。でも23kg超えるって実質無理かな…笑 
多分23kgだと、階段とかスーツケース持って上がれるか分からんw取っ手がもげるw
2017/01/28(Sat) 02:35 | URL  | はりぼ~ #.OH.pNy2[ 編集]
23キロって微妙だよね
JALでステータスがあると、国際線は32キロまでなのであまり気にする必要はないのですが、ANAはステータスがあってもエコノミーだと23キロまでなのよね。
なので、今年の夏は旅行用に小さな電子秤を買って持っていきましたよ。
空港でドキドキせずに済みます。
2016/12/01(Thu) 18:14 | URL  | 良ぱぱ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可