日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
一体いつ登録したのか忘れちゃったけれど、
ツイッターは今や無くてはならないツールになってきている。

実際に使ってる人は8だか9%程度らしいんだけれど、
一度、使ってみることをオススメします。
とくにPCに向かって仕事をしている人や、
通勤電車で携帯サイトを閲覧しているような人にはオススメ。
へたなニュースサイトより使えると思う。

ただし、書籍のタイトルになっているように「ツイッターが社会を変える」なんて事はないだろうし
「ツイッターがビジネスを変える!」ということもないだろう(笑


こないだの地震のときは、もちろんNHKより早く「地震だ!」って書き込みが
ずらずらーっと流れ、震源地近くの人の書き込みを見て、
自分のところに揺れが来る前に予知することが出来たもんね。
本当の大震災だったら命を救われていたかもw

マスコミが流せないことや、流したくないことも、どんどん流れてくる。
テレビ局が支持している政党の悪事なんてのは、ニュースになりにくいからね。
早さでいくとツイッター>ウエブサイト>テレビラジオ>新聞という感じかな。
早さと、個人個人が広告をもらっていない媒体なので、しがらみのない情報というのが新鮮。
もちろんウソも流せるんだけれど、荒らしたりウソを流したりすれば、それ以降フォローを切られてしまい、
誰も読んでくれなくなるというシステムが、それを自制させているのかも。


とりあえずのツイッターの楽しみ方です。
下にアクセスしてIDを取ってみてください。
http://twitter.com/
始めたら、とにかく誰でもいいので闇雲にフォローする。
検索に興味ある単語を入れれば、それに関する書き込みが出てくるので、
その人の名前をクリックしてフォローするのボタンを押していく。
その人をフォローする人をさらにフォローし続けてもいいし。
人数が少ないと書き込み更新も少ないので、面白味が少ない。
だいたい頻繁に書き込む人を含めて50人を超えてくると面白くなってくる。
100人超えた当たりで、面白いことを書く人とか、
つまらないのに書き込みまくってる人とかが見えてくる。
そこで、フォローする人を整理していくといいかも。
有名人なんかも面白いこと書く人がいる反面、超つまらない人間性が見えて失望することもw

興味ある内容に返信したりすれば、レスポンスもあって楽しくなってくる。
朝、ログインしたら「おはよー」と書けば「おはよー」と返してくる人も出てくる。

今は、ブームが一段落して、頻繁に書き込む人は習慣化し、
一方で興味を持てなかった人は離れていった後なので、
始めるにはちょうどいい時期なのかも。





関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2010/03/16 18:46】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可