日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
映画さまよう刃をレイトショーで。
例により、ネタバレのみで、インプレです。


99c3818f76d02ac38e88bdda7a165fea.jpg


今、大人気の作家:東野圭吾原作。
あらすじ=ネタバレ100%ですけど…
妻を亡くし、一人娘と二人暮らしだった寺尾聡。
ある日、河原で死体となって見つかった娘。
どうやら薬物を打たれ、レイプされて殺された模様。

警察の捜査が進むなか、寺尾の電話に、留守電が。
「犯人は@@だ、住所は***玄関の++に鍵が置いてある。ビデオテープを見よ。」
寺尾は早速、電話の指示通りにアパートに入り、
ビデオテープを見つけ、その部屋で再生してみると…。
そこには娘がレイプされているシーンが映し出されてしまう。
そして、寺尾はそこで復讐の鬼と化すのだ。

何はさておき、このレイプシーンのビデオがすごすぎて。
他人の観衆でさえ、目を背けたくなる。
確実に「殺すしかない」と思わせる内容なのだ。
完全に観衆の思いは寺尾に乗り移って、
「一緒に犯人を殺しに行くぜオラ!」
という一体感に包まれる。



寺尾には身内が居なくなってしまったわけだし、
もう刑務所に入ろうが、世間に非難されようが、関係ない。
未成年だからという理由で、軽い、刑とは思えないようなペナルティしか
与えられないのは、納得ができない。
そこで、自分で制裁を、ということなのだが、
これには、オイラも共感というか、ハゲドウw(激しく同意)

ただ、彼は犯人を銃で撃つという方法で殺そうと試みていますが、
こんなんじゃ甘いと思うよ。
俺だったら、彼らが結婚して子供をつくるのを待ち、
その娘をレイプして撲殺し、その映像を見せつけながら、
さらにジワジワと殺す手段を考えますよ。
(って思っちゃうくらいに、寺尾の怒りや怨み、復讐心が伝わってきました)

最後は、グラントリノに通じる結末です。
(大体わかっちゃったかな)











関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2009/10/24 22:17】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可