日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
ガラケー時代に、海外を含め出先でメールチェックやウエブサイト閲覧をしようと、
SHARPのザウルスを購入したのが、2006年の3月のこと。
価格は3万3000円。
10年以上前でこの価格…という感じがしないでもないけど、
日本経済が停滞してるので、今でも3~4万の感覚なのかも知れない。

ポーランドでもメール受信したのを覚えています。
ガラケーでも海外で通話はできるようになっていたので、
まあ保険的に持って行ってたんですが、気持ち的には楽になったかな。
なにせ現地のネットカフェとか日本語が入っていなかったりしたので。
DSC_3127.jpg
その後、2009年に初めてのスマホHT-03Aを購入し、出番が激減。
ホコリをかぶるハメに…もちっと活用する道を探すべきだったなあ。


そしてザウルスから時を経ること11年?
ドイツに行く直前の羽田で購入したのがこのXZpremium。
xzpremium.jpg

約一ヶ月使ってみての印象などなどです。

●まずデカい
サイズが大きくて、片手操作がいよいよ厳しくなってきました。
ストラップリングを使っても左上は操作が困難です。
またストラップホールがないので、ケースを使わざるを得ず、
それにより、さらに一回り大きくなってしまうのがネック。
これは、ホーム画面の工夫してでも
コンパクトサイズのスマホを使った方がいいかな…というレベル。
大画面で見たいような動画などがあるかというと、ないw

●そして重い
デカい分、重くなるとは限らないのだけれど、これは重い。
ずっしりとメタル感が強い。
代わりにバッテリーが凄く持つようになったので、これはトレードオフ感あり。

●USBがタイプCになった
これまで充電器ほか全てマイクロUSBだったので、
アダプターを取り付けるもしくは、新しくケーブルを買い直すことに。
タイプCは上下の区別がないので刺し間違いがない。
さらに防水なので、ケーブル差し込み口にキャップがない。
抜き差しはかなり楽になった。

●バッテリーが持つ
体感で1.5倍くらいですかね。
朝、家を出てから使い続けて、終電で帰るまで持つ感じ。
これで、モバブ-から解放されたということですかね。
モバブの重さは大きさを省けたと考えると、
本体がデカく重くなってもいいのかと言うと、
まあ、それはそうでもなくてw

ざっくりこんな感じでしょうか(笑

画質がいいとか、処理速度が速いとか、カメラの画素数が多いとか、
その辺は、まあ幾分向上したのかも知れないけれど、
普通の使い方をしていたら、微々たる変化に過ぎませんな。

ケースとストラップについては、イマイチ座りが悪く、
どーしよーかなーと思案中。






関連記事
スポンサーサイト

【2017/07/22 16:49】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可