日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
本、雑誌はアマゾン。
相場はそう決まっています。
今や送料無料だし、翌日には届くし、カード決済だし。
書店の役割って何なんだろ…なんて思っていました。

ある日、時間調整で立ち読みを…と思ってあるショッピングビルの、書店へ。
このフロアはどちらかというと女性向きの雑貨ショップが並んでいて、
書店も女性誌や女性向け料理本やファッション系を中心に揃えていました。
旅行関係を…なんて思いながら棚を見て回っていたところ、
藤原ヒロシのお気に入りのアイテム紹介本を発見。
これがまた趣味性が強いんだけれど、なるほどと思えるものがずらり。


その後手に取ったのが、ソニアのショッピングマニュアルだったのだけれど、
この藤原ヒロシの本が、ソニアの本のパクリというかレスペクト本らしい。

SONYA’S SHOPPING MANUAL 1 TO 101―ソニアのショッピングマニュアル〈1〉
写真は帯付きだけれど、装丁は革風の仕上げで、金の文字で英語。
見た目で結構やられちゃうよねw
でも、逸品、一流の品物を紹介するんだから、それくらい雰囲気も良くしないとね。

ソニアというのは、韓国人の女性でスタイリスト。
ハワイの大学を卒業後、日本で出版社に務め、その後スタイリストになったそう。
サントリーの烏龍茶や資生堂の広告にスタイリストも務めたんだって。

んで、構成は左ページが綺麗に撮ったアイテムの写真。
右がソニアの思い入れや製品についての解説。
価格やホームページも掲載されていて実用的。
写真が綺麗だし、ページデザインやフォントも洗練されている。
自分は、手にとって、このフォーマットを見てやられちゃったのかな?笑
アマゾンをポチすることを待てずに購入してしまいました。

藤原ヒロシの本は、ブランドに片寄りがあって、彼の趣味性が強かったのでパス。
ソニアの方は、女性でありながらメンズの製品が多かったこと、
服飾ばかりではなく、食べ物、食器、小物などジャンルが広かったこと、
立ち読みの段階で、オイラがイイと思ってるものがいくつか掲載されていたことから、
自分と慣性が近いところもあるのかな?と思って購入。
まだ精読していませんが、とにかく面白い、というか勉強になる。
知られているイイ物は沢山ありますが、
知られていないイイ物が沢山掲載されています。
実際に、これを買おうと思うアイテムが出てくるかわかりませんが、
知識だけであっても十分な価値があると思うし、頭の片隅に入れておけば、
出先でそのアイテムを見つけたときに、買うきっかけになるかも知れません。
2007年初版ですが、今飛ぶ鳥を落とす勢いのグローブトロッターなんかも逃していません。
リコーのGRなんてベタな定番から、100円の豆乳まで、ジャンルも価格帯も多岐に渡っています。
あ、モールスキンの手帖も載ってる~これは表参道ヒルズのデルフォニクスで購入して使っています。
なんてものもあって、なかなか使えるし知識蓄えられるしで、良さそうです。


関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2010/06/16 02:14】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可