日々思うことを徒然なるままに書き込みます。使用中のスマホXperiaネタも織り交ぜつつ…
映画や音楽のコピーをダウンロードして無料だったり格安の海賊版で楽しむことは
法律で禁じられているし、そもそもマナー違反だと思う。

最近感じているのは、純正以外の同等部品や消耗品といったアイテム。
自動車の場合は、ブレーキパッドは純正が安いし優れているけれど、
レース用に替えたいなんてときは他社のを使うのがセオリー。
もちろんメーカー純正にレース用なんてないしw
自動車は新車を売って利益を得るというビジネスモデルが成り立ってるから、これでヨシでしょう。

では家庭用プリンターはどうなのかと。
製品自体は非常に安くなっていて、2~3万円で色々な種類が選べます。
複合機も3万円くらいのもあるくらい。
ただし、安いなと思って買って、後で痛感するのはインクやトナーの価格が高いこと。
自分はモノクロレーザープリンターを使っていますが、
製品1万9800円、交換トナー1万5000円となると、買い換えてもいいかなと考えちゃいますよね。
(実際は初期トナーは交換トナーの半分くらいの量しか印刷できないから交換がベター)
恐らく、安く製品を売っても数回トナーを買って貰えれば利益が出る…という勝算なんだろうか。
これをリサイクルトナーにすると半額程度で購入できます。

インクジェットしかりで、3万円程度のプリンターのインク4色を替えると、
6000円以上かかってしまう。消耗品にしてはコストの比率が高い…というのが正直な感想。
もっともこの複合機はFAX送信とスキャナーとして使っているので、
本当のインクじゃなくて水でも入れておけばOKなんだけどw
インク警告灯が点いて、1色なくなると全ての印刷機能が止まるのがネック。

実際これくらいコストの掛かる製品ならば、納得も行くのだけれど、
メーカー純正じゃない汎用品の価格を見ると、どうもそうではなく、ぼったくり的なwww

純正1200円のインクカートリッジが汎用だと300円なのだよ…。
これも法廷で争ってるらしいけれど、これだけ差があるとクオリティとかの問題でもなさそう。
やはり、消耗品で利益を出して…というビジネスモデルがあって、
初めて製品価格を低く抑えられるのだろう。


じゃあ、安く製品を買って、サードパーティの安いインクやトナーを使えばいい、
ということになりますが、なるけれどよ。
ユーザー全員がそうしたら、そのビジネスモデルは崩壊して、やっぱり製品価格を上げないと
インクでは利益回収できない…となり、安く買うことができなくなるはず。
これは映画DVDのコピーと同じで、制作者に利益が出ないと、次回作の製作意欲が湧かないので、
イイ映画が出てこなくなる。もちろん予算もかけられないチープなものになるだろう…という
悪循環が簡単に想像できる。
同じようにプリンターもそうなる可能性があると思うんだよね。
まあお金があってメーカーに寄付でもするくらいの気持なら、
新品買って、消耗品は高い純正を使えばいいんだろうけれど、
半額以下の汎用消耗品を見るとそうもいかないよなあ…。

経済的には、買い換えたら、最初から詰め替えインクを注射器で入れて
最小限の出費に抑えるのがベストなんだろうね。


……


なんて、一市民が悩んでいますが、
実際は紙に印刷する機会はオイラレベルでも減ってるし、
いずれは需要が小さくなるんだろうなあ~デジタル時代ですもの。






関連記事
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2010/08/29 11:23】 | 未分類
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可