日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
不振がささやかれる新聞業界ですが、
夕刊紙が続々廃刊になっている模様。

古いニュースですが
http://facta.co.jp/article/200904049.html
北日本新聞
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/publishing/?1257001856

部数が減って、収支が合わなくなったとのこと。
インターネットやテレビでのニュースなど速報性で劣る新聞は仕方ないか、とも思いますが、
新聞だって、写真や原稿はデジタル化されて、現地からメールで一瞬なのですから、
朝刊より夕刊をメインにする方向は考えられなかったのかな?なんて思います。
どうしても印刷配送のタイムラグが厳しいですけれどね。

朝、新聞を読むってのは古い人の習慣で、
夜に帰宅後に、晩酌しながらニュース番組やネットサーフィンで情報収集
なんてのが今のスタンダードになっているのではないでしょうか?
すると、これに間に合わせる形で夕刊紙がボリュームある情報を提供すれば
いいんじゃないかな…なんて思ったんですけれど。
昼のニュース、夕刊でギリギリ入りそうだし、
地域の情報とか、趣味のコーナー、連載小説なんかは、
朝刊に入れる必要もない気が…。

今、朝刊紙は速報ではなくて、前日の既に知らされているニュースを
さらに掘り下げたデータを載せたりするのが役目になってきてると思う。
そこに、地域の情報、趣味のコーナー、各種データなどが出ているけれど、
これはタイムリーである必要がないので、夕刊でもOKだよね。
朝、電車に持ち込んで、会社まで持って行って…なんて新聞なら、
最小限のボリュームの方がベターな気もするんだけれど。


将来的に
携帯でニュースをゲットする世代がメインになってくる頃には、
新聞ってのは、どういう役目になっているのでしょうか?





関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2009/11/01 09:06】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可